iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

369の頂点を9から6に鏡Lすることで様々なことを導いたのは先刻の通りだが

蘇我馬子石舞台古墳の中に

LLLLL

\xF9sを上下逆さまにした絵が巫女たが白鳥の絵の上に書かれている

橋浦推測では

Lはエルだーレースの地球に残った五人

\xF9s逆さまはシュメール語で数字の五十の意味 五十はニビル星アヌンナキの神々の王エンリルを指す

また神社で五十が該当するのは、伊せ○宮と稲○神○である。

またエンリルは「艮(ウシトラ)」でもあり、艮とは悪者にされた神様 つまりシュメールの石板では、毎度エンキが作ったルル人類に「ウルサイ」と切れまくり滅ぼそうとした神の王で認識されており

ゼカリア=シッチンがシュメールの石板を翻訳してから、エンリルが誤認されまくってきたので、エンリルの祟りで多くの人が、毎日騒がしい電磁波ボイスを聞かされ怒りまくった可能性がある

ちなみに最近欧米エスタブリッシュメント(ブルーブラッド)反逆の、自称Adnyの欧米テクノクラートバカが増えていたので、橋浦がエスタブリッシュメントに伝え更にAdnyを連呼して呼んでいたら

橋浦がアヌンナキだと思っている石像の姿で狐のように重なって結果連中を追い払ったり、まあサイバーサイダーサンダーの動画みたいな流れで、

本人のあり方に応じたカタチで神(創造神)が現れた=チャネリング類似

そういうもんらしい

ちなみに橋浦のブログを通読している人は、アマーリエという人の書籍読むと感じるものや今ならわかることがあるかもね。2008-2009に橋浦の体が勝手に動いてゴミ捨て場に行き、そこに30冊ほどそれ系の本が何故か積んであった。それを拾いずっと読んでいた時があったのだが、その中で残した本の中にアマーリエの本が数冊あった。昨日久々に読んだ。それ以外に残したのは、エルダーレースが記載されている「アンデスの封印」とか、カルト作成や情報操作の「ダヴィストック研究所」などがある。ダヴィストック研究所はブックオフで800円で売れる書籍

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。