iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

Thu, 13 Aug 2020 07:54:59 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

裁判にされると勝てないから、潰してきた

しかし、2004秋〜2016までのテレビ番組に証拠が多数残り続けている。

ボイス上の偽芸能人で歯なく、本当の芸能人も多数ターゲットにされた

また2017年前半、橋浦満広を「オリンピック選手」となぜか認識し、アキレス腱を狙う電磁攻撃をされた。その当時の手法から、女性公安であることは確定している。このくらいテキトーなやり口なんだよ。

俺がナニカなどなにもない

怒った時を予測して狙うサタニズムのサタン降臨儀式=つまり生贄=イエス様呼称は連中の「生贄」の意味。

そういうものに利用したかったのだ

また2016/12-2020/06の期間を恐怖の総統の時期とみなしており、2020年オリンピックを、アンドロイド(現代奴隷)の販売開始時期とみなし、2020年を最悪な期間生成に仕立てようと画策していた。それでもって2022年という数字のそろうタイミングに、カップリングされていないもの(および気がついてカップリングしようとするもの)になにかを霊的に仕立てようとしていた。恐らく通称ピグモン人形みたいなものだったと当時は思えたが、現在は本人がわからないほどコントロールしやすい状態に多数を落とし込んでいる。

脳認知的には、脳にはやらなくてはいけないリストみたいな場所があり、そこに特定シグナルを送り込めば、簡単に行動誘導、つまり「突然誰かに話しかけに言ったり、スマホを取り出して打ち込んだり、周りを見に行ったりするようニなる」自らの意志でスマホをつかってやるのとは違うレベルがあるのだ。つまり、自らの意志で分別して行い、社会貢献していると肯定すると、そのうち脳解析などが進み水から何をやっているのかわからないレベルで、少なくとも特定ゾーンで行動するようになってしまう。工場地帯で言えば、文句の言わないロボット、軍事で言えば、魔術補助されたと思い込む感情をなくした殺人マシーン(つまりPTSDなど存在しないのだ)である。連中は、世界中のコンバットを自らの傘下にしたと思い込んで、この蟹座(モーセの星)に金星(ルシファー サタンの別名)が絡む、ライオンズゲート(「少し前なら、訳知りの本当の金持ちならここに住む」)開くときに、地球の状態変更をかけた。恐らく冥王星から。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。