iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

俺は大雑把なんだよね

俺はストーンに願い事をかけない

突然用意されたシチュエーションでは「何も決めない」ようにする

マジック、精神誘導

妄想膨らませず、現実を強化しろ

間違いないところにだけ立とう

つまり1997/12/15から橋浦満広なんていないのだから。

"俺"なんて存在はあなたの思い込みでしょ

お会いしましたか?

十分に話し合いしましたか?

俺を知っているのは、期間を通して俺だけであり、その俺が俺が存在することに疑いをかけ、解決を導いている。

1997/12/15を2006/06に一度捨て、2006/09から何故か裏切り者扱いされ、長期酷い目にあった。故に俺は1997/12/15に見たことを二度と捨てないつもりだったが、あまりに最近の連中のありかたがふざけていたので、シミュレーションの可能性が高い期間を再度のように捨てた。

マヤ的にいうと僕は3であり俺は4である。背後に1と7(特に7)があり、あまりにふざけているので今回俺は4を捨てたことになる。しかし強い覚悟は伴なかった。これはDNA的落下を同時に意味する。5Gが絡む一重螺旋は変異しか起こらない。ウイルスが危惧されている。オーラとオーラが重ならない距離、常在菌の不在、閉じた振動空間 歯列など口内電気の帯電はあなたに憑依や意識の変容を促す。また皆で同じ姿をすれば、悪意を持った誰からも型同期されうる。それはスマホなどの電磁場だけで十分だ。「十(十字架)」を人間のグリッドとよぶ。周り四箇所に電磁場がある。そこに誰かが電磁的に存在できる。更にほとんどの場合身体中央オーラのポイントを足場に、高さや斜め角度などズラして人工的に存在している。これであなたの身体を生体電気線などで絡めて変形させたりする。

これだけでもかなり解決する。また逆、及び逆反転で存在させたり、上半身と下半身を分けて別に憑依させたり、色や特定柄で憑依したり、特定機能を有効にさせたりする。

さらに聞こえてくるボイス含めアルコーン連中は「自分でない」と言うように仕立てられている。

あなた独自のありかた

いつも同じにしない

受け身にならない

決めつけない

相手に付き合わなくて良いのだ

本日朝、連中に「肥大化した自己像」というと逃げ出した。あまりに酷いものが写ったのだろう。

忘れた頃に自分らしく言ってみよう。

自分の認識状態を歪ませないように。

それらはあるのか?

橋浦の認識では、あった。しかし俺は存在しない。俺は存在しないのに、どうして私=俺などと言えるのか?

つまりすべてが騙しで、その人の現実を誰も見ない騙せる環境があるから利用される

マスカレードを使えるなら、理解の仕方になり、

言葉の意味を使うなら、言葉にはそもそも意味などない。つまりただの音か記号だ。言葉は出来事などの伝達、つまり共有するためにある。きちんと伝達しないなら約束事が成り立たない。信頼性がない=言葉に力がない。つまり前提的にプログラミングのコードさえも、成り立たなくなるのだ。それがデミウルゴス=認識状態の歪みだ。

一人一人確かな場所に立つ必要がある

歪んだ「私たち」などというものは存在しない。しかし「本当の意味での私たち」は存在する。あなたが無視したり、追い詰めてきた人たちがそれを知っていた。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。