iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





メモ

本人に空間位相重ねして、アンドロイド的に、奪った本人情報が既にある状況で、なんらかのタイミングあわせをしている。

そこに重なった別人物の編集可能な優先単語などの脳思考辞書を利用して、本人が仲間内であるかのようにみせかけてくる。これを橋浦のところでは「プラトニックではない」という言い回しで使われようとしていた。つまり「一方通行ではない」とみせかけようとした。

橋浦は誰かにナニカを押し付けたことはなく、また自分は○○だなどと言ったこともない

本人が寝ている間に、本人みなしのやりかたで、通称「うなづく」という一方的な本人権限を利用されており、それでもって本人のエーテル体への脳認識変更をかけられた。それはハートを奪ってからでないとできないこともある。

ハート磁場は広大なのだが、ハートの奪いには、ある回転系(つまりお店のよくある換気扇のふたをあけた中)が橋浦の際には利用されており、それでもって、橋浦と通称「友達」つまりは仲がよいとみなしたボイス存在を干渉させてハートにとりついてきた。

また、上記を前提に首裏(喉オーラ)からハート・口内につなげ、つまり人体縦のジグザグで言葉の現実化をはかった。

認識の変更(本日は首裏めがね(ターゲットに作成されたエーテルが、人工めがねをつけた人には見える(自らが思い込んだものかは不明)。つまりはエーテル的に本人がそう思い込めばなのだが。ここでは目のレベルでしか述べていない)

現実認識の変更(人体レベル・地球レベルなどがある)

は別な言葉であり、

簡単に言えば、生体内のエーテルから人体に対する影響の与え方の、脳認識とも言い換えられる。

本来のあり方はしらないが、これだけのいいまわしで、「なっている」と思い込ませることができるともいえる

簡単にいえば、あなたがそう思っていればそうなるなのがエーテルの世界のルールで、見えないエーテルに(イメージで)鏡を当てたり

、第三者や別な自分に観察されれば、それはないとみなされる。なぜならエーテルの世界は基本に忠実で、おかしなものはおかしいとみなされるからだ。しかし圧倒的多数がそうだとみなせば、その現実世界では、それがルールにもなりえてしまう。しかし、圧倒的多数がみなすとは、地球の中だけの話なのか?ともいえる。

地下閉鎖空間の特殊素材(通称風船)につつまれたターゲットは、そのなかは独自世界ともみなせる。みなせるとは、そういう風に考えることもできるであり、虚数の世界ともいいかえられる。

人間の美徳に素直さがあるのだが、皆がルールを守っている性善説の世界の住人に、このようなものをいきなりぶつけて支配体系を確立しようとしたともみなせる。また橋浦から言わせれば、社会・文化・文明・始まりと終わり、全てがとらわれである。「なにものかにならなかった」は小さなとらわれでしかない。なにものかになどならなくてよい。あなたは自由なイメージに羽ばたける。普段から意識したくなければ、あなたのありかたがあなたになるでしかない。また他人に任せていると勝手に変更されうる。少なくとも都度都度自らをみつめなおすことが、あなたがあなたであるために必要に思える。現状では。

とらわれから抜け出すことが、このありかたの本質的あり方。つまり本質を見抜く生き方といえると思う。

Wed, 30 Sep 2020 04:31:15 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

*質問などはお気軽にこちらへ

https://mastodon.social/@grateful_to_you

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?