iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





蛇人種

書籍:「地球内部五次元基地 光シャンバラから誕生する超人類の謎」

 

P146-147

 蛇人種は人間の頭のように見える巨大な蛇の頭から発する睡眠魔力に熟達していた。彼らは何物にも幻想を与える力を使うことができた。彼らが蛇人種なのか、人間なのかを識別する唯一の方法は、人間の発声器官だけが発声することのできるキニゲンということばを発声できるかということであった。

戦争期間中に蛇人種の多くは南極から逃げ出し、無人アトランティス諸島やレムリアに侵入し、それらの地で暮らす最初の種族になった。ゴビ人は数万年に及ぶ長い戦争に耐え、結局、偉大な力の使用に訴えることにした。

 

 この当時の五百五十万年前地球は深い霧におおわれていた。太陽は現在ほどの輝きがなかった。世界中に濃い霧が立ち込めていたので、現代人が持たない特別な視力を使わなければ、濃霧の中を動き回ることができなかった。彼らは第三の目が活動していた。頭の天辺の柔らかい箇所が赤ん坊の頭のように見え、薄い膜が頭の天辺をおおい、その付近の第三の目の力で、彼らは赤外線波長の範囲内にあるものをとらえることができた。このため彼らは、濃い霧の中で明瞭にいろいろなものを見ることができた。このため彼らは、濃い霧の中で明瞭にいろいろなものを見ることができた。当時の地球は、約四百八十キロの厚さの濃い霧でおおわれていた

 

 当時のすべての人類は、現在の魚のようなえらをのどに持っていた。現在、扁桃と呼ばれるものは、濃い霧の中で呼吸する器官で、霧から空気を分離し、水を耳の後ろに開いている穴から排出する特別な器官であった。それに虫垂は現在委縮しているが、当時は活発な器官だった。

 

補足

虫垂の箇所に霊的エーテル的になにか置かれている

卵巣位置が逆さ人体で、肩筋肉と首の交差地点にある。そこからエネルギーをとったりする。

 

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?