iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

memo :今知っておくべき重大なはかりごと2

デービット・アイクの本は、相手(他者の価値観)の思考を把握するのに役立つが、呑み込まれてはいけない。

「セカイ(観)」「現実認識」は、自らの体系に立つべきだ。

そして相手の体系を尊重すべきが基本だ。

しかし押し付けてくる者は、無意識の領域を支配してこようとしてきたりする

「〜(波形)」ではなく、「◎(波紋)」が宇宙の基本だ。

「〜(波形)」は、宇宙では飛ばない。

◎は○のもの

〜は□のもの

△はどこでもいける?

ピラミッドの下は□ではなく○を置くのが宇宙から勧められたもの。なぜか彼らは□をおくことにこだわった

いままで松竹梅の梅だけわからなかったが、梅を名前とか梅干とかで考えていたから思いつかなかった。

梅の花は5角形(桜の花と同じ)で、喉に当たる。地球を中心に置いた地球と金星のランデブー(軌道)も同じ。

五角形は喉=発信だが、裏から六角形にコントロールされるという性質があるらしい(アメリカのペンタゴンも同じしくみ。裏(地下)からコントロールされることを契約させられたらしい)

それに対処するためには、五角形をキリスト意識グリットの幾何学で○く包めばよい。

キリスト意識グリッドとは外が水の幾何学(正二十面体、水の第四の層は六角形の蜂の巣型)の幾何学、内側の空間がエーテル(正十二面体)である。

物事には理屈がある

4500年前に木星の火山から飛び出した彗星は、別名:金星または明けの明星(ルシファー)と呼ばれた。

なぜそう呼ばれたかいままで考え付かなかったが、上記から、その軌道が、五角形または喉にあたる星だったと推測されるのではないか?

ちなみにシンボルや幾何学は小脳(古代脳、爬虫類脳)を使う。

私たちは無視することもできる。

あなたの意識の焦点が当たることが、あなたの現実認識に関わる

しかし、意識の焦点に偽(憑り付き)をおいている場合がある

小脳の反応は早いが、多角的・多次元的に何事も見つめることをお勧めする。

自らを疑い、変わることのない本質に立て。そしてとらわれるな。最終的に多次元的な自らが必要なのだ。

Tue, 22 Sep 2020 10:45:55 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

*質問などはお気軽にこちらへ

https://mastodon.social/@grateful_to_you

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。