iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

追加:シンクロの日 続き/書籍:縄文土器は神社だった

56-7に見過ごしがちに存在していたのは∧のような画像(サイバーサンダーサイダー製作者画像と同じ)

f:id:uta_stream:20191219220530j:plain

 

これは頂点が9で左が6右が3(前記テスラ369参照)

 

今回6が焦点だったので、∧(A)を<に90度倒してみた。

Aを90度左に倒したのがシュメール語の「ウ」=「神」を示す言葉である。

 

本日のシンクロな状況で何が出たか? 

 

 

部屋に置いてあるキャンプ用電池ライトを開いて(A)、ゼロ磁場の四隅の○に置く。 まずライトと結び付けられていて取れなかった頭の電磁が抜けた。

 

f:id:uta_stream:20191219220849j:plain

次に∧(A)を<に置き直し、辺りを見回すと、暗い部屋の中で天井付近がライト光で照らし出される

 

f:id:uta_stream:20191219221006j:plain

 

まず右側に彗星のような光が映し出された(これはMUSIC PLAYLIST ARTIST 012「Flower_of_life」の5曲目である映画「【公式】君の名は。-Sparkle-」の何故か短くされた現行バージョンではない、リスト製作時に公開されていた初期バージョンに記載されていた彗星映像を橋浦的に示す(先日までMUSIC PLAYLIST全体から削除されていた動画を探していたので印象的)。前述しましたが、映画では受精も同時に示す。

 

次に左側、壁の出っ張りにかけていた 洗濯ものかけ の影が、壁に映し出された。

f:id:uta_stream:20191219221245j:plain

 

こちらはちょうどアルファベットのFの横線が三本になったような影が右に倒れた形に映し出されていた。

 

Fの横線が三本の文字

これは

シュメールの母なる三つの文字(アレフ・メム・シン)=遺伝暗号トリプレットを指す(先ほど立ち読みして購入した新書「縄文土器は神社だった!」に記載があったもの)が、部屋に現れ出た形となった。

 

書籍によると、「Fの横線が三本の文字」は、知恵の神エンキ(牡牛神ハル)と火山女神ニンフルサグの二人が中心となって、猿人とアヌンナキの遺伝子を掛け合わせて作った私たちホモサピエンス(現生人類)のDNAの説明図の重要な一部

 

である。

 

有名なシュメールの「国璽・円筒印章印影図」を、ユダヤカバラの教科書である「創造の書」で筆者が読み解いた新しい知見のようだ。

 

詳しくは

書籍「縄文土器は神社だった!」をお読みください 

 

縄文土器は神社だった!

縄文土器は神社だった!

  • 作者:桂樹 佑
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

橋浦が読んだ順番

P283-294(国之常立神の正体)

P48-51(F横線三本に関して)

家に返って先ほど開けた参考ページP256(令和に関して)

 

ちなみに、実はこの本を立ち読みする少し前外食時に、「私たち誰もが誤認しているものを知りたい」と願っていた。

 

街中に配置されている人を避けて歩いていたら、あまり行かない本屋に入ることになった。本屋でも邪魔されたが、この本が気になった。第一刷は2019/12/31である。事前に知るわけもない。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。