iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

いろは歌を神の7、かごめ歌を悪魔の6で M君

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/god7satan6.htm

かごめ歌の意味を六芒星で解く M君

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/kagome.htm

橋浦的には、数字6を悪魔の数字との解釈を取りません。聖なる数字4や13と同じく、人を簡単に近づけないためにこの解釈を頒布しているとみます。

橋浦的には、かごめ歌は「身体を包む電磁バリア」です。

前回、「かごめ歌」が数字の13=惑星レベルのトーラス構造=ベクトル平衡体と共に出たため、印象が薄いままになりました。また自衛隊BMI圧着服の方が、かごめ電磁バリアより人体近くにくるため、そのままにされました。しかし、かごめ電磁バリアはエーテル同様、あなたの意思で移動できます。

では、かごめ歌6文字区切りを再度読んでみましょう。橋浦解釈です。

かかとつける

めのいあつす

メカイヤのる

かごはるにす

踵つけてグラウンディング

サードアイライン=松果体に天から受信

メカイヤ=マカバ(光体)に乗る

身体の第四の水の層=六角形ハニカム構造にかごめバリアを乗せる。またはなにかを願う

「かかと」と「め」の四面体は多種多様に選択可能で、更にミックスできます。つまり簡単にコピー不可能です

鶴と亀は長生きの象徴

前回、アメリカにある乗っ取られ秘密結社連中と関係があると思われる誰かが、かごめバリアに接したら、「これで宇宙に行ける!」と叫びました。

どうやら、宇宙人に、「そういうのがないと宇宙に行けない(宇宙で長く生存できない)」と、言われていたのだと思われます

また、別人物は人体を「バイオボディ」と呼び、「バイオボディにもまだ良いところがある。惹かれる」のようなことを述べていました。

ここが公安だか自衛隊と一部米軍の甲殻機動隊憧れにも通じ、迷彩マントまで繋がると推測します 

ちなみに今回、かごめバリアは、衛星からの電磁接続状態では、低周波部分が防御が弱くなることが判明しました。すぐさまアメリカと思われる特殊部隊が今まで橋浦が知らない方法で足の裏勇泉ツボから身体に即座に侵入し、かごめバリア状態の橋浦を乗っ取ろうとしてきました。突然でしたが、攻防し、橋浦は身体侵入者を封印しました。その時ドイツの人物が一部始終を確認しており、「ハイレベルな攻防とそのやり口に認識を新たにした」と述べていました。

ちなみに侵入者は、橋浦は意図していませんが、なぜか赤道付近に飛ばされていたことが後で確認されています。

ちなみに侵入前に侵入者界隈はやる気をみせず、人体基本状態(衛星電磁されていない人間)で低周波は弱点になるか調べようとしませんでした。

橋浦は「これで宇宙に行ける!」と前回叫んだ人物を要望しました

しかし寄越しませんでした

前回でかごめバリアはたいした意味がないと判断したと述べてきました

彼らは宇宙に行く気がないのだと思います

宇宙は真空状態です

つまり低周波は存在しないに等しいのです

弱点はなくなり、なにもなくても宇宙線から身を守れる可能性があります。これは地球上においてもです。

故に、最初に、前回「これで宇宙に行ける!」と叫んだ人物を要請したのです

それなのにいつものごとく、くだらないばか騒ぎと嫌がらせと決めつけをしてきました!更に毎度の電磁波による身体攻撃です

その前の橋浦による22.5度1/16リズム柄みの車輪の再発明電磁暴行奪い→赤青ライン結界での単独調べ(後からリラ=サランドールに今頃なんでそんなことをと連中叱られる)の時同様、

そろそろこの人類奪いシステム止めてください

最初から本人対面で話を聞けばよかったのですよ

2016/12には根本を語る準備が整っていたのだから

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。