iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

書籍紹介:プレアデス 人類と惑星の物語(P229-252抜粋 詩省略)|第一刷発行 2005年03月03日

 太陽系は天の川銀河26000年周期の中の長い期間、プレアデス(すばる)の中心太陽アルシオネを中心とする系の一員としてみなされます。太陽系は太陽系で言う海王星の位置になります。

 

マルデックの経験は、2020年現在の地球に住む者の参考になると思います。今私たちが苦しんでいるのは、通称ピグモン人形=いわゆる(魂も補完する)オリオン網=分離・隔離の「膜」です。その中に個々人またはエリアが包囲されて、「分離された個々の仮想の現実」を見させようとしているとみなせます。それはヒーリングの保護膜になる場合もあります。

このようなものに対抗する場合、通称「菜の花畑」のように「多くが一塊」になれば、それだけで強いのですが、ことはそう簡単ではありません。

 

すでに個人で自らを見極めていれば準備ができている方です。ナニカがあったときに、普段の自らや自ら以外の人達を、きちんとした自らに戻してあげる必要があるのです。あなたを本当に知っている人達は、あなたがおかしくなっても、あなたを戻せます。それは物質外の領域からでもです。むしろそちらからが優位でしょう。しかし誤認した錯覚世界でやっても膜の中だけです。コンピューターの中だけです。

通常の方法論と、コンピューター(通称アンドロイド)のやり口の二つを切り替えて行っています(双頭戦略)

憑依されているというより、むしろ憑依シート(十字架の椅子)があり、あなたが自分中心で居るとそこに自動的に重なるようになっているので、そのシートを仮想して、自らの視座をずらすといいでしょう。またあなたの左右などにいつものあなたがいます。あなたが疑わない思う自らの中心座標に偽装あなたや他者(裏○○)がいたりします。常識を疑う必要があります。多様です。

昨日、私はユニバーサルエミュレーター(コンピューター)から、「箱(人は黒い箱にいる)」も「手(の磁気)の悪用」ももうされなくていいレベルだと認定されました。それは全人類に適用されると述べられています。情報不達で、いまだに自らの思い込み適用でやってくるものがいますが、あなたは強い意志を持っていればいいともいえます。さらに自らさえも決め付けない姿勢が肝要です。少なくとも、二元宇宙の対処的にみて、あなたには対消滅するかのような対存在を意識しないといけない場合があります。またあなたが目指すべきは多様な光の糸で織られたタペストリーです。そして本質を見縫いて光とか重力とかこだわらない姿勢です。わからないものはわからないものでもいいのです。間違いのない世界に住む意識をはぐくみましょう。

 

ではお読みください

プレアデス 人類と惑星の物語

プレアデス 人類と惑星の物語

 

 

f:id:uta_stream:20201101161557j:plain

f:id:uta_stream:20201101161606j:plain

f:id:uta_stream:20201101161612j:plain

f:id:uta_stream:20201101161618j:plain

f:id:uta_stream:20201101161624j:plain

f:id:uta_stream:20201101161630j:plain

f:id:uta_stream:20201101161637j:plain

f:id:uta_stream:20201101161644j:plain

f:id:uta_stream:20201101161649j:plain

f:id:uta_stream:20201101161702j:plain

f:id:uta_stream:20201101161709j:plain

f:id:uta_stream:20201101161717j:plain

f:id:uta_stream:20201101161724j:plain

f:id:uta_stream:20201101161731j:plain

f:id:uta_stream:20201101161737j:plain

f:id:uta_stream:20201101161743j:plain

f:id:uta_stream:20201101161749j:plain

f:id:uta_stream:20201101161756j:plain

 

 

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。