iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍:フラワー・オブ・ライフ 古代神聖幾何学の秘密 第一巻 ここ最近の事象と、その本質のありか

Thu, 23 Jul 2020 10:04:41 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

 

 

書籍:フラワー・オブ・ライフ 古代神聖幾何学の秘密 第一巻

 

P277-308 7.宇宙のものさし:人体とその幾何学

P311-335 8.フィボナッチ数列と二進法数列の極性一致

 

8章から読んでもいいかもしれませんね(よく参照する書籍なので、ご自身でご購入ください)

 

関連(ここ最近の出来事)

・13000年前からの人工マカバ問題の解決

→マカバは愛で成り立つ。愛は与えられるものだけではない。

 

・トーラスは円環体

→トーラスは、地球や人間の電磁フィールドバリア

 

・二次元を三次元にする。三次元を二次元にする

アストラル体は次元を超えられない。困ったら次元を変えたら?

 

・星ぼしなどとの人体接続

→人体各部位の長さ(親指ー中指、鼻頭-あご先など、および人体や頭部をゆがませての人工接続)

 

・女性螺旋と男性螺旋

→ナイキのマーク(シンボル)を人体の気になる部分に当ててみる。知らない身体の何かが解決する。本来ナイキのようなマークはコントロールするためのものでしかない。

 

・North Faceは、北を向くの意味

→北枕など北向きはある能力が強くなるが、コントロールされやすくなる

 

・メ(目)

→光の幾何学とシンボル的囲み。目はどうしたらよいか知っている。および目的達成のオートマティズムプログラム(気づきと強い意志はここからの離脱を可能とする。現在人工パラメータを割り振ってあなたをコントロールしようとする)。基本的には右目を閉じればよい(しかし別な止め方もあるので頼り過ぎない)

 

・人体は神殿(寺)である。

→あなたの部屋はあなたと親和性がある。4次元的にも。霊は次元を超える。

 

・あなたが上がれば、相手も上がる

→あなたの別霊体に、思い込みマジックで憑り付いた者(誰かに取り付けられた者)も力が上がる。つまりこのやり方は宇宙的バランスではない。場合によって、あなたはあなた自体の力を下げて行動する必要がある。相手も下がるからだ。

→人工的設定で、あなたが怒らなければ、相手も怒らない。

→人工的にターゲットに対して悪環境にして、所属会社から追い出すように持ち込むやり方が横行し始める可能性がある。

 

・中心オーラポイントなどの(斜め)ずらし

→人工的にしてくる場合がある

 

・遠隔霊体の左右乳状突起(振動しやすい箇所)に磁石をおき、その中心に他者霊を浮かび上がらせる。あなたの左右に人間霊がおり、乳状突起を重ねるような存在状態。また、あご下の脂肪群にプログラミングされた憑り付きを多数置。

→あばら下そりの振動や、足裏からの憑依、左右肩甲骨間振動、頬骨、くるぶし、ひざ。

→腕動かしはあなたの上前歯に紐をつなげて動かす場合が増えてきた。イメージで紐をはずすイメージをすればよい。そもそもあなたの分霊はあなたが動かせる権限を持っている。だからあなたのふりをするのだ

 

・テスラ 電磁 369

→WXYZなど(座標軸グラフ)。あなたの思うままに文字の形を当ててみる

 

・神聖文字 テトラグラマトン

→「神の名をみだりに呼ぶな」は頼らせないため。自分で気づけ

→書籍:失われた暗黒星神「スサノオ」の謎

→P66-67

アメリカ電磁指標LV10(予測)。カタカムナ含め、本質的でないしごくつまらない方法で止められたときに、そのものを下げるのか、自らを疑うのか?まず問われ。対処方法を教えられた時にすぐ対応できるのか、できないのか?自らの力を知る指標。まず歴史観を問われ、次にあなた自体の本質が疑われる。それは誰だったのか?なんだったのか?

→それは自らの力で"自ら"をコントロールできる意志

→キリスト誕生からの2000年が過ぎ、忘れてしまっていた自らに向かい合わなくてはいけなかったのだ。

 

木星太陽化または地球が惑星全体でアセッション(次元上昇)できるなら、太陽・木星土星の三体構造(予測が効かない体系)の件

→太陽系のボルテックス(渦運動)構造により、1000年間は至福の時代(黄金時代)となる。土星と太陽の連星黄金期のように。

→恒星の連星は宇宙の基本の姿

→地球のあり方によって、木星の点火・爆発地点が変わる。地球の近くか太陽をはさんだ裏側か

→長いこと(恐らく1993-2007の間に)銀河の管轄から言われていたが、地球上では公にされなかった。

→2001/8に木星へのNASAカッシーニのフライバイの際に、裏側にプラズマ化して可視光線を吸収する木星と同じ大きさの二ビルがいることが発覚。プラズマ化しているため、二ビルの重力が著しく減少しているため発見されなかった。数百年そこにいたらしい(恐らく1700年代の中盤以降(フラワー・オブ・ライフ二巻 P294参照)。このタイミングの時に由緒がある正統的なヨーロッパ伝承貴族が大量に没落している。

そもそも約4000年前(紀元前2500-2000年)太陽系全体の振動数が変化した。低振動になった。故に古文献や伝承でよく書かれる低振動で現れる存在の力が潜在的に優勢になってしまった。エリア的な振動数の変化は、中世ヨーロッパの魔女狩り暗黒時代(十字軍マルタ騎士団以降〜。十字軍とは部下に与える領地がなくなったための理由のない遠征侵略とみてよい。その後、結局魔女などいない魔女狩りの暗黒時代などで、エリア的に低振動化を引き起こしたとみる)。現代2001年以降はテロリズム(恐怖支配)時代と呼ばれ、これもまた「敵がいない(見えない)戦争」の時代と呼ばれる。よくわからないまま周りを攻撃していたのだ。そして電磁的に体や精神を締め付けられていたのだ。そして認識を変えられ、そこに住まされようとしていたのだ。そうするとあなたには自分の子供が蛇(爬虫類)になったように見えてしまう。既に第三次世界大戦時代だったのだ。

 

また、これは、現代、1913年にapex=ゼータレティクル(地球にすごく友好的)が、13000年ほど前のアトランティス崩壊に導いたアトランティスの火星系が作った地球の人工マカバ(二重回転電磁場=魔のトライアングルにある)を解決しに地球に来て失敗し、電磁場が乱れ第一次世界大戦に進んだのところからのはじまりとみてもよいかもしれない。ちなみにapex=ゼータレティクルは、地球の人工マカバが原因で、そのエリアの惑星が消滅したという存在である。地球にDNAのなんとか話を持ち込んだこともないグレイ。エササニ(バシャールで有名)とも関係がある。地球に来たときの逸話としては、てんぷら油やマンモスという存在に驚いた。という話がある。

 

1943 第二次世界大戦中にタイミングが来たからなのか、人工マカバ解決のフィラデルフィア実験が行われた。失敗した。当然、電磁場がおかしくなった。そういうタイミングでナチスは半年前に敗戦を悟った。当時のナチスの技術力はアメリカの5-10年先を行っていた。UFOやチベット地下霊的なものに心酔していた。ヒトラー預言者・能力者だったが、電磁場がおかしい状態でドイツ南部の森地下の空間で、最後の予言を書いた。敗戦前のこのような精神状態の、電磁場がおかしくなった地下振動の中で描いた最終予言は、当然あのような内容になる。また技術的予測ができる状態であり、橋浦はヒトラーの最終予言は予言として疑問符がつくものとみている。再度見つめなおすべきだ。ドイツが負けて以降、ナチス技術者は南極と南米、およびアメリカに行った。ナチスとはNASAの前身である。南極には敗戦前から行っている。南極とはつまり、地球コア 蛇人種が出てくる可能性が高いエリアである。「North Face=北を向けばいいのだ(自動運転=コントロールできる)」南極から見たら、地球上どこを見ても北である。

 

地球コアに封じられている蛇人種は既にいなくなったと橋浦は見ているのだが(あと地球にいるのは自称蛇、および宇宙ならベガ系、月・火星)、そもそも蛇とはなにか?

蛇と関係させられるとさまざま虚偽重なって見えてしまい、わからなくなる。宇宙の法則(形は違くなる本質は同じ)とは別な、極端な「=自分(人工的同期)」とさせられ、知らないものを勘違いに導く。「契約の民」とは神との契約なのか?蛇との契約なのか?混同させられる。隠すことが力だと考えている。魔法を使う。昨日、なぜか映画「マトリックス」と「エヴァンゲリオン(南極の綾波レイ(水槽に入った複数のコピー体)」状態にさせられていた(おそらく洞窟マジック)。

 

 

結局、蛇マジックの虜になると肉体を捨て、イメージの中に住むようになる。そのほうが力が発揮できると考えるからだ。ただ、それを行うと、蛇人間自体がプログラム状態になり?、自ら創造できず、ターゲットにわからないように憑り付き、本人(霊など)の力を使うようになる。騙されたターゲット本人(およびグループ)の思考周波数振動状態が、他(宇宙など)と切り離されるとコントロールしやすいと考えているのかもしれない。また超低振動を、なんらかのあなたの遠隔霊体にあなたに気がつかないまま与え、「うなづく(あなたの身体・霊体に対しての許可を与える、通常無意識でもあなたの意思が優勢になるのだが、携帯などの電磁波で与えた命令のほうがあなたの無意識の意思より優先になる状態)」を形成させる。そうするとコントロールされやすくなる。

 

コントロールされやすい状態は、あなたが低振動になるほど、形成されやすくなる。あなたがあなたの体の中の何億・何兆もの存在を無視しているからだ。あなたの意識をいつまでもスマホや人間にのみ当てているから、いつまでも誰かのイメージした世界の内側にいるのだ。あなたが意識しなければ、いつまでもコントロール範疇のゆがんだ常識世界につながるだけである。またわかりやすいところには、既に罠がはってると思ったほうが良い。あなたは自由なんだ。また現状わかりやすく意識すれば、それはもう既に罠にはまり込む状態かもしれない。

 

 

あなたは"(本質の)セカイ"を信じればいいだけである

 

意識するまでもなく、信じるまでもなく信じる!

 

その信頼は、あなた自身が担保なのである。

 

あなたがあなたを信じられればいいのである。

 

どこまでいけば確実か?

 

現状の現実から本質だけ述べれば、

既に記述されていない世界の外側。その輪郭(一番最初)にいけばよい。

つまり、あなたのフロンティア。そのどこかにあなたは考えるまでもなくいつづけられる。進み、広がるだけだ。

また、あなたはその外側であり、内側である。それらはどこまでも越えて繋がっている。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?