iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

重力と神聖さ

光は電磁なのだが、重力と魂と愛は電磁領域外から来る。電磁と重力をからめると、電磁で苦しいときの状態は楽になる。むしろもともと重力がある。影響されるのはだいたい太陽神経ごう(横隔膜)だ

高次元の重力と低次元の重力がある。低次元の重力は弱いが、高次元の重力は強い。

抜粋 ワープする宇宙 P490

ひも理論研究者も、つねにこの関係を用いて4次元の重力スケールを10次元のそれに関連付けている。また、第16章で軽く触れたように、ホジャヴァとウィッテンも10次元重力と11次元重力の関係性を使って、重力がほかの力と統一されることを発見した。大きな11番目の次元によって高次元重力スケール、つまりひも理論のスケールが、GUTスケールと同じくらいの低さになりうるのだ。ただ、それまでは誰も気づかなかったのが、高次元重力を充分に薄められるだけの大きさが余剰次元にありうる限り、それは可能になる。

簡単に述べると、

時計のような13の円構造(13は上段の螺旋、つまり1の上にくる)

において5と11は一直線(つまり対極(NとS)の位置関係になる。

「高次元重力を充分に薄められるだけの大きさが余剰次元にありうる限り」

→これを空間(縦横高)にあてはめると膨大な大きさが必要になるが、depth(深さ)という概念を当てはめると、極小の余剰次元でも可能になる。このdepth(深さ)という概念は、「神聖さ」とはなのか?という問い立てから導いたものである。

つまり1997/12に死んだときにガイドに見せられた夢でもあり、

どこまで大きく進んでも(銀河→宇宙→大宇宙・・・)、どこまで小さくなっても(細胞→原子→素粒子・・・)、フラクタル。ガイドに見せられた夢で特徴的なところは、どっちに進んでも"元のところに戻ってくる"だが、最後の部分信じるか信じないかの部分だ。

ここに

「高次元重力を充分に薄められるだけの大きさが余剰次元にありうる限り」

を当てはめられる

もうその界隈の人達には、話が広まっている

つまり、橋浦は「神聖さ=深遠さ=深さ=depth」という概念を使えばいいのではと、(地球上で初めて?)提唱した。

「神聖さ」とは、マルデック星が滅んだときの原因が、地上で神聖さを欠いたことによるものとの記述から意識しており、検証していた概念。

また、私たちの体にも、「神聖さ」を示す場所があるが、そこを中途半端に意識すると、悪用・利用される可能性がある。車とかに化けさせられてね。まず、巻き上げられる=回転して(意識しなくても通常回転しているはず)、清浄・素直であればよい

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。