iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

昨日、一方的アンドロイド実験をしている専門家のひとつの閉じた磁界で、本人や本人空間関係なく勝手に反映できるツイン人形またはコンピュータ内のそっくりキャラクターを同期させ、その人形の左目をくり抜き、穴にしていた(爬虫類パターン)。いつでもここから出入りできる 低次アイオーンにしかなりえないボルテックスまたは空洞。

そこで、「可能は可能。不可能は不可能」◀

とイメージ顕現空間を作り、そこから出てはやれないので、そこに引きこもりながら、憑依や周波数コントロール 磁場操作など遠隔で好き勝手やろうとしていた。

高次アイオーンとは、神=父の似姿 それとの調和 正常コピー みたいなもの

様々な情報から、遠くから比喩的にいうと、低次アイオーンとはケルベロスが猛烈に怒る状態。つまり「そのようなものを作るな、作って殺すな」これでムーンベース壊滅した 長いことあった霊的構造物も消滅した。ケルベロスは意志が強い 自律的存在

・・・言ったことや見たことをコピーしてくるから、

可能は可能。不可能は不可能

また編集や誤訳してきたら信頼低下

インターナショナルにあわせなくてよいし、なんにでも意味付けしないこと

ご主人様=all seeing eyeは観察する自ら つまり自己から切り離されたた二元でしかない

統合である一元から遠ざける

観察するな 直観しろ あなたはそれそのものだ

またそのコアの本質はエメラルドタブレットみたいなもの あなたの意識レベルで見るものが変わる

また(意識)憑依は、橋浦からみれば文化差。欧米などは肉体 魂 霊 で霊に神または悪魔を降ろす価値観。通常は肉体 霊 魂で この世界を選んで産まれたときの魂の方向性=で生きるのが最も良いと言われる。

アトランティス崩壊以降、地球人は何段も次元落下し、記憶を失い、ミュータント(変異)になった。第二世代と言われる。今また次元落下させようとしている存在がいるのではないか?

いずれにしても低次アイオーン作成は宇宙の理に反することで、かなり悪質なやつがいたのだが、橋浦の指摘にそのことを思い出し、即座に止めて消えた。残っているのは、きちんとわかっていないレベル

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。