iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

抜粋:サンヘドリン(「シオン長老団」の別名)考

 http://www.marino.ne.jp/~rendaico/judea/neozionismco/zionnogiteisyoco/sanhedorinco.html

 

近年、人類に起こったすべてのことは、約50年前に出版された『シオン長老の議定書』にはっきりと示されている。その計画は、当初から、サンヘドリンによるヨーロッパと旧世界の征服を企図していた。ロスチャイルド家は彼らの支援者である。近年は、ロックフェラー家が世界支配を引き継ぎつつある。サンヘドリンは金融支配者たちに仕えている。彼らは世界支配権を確立し、大衆を奴隷化することを目的としている。政治的シオニズムは、彼らの計画の重要な一部分である。  ユダヤ民族は、なにが行なわれようとしているのかまったく知らされていない。彼らは、いわゆる指導者たちによって一杯喰わされ、欺かれ、騙されてきたのである。その結果、ユダヤ人と非ユダヤ人は欺瞞による破壊の準備をしている。  プロトコールはすなわちタルムードの実現である。タルムード(管理人注:実際にはゾハール)はユダヤ人のキリスト教徒に対する憎しみの根因であり、プロトコールキリスト教徒世界の破壊計画を示している。  イエスは、彼の時代にラビたちとサンヘドリンと闘った、そしてわれわれは今、彼らと闘わねばならない。サンヘドリンはユダヤ人に敵意を抱いており、国民一般の脅威なのである。  ●サンヘドリンは国連をコントロールしている  サンヘドリンは、彼らの目的を達成するために、あらゆる種類の悪行に訴えようとする真偽の疑わしいユダヤ人指導者たちの秘密世界組織である。彼らは、個人を破壊し国民を隷属させるために、同胞に対しては同胞を、国家に対しては国家を対峙させようとする。  イエスエルサレムの神殿から両替商を追い払ったとき、イエスは彼らの不正利得に対する重大な干渉を行なった。そのためにサンヘドリンは、罪をでっち上げ、イエスをローマの敵として処刑した。パレスチナは当時、ローマ帝国の一属州だったからである。  サンヘドリンの代理人たちは、いくつかの例外を除いて、あらゆる国々で強大な地位を占めている。彼らは、ヒットラーが突然攻撃してサンヘドリンの犠牲者たちを滅ぼすまで、ドイツを支配していた。サンヘドリンのメンバーの幾人かは合衆国あるいは英国、そして他の国々に逃れた。  プロトコールは、人生において「黒い汚点」をもつか、もしくは「パナマ帽」を被っている人間のみを高級官庁の役人に選ぶと述べている。「パナマ帽」とは金融スキャンダルのことである。ルーズヴェルトは人生において多くの金融スキャンダルを経験していた。  サンヘドリンはまた、ロックフェラーによって創設された国際連合をコントロールしており、国連は国民に対する永遠の脅威である原子爆弾をコントロールしている。国民は、金融泥棒たちが非常に強力になることを容認したために、みずからの生命を危機にさらしているのである。金融泥棒から権力を奪回しようとする国民の試みは、疑いもなく、爆弾の使用という回答となって返ってくることだろう。たぶん太平洋における使用〔日本への投下〕が、のちに国民が経験することになるかもしれない唯一の前兆であろう。  文明は消滅するのだろうか? それは、なにが起こるか次第である。もし国民が降伏し、敵に城を明け渡してしまうなら、彼らは生存を許されることになろう。もし国民がみずからの権利を主張するなら、彼らは疑いもなく一掃されてしまうことだろう。名うての古老グループのような金融泥棒は、降伏よりもむしろ死を選ぶかもしれない。彼らは権力を放棄することを恐れている。自分たちの悪政と邪悪な行為の因果関係に、彼らは恐怖を抱いているのだ。その一方で、彼らは国民を啓発することになるかもしれないすべての情報機関をコントロールしている。  共産主義は金融支配者にとって脅威ではない。それは金融勢力の道具である。共産主義者は国民を混乱させるために使われているのである。金融泥棒がもはやコントロールできなくなったとき、水門は開けられ、無政府状態が演出され、市民戦争または革命が共産主義者と反共産主義者をともに滅ぼしてしまうだろう。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。