iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

まとめ:「Φ(ファイ)」とは「円の直径」を示す記号。その解釈の仕方

「Φ(ファイ)」は、「円の直径」を示す記号である。

直径であるということは、円の端と端の二点が繋がるということでもある。

円を三次元的に球体にした場合、どこのポイントに点を打っても、球体を回転させれば、その点を球体の直径を表す場所とみなすことが可能である。

これが何を意味するか?

フラワー・オブ・ライフ1巻のP324-334の多数の極座標グラフををみてほしい。

それらの図は、すべて直径を表すものとしても解釈できる(点であるとは限らない)。

「創造」とは、「虚数的」に考えてもいいのではないか?

ここでは「Φとは直径を表すものとして考えられればいいだけ」ともいえるからだ。

「Φの記号」は「円の直径」を「(シンプルに)シンボル化」したものとしてみなしているだけとも「(脳で)解釈」できる。

再度まとめる

Φは円の直径をあらわす記号(シンボル)

円(二次元)を三次元(球体)にして、どこかに点を打った球体を回転させて、そこから点の位置を直径とみなしてもいい。

これはフラワー・オブ・ライフの書籍で何度も現れているモノの見方だ。

また直径を示すために球体の回転が必要な場合と、必要でない場合がある。

私たちはこれまで、球体の回転が必要でない直径のものの見方(解釈)だけを採用していなかったか?

「回転している」とは「生きている」を指すことが多い。回転していないとは、死んでいるを指すときがあるのだ。

つまり、これまでの「回転していない固定した見方(あり方)」は「生きていない」を生む(生みかねない)なのである。

最後にまとめると

「創造」とは、特に「アストラル体」以上で、「虚数的に考えること」。

アストラル体は、肉体意識とは別な存在とも言え、感情表現を中心にした存在だ。エーテル体はエーテル体→肉体への一方通行だが、アストラル体は肉体からの意識を受け取れる。つまり、あなたはアストラル体の自らとコミュニケーションを取れるのだ。霊体(アストラル体)からの「創造」をエーテル体を媒介として肉体に反映させられる。

もし他者にエーテル体をおかしくされた、または肉体が偽エーテル体とつなげられておかしくされたら、偽エーテル体と肉体は「ミアズム成分」が同期しないことを示せばいい。シンプルにそういうことなので、あなたへのその思い込み反映は終わる(なんらかの誤認識がないか自ら確認する必要はある。いずれにしても本当のことを見抜く姿勢を維持しないと、その時点からズレてしまう。一番シンプルな方法論で考えることが最重要)。

そもそも偽エーテルからのみなし骨、それ自体に機械振動を送られて無自覚な肉体につなげ、アンドロイドとか悪質極まりないことをされても、自ら思いいこまなければ、それは思い込みでしかなくなくなる。骨は、カルシウムとくっついた珪素やコラーゲンで緩衝されるので、思ったようにそうならない。つまり本当のことをしる姿勢が必要だ、

途中経過である現代科学は、途中経過の思い込みで、全体像としての本当のことと分離しがちなので、気をつける必要がある。そういうこと!

の 当ブログ内 検索結果

http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q=

Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)

http://grateful-to-you.hatenablog.com/about

https://mixi.jp/home.pl

☆書籍一覧

https://booklog.jp/users/arigatouomedetou

<div align="center">

<a href="http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q="> style="font-size: 150%;"><strong> の 当ブログ内 検索結果</strong></span></a></div>

<p> </p>

<div align="right"><br /> wrote:<a href="Hashiura">http://grateful-to-you.hatenablog.com/about">Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)</a><br /> <a href="mixi">https://mixi.jp/home.pl">mixi / <a href="">https://booklog.jp/users/arigatouomedetou">書籍一覧</a><br /><br />

</div>

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。