iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

書籍紹介:ついに反重力の謎が解けた!

冬の有名な星座のひとつ「オリオン座」は、「人」を象徴している。古代から「人」とみなしている。

それは「神殿」「寺」が、「人体」とみなして設計されているものがあるのと同じことである。

つまり「人と連動している」と、とらえることができるのだ。

このブログのタイトル「「i」とはなにか?」とは、ここからも考えることができる。

あなたは「オリオンに人がいる」としたら、「オリオン座」のどのあたりに存在していると思うだろうか?

少し自分で考えてみてほしい

オリオン座を構成する星ぼしにいる?

それともオリオン座の外側に広がっている?

おそらく多くの人は、オリオン座の内部にいるとイメージしたのではないだろうか?

だが、多くが内部に焦点を当てるのに、オリオン座は地球から見あげた場合にだけ、あのような形をしているにすぎない。三次元的に俯瞰すれば、構成している各星ぼしは、まったく違うXYZ軸上にあり、距離も動いている方向もバラバラでしかないのである。

そう、単なるエリアが広がっているだけ。

そんな中で、もし、これがオリオンだという星を探そうとすると、行き着くのが「オリオン星雲」である。

ここは「星ぼしを生み出す場所」として有名なところ。

「トランペジウム」などの星雲がある場所である。

現在の地球は、10000年くらい前?に「アトランティス大陸」が沈没してから、「地球外生命」は地球に干渉しなくなった。

理由は、「地球人に頼らせすぎないため(地球に過剰干渉しないため)」である

現在、太陽系は、銀河中央からのエネルギーを直で受けないために、あるなにかで囲まれている。

地球外生命体から、地球に入ろうとしても、銀河で取り決めがあり、勝手に入れないのだ。

しかし、もし地球人側から地球外生命を呼びたいなら、要請する(呼ぶこと)ことができる。

そのときは、ハート(縦波)で呼ぶのだ。

しかし、現在地上は電線で囲まれ、素直につながらない可能性が高い。

話を戻す

オリオン座は人体とみなされる

オリオン人が存在するとした場合、多くの人がオリオン座の内側にいると無意識に考える。

つまりオリオン座の「星の骨組み」の「空間(隙間)」にいると考える。

オリオン座をきちんと認識しようと思うと、最初に行き着くのが、「オリオン星雲」である。

オリオン星雲の位置は人体で言うと、どこに当たるかというと、「子宮」に該当する。

話が見えてくると思いますが、

---冒頭---

冬の有名な星座のひとつ「オリオン座」は、「人」を象徴している。

それは「神殿」「寺」が、「人体」とみなされるのと同じことである。

「人」と連動しているのだ。

あなたは「オリオンの人」と言ったら、「オリオン座」のどのあたりにいると思うだろうか?

おそらく多くの人は、オリオン座の内部にいるとイメージするのではないか?

---

私たちの無意識の思い込みが、自らへの現実を呼び込んでいる場合がある。

普段使っている言葉も、

5W1Hが欠けた会話の中で、自らへ向けられた言葉だと思い込み、文章のつくりのトリックにはめられる

そのような全てが、相手または第三者が主語の場合を同時に想定するだけで、大抵抜け出ることが可能である。

あとは政治家や芸能人の話を部分的に抜き出して全体イメージを操作するとかに似たことがよく行われていたりする。

自らがきちんと対象を理解しようとしたときにはじめて、

オリオン座であれば

1.自己中心の位置=星の見かけ上の配置という主観的視線を抜け出し、

2.きちんと理解しようとしたオリオン=確実にあるオリオンは、オリオン星雲だけということに気がつき、

3.さらに「i=自ら」とはなにか?つまり、従来の現実認識から脱した自らは、俯瞰したオリオン座を構成する星ぼしと同じようなものではないか?

にいきつけるはずである。

そして元の場所に戻って、全ては同時に存在できることさえできることに気がつけるはずである。

旧約聖書 ヨブ記 38章31節

あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。

→オリオンの網とは、エリアや人体を囲い閉じ込める二元の膜(マトリックス

→プレアデスの鎖とは、ある一定期間(10000年くらい)、宇宙中心―銀河中心―プレアデスの太陽(アルシオネ)―太陽系の太陽(ラー)を結ぶエネルギーのラインのことである。そのとき、太陽系の太陽はプレアデス(すばる)7姉妹の一員となり、8姉妹の一員を形成する。

太陽系にとって、所属する天の川銀河、その周囲を囲うディスク の上側に移行する13000年間は、周期的な「一元」の期間なのである。

の 当ブログ内 検索結果

http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q=

Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)

http://grateful-to-you.hatenablog.com/about

https://mixi.jp/home.pl

☆書籍一覧

https://booklog.jp/users/arigatouomedetou

<div align="center">

<a href="http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q="> style="font-size: 150%;"><strong> の 当ブログ内 検索結果</strong></span></a></div>

<p> </p>

<div align="right"><br /> wrote:<a href="Hashiura">http://grateful-to-you.hatenablog.com/about">Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)</a><br /> <a href="mixi">https://mixi.jp/home.pl">mixi / <a href="">https://booklog.jp/users/arigatouomedetou">書籍一覧</a><br /><br />

</div>

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。