iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

簡易まとめ

ラーはエンキの息子マルドゥクの別名

マルドゥクは地球産まれで、地球人の女性を嫁にした最初のアヌンナキ王族

全ては惑星・太陽系レベルの磁場変化による意識状態の変化が原因。これに当時のアヌンナキは無自覚に影響を受けたと推測する

100万年前の火星

1万3000年前 アトランティス人工合成マカバ失敗

1913 当時の合成マカバの影響を受け、グリッド的に影響を受け自惑星が破壊されたapex グレイが地球のバミューダトライアングルの解決に来るも失敗

1943 フィラデルフィア実験 失敗

1983 (風)フィラデルフィア実験の問題を解決するモントーク実験

1993 (地球で宇宙人情報否認可開始)アトランティス人のもたらした最初の問題の男性的要素を加速させる小規模な実験

1994 ラジャサン(プラズマ化した二ビル)が海王星をポールシフトさせる

1995/1996(土) (タヒチモーレアからエジプトギザピラミッドに向けて中性子爆弾(構造物は壊さず生命体だけ滅ぼす))▶1995から22.5度地球のパワー焦点は日本の関西に移行(シュメールから90度)▶箱(土)に火をつけた

2008/08 行方不明だった二ビルが木星の裏側にいたことをNASAが確認。二ビル(ラジャサン)は木星と同サイズの可視光線を吸収する暗黒惑星になっていた。プラズマ化したので重力が強いため発見されなかった。太陽系外にも自由に移動できる。数百年前からそこにいた。

2001/09 911でシュメール遺跡などから遺物をもっていく

2006 (火であり火でない)「私達は私達のありかたをして、私達のあり方をなくす」に怯えて実験(進む)のを拒む。

2008/04 光の銀河連邦「木星太陽化計画」の伝達。通称:闇の勢力が多くの民に伝えないことに大いなる不満。

2009 「不可能を可能にする」洞窟マジック連呼で一応成功したらしい。しかしママゴトだろう。限定範囲での思い込みではないのか?ここから「バーチャル(ワールド)」言い始めたのではないのか?

2011/03 (水) 311 数字の3は良い意味。日本人が昇華したような記述あり。原子力被害を銀が連邦が最小限に抑える。

2016/12 (電気/エーテル)〜2020/6 42ヶ月が恐怖の総統の期間。もう終わる。

2022 ボイドメモの記載「なにもいれるな」。数字的に2ばかり。なにかとなにかが一つになる可能性がある。その影響を受けるのか?

シナイ(エジプト)ー竹内(日本)文書

「我蘇り」▶本来の自分になる

▶用意された読むべき本

今手元にあるのは、「STAIRWAY TO HEAVEN (邦訳:宇宙船基地はこうして地球に作られた)」ゼカリア・シッチン 竹内せい[訳]

2020/04/26以降のブログに同情報は掲載してある。火からボイドではなく、火から水に進むルートを橋浦出す。大きな評価を受ける。

これが黒い箱(二元)からの脱出の仕方。

=現在の二元世界地球の「エルサレム」にある、宇宙船基地から安全に出るための宇宙船の方向角度

=通称「ありえない、ありえない」

=箱の中のフルーツオブライフの交差点立体視による自動的動き

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。