iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





内は外、外は内

自分でなにかしらで許可を与えている可能性がある。

何故なら「洞窟(地下)マジック」だからだ。洞窟マジックとは、「不可能を可能にする」を連呼し、その周波数の大量共鳴で、その現象を信じている間、可能にすることといってよい。またはただ本人がそうだと思っているだけ。それで実現したものは、宇宙で再現できないことが多くある。つまりママゴト。故にあなたが騙されて(感覚誤認して)いる間は、自らの中で現実化しているように感じるだけ。

自分で誤認し、知らずに許可を与えている場合は、(時空間上の)許可を取り消せばよい。つまり確実なことにだけ立て。

また一気に多数認識に至った場合、やり口を変えてくることがある。

現在が個々のピグモン人形ではなく、ある一つに多数のを移しこみ、それを多数に同時反映させたりする

現在

体内(特に喉から口奥)をビニール膜が張ったようにし、その中に連中の気(通称タバコ)を住まわせている

手を伸ばしたマカバ図領域の端から攻撃

▶オーラ内は音叉を動かすだけで消える。音叉は音程ずれした複数利用が無難。音叉の共鳴幅はプラーナ菅の幅

▶風呂のお湯内も同じ要領で、かかと磨きを動かせば消える

座っている際の意識落とし

▶座面の尻にある座骨の振動

すべては肋骨を上にあげることで、事をなしているといえる

また立位、就寝位の自らの90度磁場変更位置に自らがいる場合もある。

現在

後頭部中央突起が、通常の股下の第一オーラ

会陰が口前(爆発エネルギー)に使用される

この見方で重なるようにされるのがスタンダード化してきた

+更に足裏からの反転自分

用語

パイナップル

▶頭蓋骨から外に出ている脳磁場のあり方。特にターゲットが電磁波を浴びている場合(通称雨が降る)の、連中コンピューターから見えるオーラのカタチ

とにかく

自分にとらわれない。

肉体や霊体はあなたの本体ではない。

どこまでいっても(通称Android化されても)、あなたはいる(あなたはあなたのままでいて、あなたとしてコミュニケーションを取れる)

「魂」がある(とする)ことで、

=精神的なあり方が魂を前提とするしかなくなる。永遠に生きるつもりか?永遠に生きないなら、本質を大切にし継承させるようになる。精神レベルが低いまま不老不死を求めると、万能感で現状のような連中が増える

ちなみに現状を推進している連中は「自分とは何か?」答えられず、「自分だろ、自分だろ」と押し付け、連中のあり方を裏で表で押し付けているから。そもそも連中のあり方をすると、不安と憎しみだらけになり、第一オーラが反応し、みなし反転が後頭部中央突起を振動させる

また上記図ばかりにとらわれるな

基本的にあなた、あなたと親和性が高いもの(肯定している相手のピグモン?の場合も。)をあなたに結びつけたり、現在は近くのメンバーズがスマホ連打して、あなたのオーラ?を巨大化(通称エルバブ)させ、その中からなにかしたりする。街中を歩く場合は、人と人のオーラが重なる。他者や様々とオーラが重なることで、通常変なオーラ内構築物は吹き飛ぶのだが、街中徘徊「ご協力くださいやらされ」と「金銭ワーカー」が重なると、連中にアラートみたいなものが届く、または攻撃されたとみなされる場合がある。その際にあなたが「戦争神経症状態(オーラ赤)」だと確実に騙された人達は「言われたまま」パワーを連中に化し、またはその人からあなたに憑依したり、取り憑いてくる。街中徘徊は50-60歳の人達がいつの間にか精神許容したのだろうか、全体的に自らを乗っ取られ、誇張した若者のありかた(手すりに登って座ってスマホをいじったり、大規模施設の椅子で足を前に伸ばし切り肩甲骨で座ってタブレットいじったり、漫画喫茶では嫌がる女性の声をいつまでもプログラム憑依真似したり)をして、若者を餌食にしている。勝手にAndroid乗っ取りを図っている

今回の5GスマホのCPU周波数からオーラと首裏後頭部▶歯列▶鼻粘膜▶松果体への無差別攻撃の準備と展開をみれば、全て理解できるだろう。「卒倒させる」などの選択項目があり、自衛隊は拒否した。またアメリカは不参加を決めたらしい。昨日夜の「自分だろ」女性を狙った悪事はイングランドだと本日朝リークがあった。

2017年ヨーロッパとのFTAの際に、イギリスは「このシステムを良い風に使用する気はない」と橋浦がわからないまま、なぜか「通称ミツヒロクン」に相談させられにきた官僚とのトークで判明している。怪しいスパコンを、ここでは橋浦を表の仮面にわざわざしてやらせていたのだ。当時騙せたのだろう

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?