iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍紹介:ついに反重力の謎が解けた!

冬の有名な星座のひとつ「オリオン座」は、「人」を象徴している。古代から「人」とみなしている。

それは「神殿」「寺」が、「人体」とみなして設計されているものがあるのと同じことである。

つまり「人と連動している」と、とらえることができるのだ。

このブログのタイトル「「i」とはなにか?」とは、ここからも考えることができる。

あなたは「オリオンに人がいる」としたら、「オリオン座」のどのあたりに存在していると思うだろうか?

少し自分で考えてみてほしい

オリオン座を構成する星ぼしにいる?

それともオリオン座の外側に広がっている?

おそらく多くの人は、オリオン座の内部にいるとイメージしたのではないだろうか?

だが、多くが内部に焦点を当てるのに、オリオン座は地球から見あげた場合にだけ、あのような形をしているにすぎない。三次元的に俯瞰すれば、構成している各星ぼしは、まったく違うXYZ軸上にあり、距離も動いている方向もバラバラでしかないのである。

そう、単なるエリアが広がっているだけ。

そんな中で、もし、これがオリオンだという星を探そうとすると、行き着くのが「オリオン星雲」である。

ここは「星ぼしを生み出す場所」として有名なところ。

「トランペジウム」などの星雲がある場所である。

現在の地球は、10000年くらい前?に「アトランティス大陸」が沈没してから、「地球外生命」は地球に干渉しなくなった。

理由は、「地球人に頼らせすぎないため(地球に過剰干渉しないため)」である

現在、太陽系は、銀河中央からのエネルギーを直で受けないために、あるなにかで囲まれている。

地球外生命体から、地球に入ろうとしても、銀河で取り決めがあり、勝手に入れないのだ。

しかし、もし地球人側から地球外生命を呼びたいなら、要請する(呼ぶこと)ことができる。

そのときは、ハート(縦波)で呼ぶのだ。

しかし、現在地上は電線で囲まれ、素直につながらない可能性が高い。

話を戻す

オリオン座は人体とみなされる

オリオン人が存在するとした場合、多くの人がオリオン座の内側にいると無意識に考える。

つまりオリオン座の「星の骨組み」の「空間(隙間)」にいると考える。

オリオン座をきちんと認識しようと思うと、最初に行き着くのが、「オリオン星雲」である。

オリオン星雲の位置は人体で言うと、どこに当たるかというと、「子宮」に該当する。

話が見えてくると思いますが、

---冒頭---

冬の有名な星座のひとつ「オリオン座」は、「人」を象徴している。

それは「神殿」「寺」が、「人体」とみなされるのと同じことである。

「人」と連動しているのだ。

あなたは「オリオンの人」と言ったら、「オリオン座」のどのあたりにいると思うだろうか?

おそらく多くの人は、オリオン座の内部にいるとイメージするのではないか?

---

私たちの無意識の思い込みが、自らへの現実を呼び込んでいる場合がある。

普段使っている言葉も、

5W1Hが欠けた会話の中で、自らへ向けられた言葉だと思い込み、文章のつくりのトリックにはめられる

そのような全てが、相手または第三者が主語の場合を同時に想定するだけで、大抵抜け出ることが可能である。

あとは政治家や芸能人の話を部分的に抜き出して全体イメージを操作するとかに似たことがよく行われていたりする。

自らがきちんと対象を理解しようとしたときにはじめて、

オリオン座であれば

1.自己中心の位置=星の見かけ上の配置という主観的視線を抜け出し、

2.きちんと理解しようとしたオリオン=確実にあるオリオンは、オリオン星雲だけということに気がつき、

3.さらに「i=自ら」とはなにか?つまり、従来の現実認識から脱した自らは、俯瞰したオリオン座を構成する星ぼしと同じようなものではないか?

にいきつけるはずである。

そして元の場所に戻って、全ては同時に存在できることさえできることに気がつけるはずである。

旧約聖書 ヨブ記 38章31節

あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。

→オリオンの網とは、エリアや人体を囲い閉じ込める二元の膜(マトリックス

→プレアデスの鎖とは、ある一定期間(10000年くらい)、宇宙中心―銀河中心―プレアデスの太陽(アルシオネ)―太陽系の太陽(ラー)を結ぶエネルギーのラインのことである。そのとき、太陽系の太陽はプレアデス(すばる)7姉妹の一員となり、8姉妹の一員を形成する。

太陽系にとって、所属する天の川銀河、その周囲を囲うディスク の上側に移行する13000年間は、周期的な「一元」の期間なのである。

の 当ブログ内 検索結果

http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q=

Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)

http://grateful-to-you.hatenablog.com/about

https://mixi.jp/home.pl

☆書籍一覧

https://booklog.jp/users/arigatouomedetou

<div align="center">

<a href="http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q="> style="font-size: 150%;"><strong> の 当ブログ内 検索結果</strong></span></a></div>

<p> </p>

<div align="right"><br /> wrote:<a href="Hashiura">http://grateful-to-you.hatenablog.com/about">Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)</a><br /> <a href="mixi">https://mixi.jp/home.pl">mixi / <a href="">https://booklog.jp/users/arigatouomedetou">書籍一覧</a><br /><br />

</div>

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?