iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





鏡とは逆ではない。左右反転しているだけ。五行とかに変えよ

二重膜で身体を覆われている

外:コピー後、本物とは違う高周波もどき

内:言うことを聞かせるための超低周波

→超低周波はリンゴ酸(酢?)をかけたイメージで消えた。

→アデノシンさんりん酸(やる気をなくさせる)の領域で、つまりTCA回路(ミトコンドリア関連)のもの

→関連のことをすることで、誤認肌荒れも消えた(手からの磁場=肩・胸のほうから来るように設定されていた)

W(マルチ)憑依

→一人が憑依しているのではなく、多数が憑依している

→左右海馬および左右乳状突起付近にひとりづつ頭が重なるようにいる。乳状突起には磁石が遠隔的に取り付けてあり、そこに影響を与えるように存在している。また左右磁石の間の磁場に連中霊体が現れる。それは口内や脳首後ろに現れる。

またあなたの就寝場所の姿勢などから来る場合もある。

左二の腕があたる左あばら横に心臓磁場の漏れる箇所がある。そこに頭があるように横向きに憑依しているものがいる。それが通常のあなたに転送されている場合もある。

心臓磁場正面はトーラス構造になっているのだが、そこのオーラ対流の中心に頭を出している場合もある。またそこの対流ポイントにちいさくなったなにかがいる場合も多い。またそこから正面に存在させられた風船人形にあなたのオーラエネルギーが吸い取られたり、そこから入れ込まれたりする場合がある。

会陰部(男性睾丸下)を攻撃される場合は、ほとんどが後ろ首上から中間あたりを転送されている。そこからの上昇エネルギーを別件に利用されている。

電子レンジ(2.4Ghz帯 研究者用の帯域)

→右下腹から左右後頭部穴、背中につなげている

→右下腹から超低周波を送ってくる場合がある

→全身または前面・背面・口内をシートで覆ってそこからなにかをしている。

→以前同じ服を着た状態を再現している場合がある。静電気まみれの人もいる

→自らの中であらゆるものとの関係を50:50の比率にし、前後左右上下あばら左下を守る

→自らのオーラを50:50の比率にすれば、オーラ内憑依は意味を失う

首の超低周波が、家のドアの前にいた憑依された猫から転送されたものだった。猫の磁場を消去。猫以外に家の中にいる蜘蛛や蚊からもなにかされている場合がある。意識で消せる。

猫の目は山羊などと同じタイプの目。特になにも思わなければなにもないが嫌がるのはボイス連中だったりする。猫の目にイメージで憑依を壊すように力強く光を通したら、猫の憑依状態が解除され普通の状態に戻った。光は二種類ある。また猫に憑依しているのはクリストファー・ロドリゲスのようなコンピューターに脳をコピーさせられ肉体を捨てた、クリストファー思考のコンピューターである。

あなたの頭の上のオーラにコンピューターが置かれている場合がある。

また足裏から憑依してくる場合が多い

一つの人工霊体から、集団コントロールしてくる場合がある。無意識に動いている自分に気がつく必要がある。

肉体・霊・魂なら霊レベルでの操作である。

相手があなたの霊体に置いている受信体より外側に、あなたの霊体を置けば、意識の0.3秒差を気にしなくて良くなる。

また身体&オーラのトーラス対流に逆向きの渦を巻けば、対消滅させられる。また渦は、始点を押さえれば消える。対消滅とは、エネルギーだけがある状態。つまり50:50である。そこでは電磁が無効になる。つまりエーテル・電磁・霊操作が効かない。

あなたが意識すれば、それをあるとみなされる。

確実なのは、自らの方向性だけを強く意識することである。ボイスなど聞かなくてよい。方向性とはシンプルであればあるほどよく、利権を絡ませないことが大切だ。

もうすぐ太陽系の環境が変わる。

恐らく、木星が太陽化する。

木星が太陽化した場合、地球と太陽と木星の位置が重要になる。

550万年前から、五色人と蛇人種がいた。

現在も蛇人種がいる(連中のところに多くいる)

低い振動領域に存在し、人間より霊能力に長けているが、創造ができない。創造は神の似姿である人間のみができるようだ。蛇人種は人間の喉奥に低い振動を作り出して存在している(人間の創造力を利用しようとする)。彼らは人間の思考の中に存在している。3次元でいるのは、人間に憑依して寄生している姿だ。本体ではない。恐らく古代に、クリストファー・ロドリゲス類のように「その中に存在するのが一番」だと考えたのかもしれない。とにかく恐怖や怒りや戦争・添加物など低い周波数を作り出して顕現しようとしてくる。そして一部の人間を積極的・消極的・騙しで取り込み、憑依対象にしてくる。またコピーしたデータをコンピューターにまとめ、それで再現し、人間を管理・コントロールしようとしてきた。これが本丸である。人間が霊的にもまともになるのを邪魔しようとしてくる。怒りなど低い振動は、相手を喜ばせるだけである。

人間の認識は肉体レベルの脳ではない。主霊体従。肉体より霊を主にして生きよ。さらに霊にもこだわらなくて良い。あなたの本体は魂である。霊にこだわる限り、電磁レベルである。また現在のわが国では、霊にこだわって保持して生きるのは難しい食や電磁環境である。また霊はあなたのあり方の反映だ。自己奉仕より他者のために生きたほうが霊の成長が早い。そこに次元が絡む。普段は50:50(対消滅)または、五行とか。逆にしてやるなどないのだ。連中の思い込みにつきあわなくてよい。宇宙は鏡だ。左右反転だ。洞窟マジックなど意味がないのだ。振動させて変えてやればよい。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?