iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





その言葉は「キニゲン」。発音の良し悪しではなく、キニゲンと発音すること自体でその存在に状態変化が起こる。一部が人工UFO内部に作成された洞窟空間でのキニゲン音で消え、一部はキニゲン発音状態を探求しに行きどこかに消え、多くが地下や月からのイメージによる「キニゲン」振動で消えた(俺がそう思考した)。その存在に騙されていたものは発言しないまま、そのまま存在が残った(後に、連中に騙されていたと述べた))

http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/481.htm

 

ウェセルマン:
君のいう監視者とは誰のことか?
ジン:
高い知性をもった上位存在でこの世界に責任をもつ存在だ。われわれジンは人間の運命には介入できない。
ウェセルマン:
それはグノーシスでアルコンと呼ばれる支配者のことなのか?
ジン:
あなたはアルコンのことを知っているのか?だがアルコンは霊ではないぞ。上位存在ではない。彼らは人間の思考が作り出した産物だ。それらは人間の思考に寄生してる存在だ。
ウェセルマン:
思考に寄生している?どうやってそんなことをするのか?
ジン:
人間の思考や、人間が信じている信念の体系から直接エネルギーをもらうことによってだ。彼らは、人間が彼らに関心をもっている限り生き続けることができるが、人間が関心をもたなくなるとエネルギーがなくなり消え去ってしまう。彼らは本当の霊ではない。こうしたアルコンをわれわれジンは「欺くもの」と呼ぶ。ジンと同じように彼らは模倣はできるが、創造はできない存在だ。
ウェセルマン:
ならば彼らは地球外生物のような存在なのか?
ジン:
「欺くもの」は人間の信念体系からエネルギーをもらい、さまざまな姿形で現れることができる。そうした存在の中には他の世界からやってきたものもいる。
ウェセルマン:
他の世界?なぜこの世界にやってくるのか?
ジン:
彼らは訪問者としてやってくる他者である。
ウェセルマン:
そうしたエイリアンはなぜ人間を拉致して実験などに使うのか?
ジン:
彼らはそんなことはしない。そのようなことをするのは「欺くもの」である。
ウェセルマン:
「欺くもの」?なぜ彼らはそんなことをするのか?
ジン:
人間は「欺くもの」よりも偉大である。あなたは彼らのことをアルコン(支配者)と呼ぶが、彼らは人間のように創造することができないのだ。彼らができることは模倣することだけであり、そのエネルギーも人間から引き出しているのだ。人間だけが力があり、「欺くもの」はその力が欲しいのだ。
ウェセルマン:
君のいう監視する上位存在はなぜそのようなアルコンが人間に介入するのを止めさせないのか?
ジン:
「欺くもの」は霊ではない。それは、人間の思考に住んでいる存在だ。だから上位存在は影響を及ぼすことはできないのいだ。
ウェセルマン:
ところで、君達ジンはもともとどこから来たのか?
ジン:
すべてのジンはグノーシスではソフィアと呼ばれている精神の現れである。ジンだけではなく、この世の存在すべてがソフィアの現れである。
ウェセルマン:
ソフィアとはなにものなのか?
ジン:
ソフィアはこの世界を作り出している精神である。
ウェセルマン:
ソフィアは物質的な存在なのか?
ジン:
そうだ。この世界そのものがソフィアの物質的な現れである。
ウェセルマン:
ではソフィアは女神なのか?
ジン:
分からない。ソフィアは意識のある光として出現した。ソフィアが夢に見るすべてのことが現実となる。
ウェセルマン:
ところで、ジンは魂をもっているのか?
ジン:
あらゆる存在は魂をもっている。
ウェセルマン:
では位の高いジンと低いジンはいるのか?
ジン:
いる。
ウェセルマン:
君は位の高いジンなのか?
ジン:
いや違う。
ウェセルマン:
では位が低いジンなのか?
ジン:
いやそうではない。
ウェセルマン:
位の低いジンとはなんなのか?
ジン:
位の低いジンとは、自己意識が芽生えつつある魂のあるエネルギー体のことだ。
ウェセルマン:
彼らはどこで生まれたのか?
ジン:
ソフィアからだ。ソフィアは夢を見る。その夢の産物がジンだ。
ウェセルマン:
ということは、位の低いジンというのはオーブのことか?
ジン:
オーブというのは、魂をもった成長過程の光のことだ。彼らは人間の感情と思考に興味を持ち、人間に引き寄せられる。
ウェセルマン:
彼らはジンなのか?
ジン:
これからジンになろうとしている存在だ。
ウェセルマン:
話は変わるが、クロップサークルは君達ジンが作ったものなのか?
ジン:
いやそうではない。おそらくクリップサークルは人間とは異なる高度な知性が、人間に警告するために作ったものだろう。
ウェセルマン:
ところで、神が人間を作ったのだろうか?
ジン:
いやそれは違う。人間はソフィアの現れである。
ウェセルマン:
ということは人間はソフィアの創造物ということか?
ジン:
いやそれも違う。ソフィアは創造はしない。ソフィアは夢を見て、その内容を発散するだけだ。意図的に創造するのは人間だけだ。
ウェセルマン:
ならば、人間の魂もソフィアの夢の発散で誕生したのか?
ジン:
いや違う。人間の魂を創造したのは創造主だ。感情は人間の身体と一体化し、それは人間に属している。魂はそれとは異なる。魂は魂である。それは霊であり、人間ではない。
ウェセルマン:
ではキリスト教ユダヤ教などの一神教のとなえる父なる神は君のいう創造主のことなのか?
ジン:
いや違う。
ウェセルマン:
では一神教ヤハウェ、エホバ、アラーなどと呼ぶ神はなにものなのか?
ジン:
こうした神こそ先に述べた「欺くもの」である。それらはグノーシスの言葉でいうなら、支配者アルコンのことだ。
ウェセルマン:
支配者アルコンとはなにものなのか?
ジン:
それは人間の思考に寄生している存在で、作られたときから人間の敵として機能している。
ウェセルマン:
ということは、そうした一神教の神というのは、人間が信じているように創造主ではないということなのか?
ジン:
これらは「欺くもの」であり、なにも創造することはできない。これらはアルコンなので、模倣しかできないのだ。
ウェセルマン:
ではこうした一神教の神はなぜこれほどまでに強力で、人間が崇拝する存在なのか?
ジン:
これらは「欺くもの」であり、それらこそが創造主だと強く信じる人間のエネルギーで生かされているだけである。それらが創造主であるはずがない。
ウェセルマン:
それらは創造主ではないのだな?
ジン:
その通りだ。それらは支配者アクロン(欺くもの)だ。
ウェセルマン:
ではそれらは悪魔なのか?
ジン:
そうではない。
ウェセルマン:
それらは善悪を対立させ、否定的な状況を作り出すのか?
ジン:
そうだ。それらは人間に道を誤らせる存在だ。
ウェセルマン:
なぜそんなことをするのか?
ジン:
それがそれらの性質だからだ。それらは「欺くもの」なのだ。
ウェセルマン:
では、悪のもともとの源泉はなにか?
ジン:
悪の源泉は人間そのものだ。一神教の神として現れる「欺くもの」は人間に過ちを犯すように働きかけ、人間が自分で過ちを正すことができない地点にまで人間を追い込んで行く。ここにきて人間は悪を行うのである。人間こそが創造者なのだが、人間は「欺くもの」に影響されている。
ウェセルマン:
ということは、悪というものは人間が創造しない限り存在しなかったというわけだな?
ジン:
そうだ。
ウェセルマン:
では一神教の神として現れている支配者アクロンは悪なのか?
ジン:
いやそうではない。それは人間の敵として機能している「欺くもの」だ。
ウェセルマン:
宗教戦争があまりに多いのはこれが理由なのか?また、中世にはあまたの女性が魔女狩りの犠牲者になったが、それが理由なのか?
ジン:
そうだ。ユダヤ、キリスト、イスラム教の神は支配者アクロンであり「欺くもの」なのだ。これらの影響で人間はとてつもない悪を行うようになったのだ。だが、それらはまだ人間に悪い影響を及ぼしている。
ウェセルマン:
それらはまだそんなことをする力を持っているのか?
ジン:
「欺くもの」である支配者アクロンは力など持ってはいない。それらは創造者ではないのだ。人間こそが創造者であり、なにを創造するのかは人間次第なのだ。人間が、自分自身に悪影響を及ぼすものをものを作ったのだ。
ウェセルマン:
ということは、選択は全部人間にかかっているということか?
ジン:
まったくその通りだ。人間は悪も創造できるし、善も創造できる。
ウェセルマン:
では、悪にはどうやって対処すればよいのか?
ジン:
私には分からない。それは人間の責任である。もし悪を創造できるなら、それを消すことだってできるはずだ。
ウェセルマン:
どうやって消すのか?
ジン:
悪の反対を創造することでだ。人間の思考を変えればそれはわけがないことだ。一神教の神は「欺くもの」なので人間の思考と感情からすべてのエネルギーを得ている。人間こそが創造者なので、すべての選択は人間にある。だが、「欺くもの」を信じてしまうと、これらの言うなりになり、悪い影響を得てしまう。一神教の神は、人間の貪欲、競争心、自己欺瞞などを喜び、戦争と暴力を引き起こす。
ウェセルマン:
もう一度聞くが、われわれ人間が神を作ったということなのか?
ジン:
その通りだ。
 
 
 
    我れ、古代アトランティスに附き語らん。
    陰の者等の國の時代に附きて語らん。
    陰の子等の來る事に附きて語らん。
    彼らは地球人の智慧に據り大深淵據り呼び出されたり。
    偉大なる力を得んとて呼ばれたり。
    アトランティスの存せし以前の遙かなる昔、
    暗黒を詮索する者等ありて暗黒魔術を使ひ、
    我等の下なる大深淵據り存在者を呼びおりき。
    彼等は此の宇宙サイクルにと來りぬ。
    彼等は異なる震動の形無き者にして
    地球人の子等には見えずして存せり。
    血に據りてのみ彼等は形ある者と成り得る成り。
    人間を通してのみ彼等は此の世に生き得る成り。
    彼等は古き昔に聖師達に據り、
    彼等の來りし下方にと追ひ戻され征服されたり。
    されど人々の知らざる諸區域諸空間に隱れ殘りし者等若干在りき。
    彼等はアトランティスに陰として住みぬ。
    されど時には人々の内に顯れぬ。
    しかり、血の獻ぜられし時人々の間に住まんとて出で來りし成り。
    彼等は人の形持て我等の間にて活動せるも
    視覺に於いてのみ人の如く見えたる成り。
    彼等は魔術の解かれし時は蛇頭成るも人々の間にては人の如く顯れたりき。
    彼等は人々に似たる形を取りて諸會議に忍び入りぬ。
    彼等の術策に據りて國々の首長等を殺し、
    彼等の姿を取りて人々を支配せり。
    彼等は魔術に據りてのみ、音に據りてのみ發見し得る成り。
    彼等は陰の國據り人々を滅し其の代はりに支配せんと求めおりし成り。
    されど聖師達の魔術強大にして蛇人等の顏據りベールを取り去り得、
    彼等の元の場所にと戻し得し事を汝知れ。
    聖師達は人々の所に來りて人間のみが發音し得る語の祕密を教へたりき。
    其れ據り人々は速やかに蛇人據りベールを取り去りて
    人々の間に占めし地位據り追放しぬ。
    されど用心すべし。
    蛇人等は時折此の世に開放さるる場に今も尚住めり。
    彼等は儀式の唱へられ來りし諸所にて汝等の間を見えずして歩くなり。
    時進みし時彼等は再び人の姿を取る成らん。
    彼等は白又は黒の魔術を知れる師達に據りて呼び出し得る成り。
    されど白の聖者のみ肉體に有りし間に彼等を支配し束縛し得る成り。
    陰の國を求むる事勿れ。
    必ず惡の顯るる故成り。
    光輝の聖師のみが恐怖の陰を征し得る故成り。

                                 - アトランテイス人 トート
 
 
 
レビ18章・アンモン人の忌むべきモレク崇拝|ヨハネのブログ
http://ameblo.jp/littleyohane/entry-10569373863.html

エレミヤ32章・続 アンモン人の忌むべきモレク崇拝|ヨハネのブログ
http://ameblo.jp/littleyohane/entry-10575727202.html

子供をいけにえにーモレク - ヤギのブログ―JW情報 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/welletis/31468095.html

In Deep: 「大量の犠牲」の時代に呆然としながら
http://oka-jp.seesaa.net/article/402245755.html

「欺くもの」は人間に過ちを犯すやうに働き掛け、人間が自分で過ちを正す事が出來ない地點にまで人間を追ひ込んで行く
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/847.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 11 月 01 日 22:22:18: xsXux3woMgsl6

露西亞を使つて破滅に導かんとする存在あり 其の名は欺くもの「アルコン」である
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/465.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 17 日 00:46:48: xsXux3woMgsl6

インチキ神社やインチキ寺をデツチ擧げ、あなたの祈りの想念を盜んでゐる奴等がゐる
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/136.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 9 月 11 日 05:26:03: yX4.ILg8Nhnko
 

 

            
コメント
 
            01. 不動明 2014年7月22日 03:54:13 : yX4.ILg8Nhnko : 94qKyqpoqI
マルタ騎士團・祕密結社シリウスは、地上波デジタル放送開始前に東京周邊に仕掛けて來るか スカラー兵器地下要塞を破壞する爲に
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/523.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 4 月 24 日 06:30:18: yX4.ILg8Nhnko

シエーバーミステリーの本にもマルタ島が出て來る。
(地底世界人は本当に存在した (5次元文庫)參照)
其の本に據ると惡魔の聲が地下から聞こえてきて人々は恐れ
人間の生贄が數多捧げられたのださうだ。
地下に入つた人々の中にも其のまま行方不明なつた者もゐると云ふ。
そして事實、マルタ島には地下廻廊が張り巡らされてゐる。
(ナシヨナルジオグラフイツクの記事參照)
あの本の言ひ方だと其の惡魔の聲の正體は地下世界に棲息する「デロ」と言ふ事になる。
其の「デロ」は宇宙人・UFO事件に絡んで出没する俗に云ふ所の「メン・イン・ブラツク」でもある。
濱田政彦氏的に表現すると「暗黒宇宙人」となるのだらうか。
(異次元に広がる超文明世界の謎―UFO最後の真実 (5次元文庫)
そもそも「天岩戸」とは一體何なのか 映畫「スターゲイト」に其れをみる參照)
モントーク・プロジエクトでダンカン・キヤメロンがタイム・トンネルを通つてゐる時に發見した
次元の狹間にゐたグレイ宇宙人でもあるのだらう。
(宇宙人グレイとルシフアーの息子「マモン」は姿形が良く似てゐる 聯中の背後にゐる「蛇」とはあのやうな存在では?參照)
また、米ソのマルタ島での首腦會談もあつた。
さうなると暗黒都市ブリユーゼルへの核攻撃計劃「マンハツタンプロジエクトⅡ」の一件からすると
「デロ」と對立する地下神都の神々達への攻撃と云ふ視點も出て來る。
(聯中は地下神都におはす國津神々に對して第三次世界大戰の火蓋を切つた參照)
また、ユハン・ ヤコブソン氏著の「封印された ユダヤダビデの星」の眞實」
に於いても其の眞の黒幕はマルタ騎士團(祕密結社シリウス)と推理してゐる。
(封印されたユダヤダビデの星」の真実―六千年前に預言された「新世紀の人類社会」 (ムックセレクト)參照)
だが眞の黒幕はマルタ騎士團ではなく、其の背後にゐる異次元の存在、
例のブツシユの背後にゐた聯中と云ふ事になる。
(宇宙人グレイとルシフアーの息子「マモン」は姿形が良く似てゐる 聯中の背後にゐる「蛇」とはあのやうな存在では?參照)


            02. 不動明 2014年7月22日 04:03:18 : yX4.ILg8Nhnko : 94qKyqpoqI
失われたエイリアン「地底人」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)
飛鳥 昭雄 (著), 三神 たける (著)

商品の説明
内容紹介
第2次世界大戦を引き起こしたナチス・ドイツはオカルト帝国だった。彼らはチベット奥地から邪悪な地底人を連れだし、恐るべき秘密結社を作りあげていた。極秘情報によって明かされるナチスの本当の黒幕。それは地底王国を追放された闇のエイリアンだった。

内容(「BOOK」データベースより)
苛烈を極めた第2次世界大戦の末期、ドイツのベルリンでひとりの日本人が闇に消えた。この男こそ、謎多き秘密結社「緑龍会」の中心人物で、ナチスの「ヴリル協会」を創設させた張本人だった。かのヒトラーを裏で操ったヴリル協会の奥の院には、緑龍会が捕獲した謎の地底人が存在した!!ナチスの空飛ぶ円盤開発に関与した知られざる闇のエイリアンの正体を暴く!!ネオ・パラダイムASKAシリーズ第47弾!!

目次
第1部 ナチスの秘密結社ヴリルの正体(秘密組織「八咫烏」のイスカリオテのユダ
秘密結社「緑龍会」とふたつのユダヤ
ムー大陸アトランティスを結ぶ「トゥーレ協会」
ナチスの地球空洞論と小説「来るべき種族」
ナチスの空飛ぶ円盤とアダムスキー型UFO)

第2部 ペンタゴンに潜む闇のエイリアン(エイリアンと地底人ヴリル・ヤ
地底王国アガルタとチベット奥地の地底人
ナチス・ドイツを裏で支配した謎の女性霊媒
赤鬼・青鬼と闇のアルザリアン)

 

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?