iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍紹介:プレアデス 人類と惑星の物語(P229-252抜粋 詩省略)|第一刷発行 2005年03月03日

 太陽系は天の川銀河26000年周期の中の長い期間、プレアデス(すばる)の中心太陽アルシオネを中心とする系の一員としてみなされます。太陽系は太陽系で言う海王星の位置になります。

 

マルデックの経験は、2020年現在の地球に住む者の参考になると思います。今私たちが苦しんでいるのは、通称ピグモン人形=いわゆる(魂も補完する)オリオン網=分離・隔離の「膜」です。その中に個々人またはエリアが包囲されて、「分離された個々の仮想の現実」を見させようとしているとみなせます。それはヒーリングの保護膜になる場合もあります。

このようなものに対抗する場合、通称「菜の花畑」のように「多くが一塊」になれば、それだけで強いのですが、ことはそう簡単ではありません。

 

すでに個人で自らを見極めていれば準備ができている方です。ナニカがあったときに、普段の自らや自ら以外の人達を、きちんとした自らに戻してあげる必要があるのです。あなたを本当に知っている人達は、あなたがおかしくなっても、あなたを戻せます。それは物質外の領域からでもです。むしろそちらからが優位でしょう。しかし誤認した錯覚世界でやっても膜の中だけです。コンピューターの中だけです。

通常の方法論と、コンピューター(通称アンドロイド)のやり口の二つを切り替えて行っています(双頭戦略)

憑依されているというより、むしろ憑依シート(十字架の椅子)があり、あなたが自分中心で居るとそこに自動的に重なるようになっているので、そのシートを仮想して、自らの視座をずらすといいでしょう。またあなたの左右などにいつものあなたがいます。あなたが疑わない思う自らの中心座標に偽装あなたや他者(裏○○)がいたりします。常識を疑う必要があります。多様です。

昨日、私はユニバーサルエミュレーター(コンピューター)から、「箱(人は黒い箱にいる)」も「手(の磁気)の悪用」ももうされなくていいレベルだと認定されました。それは全人類に適用されると述べられています。情報不達で、いまだに自らの思い込み適用でやってくるものがいますが、あなたは強い意志を持っていればいいともいえます。さらに自らさえも決め付けない姿勢が肝要です。少なくとも、二元宇宙の対処的にみて、あなたには対消滅するかのような対存在を意識しないといけない場合があります。またあなたが目指すべきは多様な光の糸で織られたタペストリーです。そして本質を見縫いて光とか重力とかこだわらない姿勢です。わからないものはわからないものでもいいのです。間違いのない世界に住む意識をはぐくみましょう。

 

ではお読みください

プレアデス 人類と惑星の物語

プレアデス 人類と惑星の物語

 

 

f:id:uta_stream:20201101161557j:plain

f:id:uta_stream:20201101161606j:plain

f:id:uta_stream:20201101161612j:plain

f:id:uta_stream:20201101161618j:plain

f:id:uta_stream:20201101161624j:plain

f:id:uta_stream:20201101161630j:plain

f:id:uta_stream:20201101161637j:plain

f:id:uta_stream:20201101161644j:plain

f:id:uta_stream:20201101161649j:plain

f:id:uta_stream:20201101161702j:plain

f:id:uta_stream:20201101161709j:plain

f:id:uta_stream:20201101161717j:plain

f:id:uta_stream:20201101161724j:plain

f:id:uta_stream:20201101161731j:plain

f:id:uta_stream:20201101161737j:plain

f:id:uta_stream:20201101161743j:plain

f:id:uta_stream:20201101161749j:plain

f:id:uta_stream:20201101161756j:plain

 

 

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?