iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





簡易まとめ

ラーはエンキの息子マルドゥクの別名

マルドゥクは地球産まれで、地球人の女性を嫁にした最初のアヌンナキ王族

全ては惑星・太陽系レベルの磁場変化による意識状態の変化が原因。これに当時のアヌンナキは無自覚に影響を受けたと推測する

100万年前の火星

1万3000年前 アトランティス人工合成マカバ失敗

1913 当時の合成マカバの影響を受け、グリッド的に影響を受け自惑星が破壊されたapex グレイが地球のバミューダトライアングルの解決に来るも失敗

1943 フィラデルフィア実験 失敗

1983 (風)フィラデルフィア実験の問題を解決するモントーク実験

1993 (地球で宇宙人情報否認可開始)アトランティス人のもたらした最初の問題の男性的要素を加速させる小規模な実験

1994 ラジャサン(プラズマ化した二ビル)が海王星をポールシフトさせる

1995/1996(土) (タヒチモーレアからエジプトギザピラミッドに向けて中性子爆弾(構造物は壊さず生命体だけ滅ぼす))▶1995から22.5度地球のパワー焦点は日本の関西に移行(シュメールから90度)▶箱(土)に火をつけた

2008/08 行方不明だった二ビルが木星の裏側にいたことをNASAが確認。二ビル(ラジャサン)は木星と同サイズの可視光線を吸収する暗黒惑星になっていた。プラズマ化したので重力が強いため発見されなかった。太陽系外にも自由に移動できる。数百年前からそこにいた。

2001/09 911でシュメール遺跡などから遺物をもっていく

2006 (火であり火でない)「私達は私達のありかたをして、私達のあり方をなくす」に怯えて実験(進む)のを拒む。

2008/04 光の銀河連邦「木星太陽化計画」の伝達。通称:闇の勢力が多くの民に伝えないことに大いなる不満。

2009 「不可能を可能にする」洞窟マジック連呼で一応成功したらしい。しかしママゴトだろう。限定範囲での思い込みではないのか?ここから「バーチャル(ワールド)」言い始めたのではないのか?

2011/03 (水) 311 数字の3は良い意味。日本人が昇華したような記述あり。原子力被害を銀が連邦が最小限に抑える。

2016/12 (電気/エーテル)〜2020/6 42ヶ月が恐怖の総統の期間。もう終わる。

2022 ボイドメモの記載「なにもいれるな」。数字的に2ばかり。なにかとなにかが一つになる可能性がある。その影響を受けるのか?

シナイ(エジプト)ー竹内(日本)文書

「我蘇り」▶本来の自分になる

▶用意された読むべき本

今手元にあるのは、「STAIRWAY TO HEAVEN (邦訳:宇宙船基地はこうして地球に作られた)」ゼカリア・シッチン 竹内せい[訳]

2020/04/26以降のブログに同情報は掲載してある。火からボイドではなく、火から水に進むルートを橋浦出す。大きな評価を受ける。

これが黒い箱(二元)からの脱出の仕方。

=現在の二元世界地球の「エルサレム」にある、宇宙船基地から安全に出るための宇宙船の方向角度

=通称「ありえない、ありえない」

=箱の中のフルーツオブライフの交差点立体視による自動的動き

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?