iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

メモ:

マヤ=マーヤー=幻影

ex.古代のマヤ、銀河のマヤ

◎→・なら「◎」の状態がマーヤー

260日周期のツォルキンは「銀河のマヤ カレンダー」

つまり銀河中央から飛んでくる◎(スカラー エネルギー)は、銀河が思念しているマーヤー かもしれない。

私たちはそれに同期するのが基本。

しかし、ここ数十年わけあってその同期に、太陽系を包むソーラーウォーデンとして太陽系エリアの管理者からシールドをはられている(これまでの地球人では銀河中央からのエネルギーに対応しきれないから)。あなたが望まなければ、銀河のマヤと同期しずらい状況もいえる。地球上では13000年周期の宇宙との一元を拒否している軍産複合体がいる。それらがたくみに、宇宙との接続を拒否するように情報コントロールしたり、電線などの磁場で、なにも意味がないエリアに仕立てたりしている。

あなたが本気で望まなければ、すぐに戻されてしまうのだ。またわかりやすいやり方はすぐに騙しの中に落とされる。故に本当のことに立つか、まったく別の体系に立つ必要がある。

情報を消費しているだけでは見落とす

◎→・は象徴であり、あなたはあなたでイメージできるし、仮想のイメージを元に、本当の世界をただ信じることもできる。脳を使っていてはいけない。

また連中の息のかかった書籍には、さまざまなトラップが仕掛けられており、特に画像が爬虫類脳のコントロールに利用されているようで、トリガー化しているようだ。

さらに目の幾何学は六種類だが、後頭部下にエーテルバイスをしかけられたり、目にエーテルグラスをかけた人物からなにかされたり、目を変えられた人物の目を見つめると魔術・催眠にかけられる場合があるので、気をつけたほうがいい。目の幾何学の光を通した解釈である。また脳の目の配置は連中書籍だと「X」型にされているが、「X」ではない。あなたは好きにイメージングで変えられる。というか、コネクトしている連中に脳内の目は別の形だと思わせることができる。確認したいなら、連中コンピューターのAI未満は、あなたの脳内イメージに対して言葉を吐いており、トンボをイメージで飛ばせば、実際トンボがいるような反応を示す。もし確認するなら、トンボでないなにかで行うとよい。即対応できない。

つまり、あなたの脳シグナル(P300=嘘発見シグナルなど)や、脳内イメージに対して、プログラム反応しているにすぎないのである。ちなみにLAWSは戦争では一人補助者がコンピューターに付かなければいけないが、一般人には補助者は付く必要がないのである。そういう場合があることも認識に入れるべきで、基本はツーマンセル(二人組み)である、ターゲットやターゲット周辺情報が集まれば、人が入れ替わるような不合理はせずに、ポケモンのキャラクターをいれかえるように、キャラクターやショートプログラムを入れ替えるだけである。

また、連中側から見たあなたのレベルで、あなたへ配置されるレベルが変わる。やり口は戦争と同じで、2017年初期時は、衛星からのサーチで身体所持品を調べられたり、集団影響下での人物特性から優先度が変わっていたように思われる。つまり戦争を仕掛けられていたともいえる。2017年7月共謀罪通過時には、次の日の朝、5eyes(大英帝国圏の国)が「中国人がすべてをしていた」と朝から嘘を垂れ流し、トランプ政権のユダヤがあきれ返っていた。そのとき多くを聞いた。また公安では文書が配布され「テロは終わった」とした日だった。街中徘徊はすぐに人を撃てるような戦争適合者をリストアップされていたとも思われる。また、五人組のような監視社会を作り、連中にとって不都合な「まともな人物」を排斥していたのである。

これは2001年のアメリ愛国者法からの流れである。ちなみに日本では2004年からインターネット情報を全て取得される「プリズム」プログラムが実施されている。またUFO情報の隠蔽は1990年代から特につよく起こっている。それによって本来地球に現れるフリーエネルギーが利用されてこなかった。またもっといえば4000年前からである。

太陽系(または地球上)の現実認識(リアリティ)が変わる500年間の隕石周遊および隕石落下があった。しかしもうすぐ木星が太陽化し、太陽系の振動数がかなり上がることが予測される。私たち地球人は低振動主体のやり口に付き合わなくて言いのだ。ちなみにコロナは「インパクト」を与えたかったとのことだが、もう終了してよいはずである。インフルエンザは歴史上気温が上がる夏に流行ったことはない。

数日前から連中はやり口を変えたのである。また、すぐに地球上の現実(リアリティ)認識をころころ変える。それを法改正と呼んだりして別利用しようとしたりするが、もう付き合わなくていいのではないか?

\\

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。