iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

想念 霊体 「現実(リアリティー)」変更の一例

Thu, 13 Aug 2020 19:00:23 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

本日、電磁波などによる受信方法が変更された。

ここでの追跡は恐らく衛星からのGPS(電線がほぼない地帯)であった。

人体頭部を上空から覗くと、脳における「目」は「X」のカタチに見える。そこに受信させられる手法である。瞬時に見抜いた。

多くの人の常識が通じないでしょうが、ここでの対策

・まず「メ」を「Xのカタチ」じゃなくてもいいじゃないかと思い、自らの身体認識変更。このときは特にカタチを決めなかった→受信不可になる

・以前いつも「タケコプター(渦で脳磁場を通常より頭上上に飛ばして通信させるやり口)」と述べてきていたので、イメージでタケコプターを頭部に飛ばした。その渦の回転系に受信させた。タケコプターは回転するプロペラなので、錯覚状態に受信させているともいえる。→人体受信しない

・自転車で移動していたので、頭部受信できないと足元の低振動からことを起こそうとする。具体的にはペダルがついた足元の低振動転送。それを頭部(耳下)などにみなし転送させ、地上に流しているその周波数の放送にチューニングさせる手法である。そもそも遠隔にある霊体側のあり方を勝手に変更することで「オフラインエーテルつなぎ(通称忘れた)」ができるので、直接肉体に受信させなくても、実行できるといえるのだが。

→足元低振動対策としては、前記同様「浮いているよ」という自らの認識変更で実行。それだけだとうまくいかない場合は、「あんなこと書いて、周りから浮いているよ」で、「浮く」ことができた笑。簡単に言うと「(接続されたネットワーク)の多くの者が、それに賛同するならエーテルレベルの現実として「浮く」が許可されるである。コンピューターがテキストで認識しているからだとも言えるかもしれない。つまり一つの単語で複数の意味を持つ場合、別意味でもそれが実行される である」

→簡単に言えば、このエーテルレベルはままごとレベル(なのかもしれない)。また常に騙しを実行しているとしか言いようがない。ちなみに、コンピューター上では否定形は認識されないを継続しているはずである。コンピューターが正確に文脈を把握できないからだ。精度が落ちるからだ。故に単語レベルの認識をしているのが基本。日本語は特に最後に動詞が来るため。

これがニューロネットワーク接続システムの実態である可能性が高い。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。