iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

神聖四文字 関係

Mon, 10 Aug 2020 15:47:26 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

神聖四文字テトラグラマトン

YH○H(ヤハゥエ)

→場所:あご・喉から下に。あばら下部下がる。喉にいる状態(憑り付きのように)になる

→コンピューター排出言葉「とにかく厳しく」

→伝統的意味:神の名をみだりに呼ぶな。頼るな

→解説:アトランティス崩壊以降、高次元存在(通称宇宙人)は、(今回は)地球人に積極的に関与しないようにしようと決めたが前提にある。モーセ出エジプト以降の存在。みだりに呼ぶと、辛い状態になる。

YHW(YHWHの省略形)

→場所:あばら下そり(不動点あたり)−丹田エリア

→コンピューター排出言葉「彼らのシステムが消え去った」

→意味:身体からのシステム排除

→解説:丹田は憑依の一番のポイント(他に足裏などある)

YHWDH(ユダヤ

→関与場所:乳状突起-首 の憑り付きが外れて軽くなる。

ミトコンドリアエネルギーを利用された状態で、憑り付き関連連中から「見えなくなる」。

→コンピューター排出言葉「障害児になる」=「アンドロイド」という文脈においての意味

→解説:ダビデのD。マルタ島がある地中海ローマ帝国は電磁支配の時代という記載を見たことがある。恐らくなんらかによる生体エーテル関与だろう。仮説として、利害の絡まない古からのユダヤは「支配」を簡単にはずせたので、あのように社会排斥されて生きるようになった?

NYHWN(日本)

→電磁バリア、シールド

→コンピューター排出用語「酔っ払い」。一言で言うと「なにもうけつけない」←ネットワークorピラミッド的な意味で。人工ハーモナイズ他者から見て「受信できない(シンクロできない)」

→解説:Nは「守られている」の意味。NNは磁石的な反発(その中に別電磁空間)

さらに参考にするなら

書籍:ガイアの法則

→地球の意識の焦点の移り変わり

L90度(90度の角度で電磁場が変わる)

→シュメールから90度が日本

書籍:縄文土器は神社だった

飛鳥時代蘇我馬子の墓=石舞台古墳の内側に、50(エンリル)と多数のメールマーク、L5つ

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。