iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

今からご紹介しますが、

まず自らの体調や精神を整え、様々なコントロールから脱しましょう。そしていま実行されているテクノロジーへの理解を深めましょう。

簡単に申し上げると、ニュートン力学の世界から量子力学世界にずいぶん前から移行しており、微細で世界の性質が変わるボーダーラインを過ぎたところの話なのです。

これを理解すると、電離放射線放射能や電磁波被害)がどの部分で作用するかを理解でき、適切な対処を施せ、全ては音(波動、周波数)で成り立ってもいることを理解できるようになります。思念も波動であり、特定の周波数をもちます。つまり、あなたは自らで自らを変えたり、意識的になにかと音叉のように周波数同期することができるようになりえます。また、その本当の意味合いを理解できるようになります。それは聖書などでほのめかされていた世界かもしれません。更に紀元前の古代に目を向けるようになるかもしれません。また、大(宇宙)も小(原子など)も同じであるという世界観を持つかもしれません。

しかし、現状なにも知らない人たちを騙し自己コントロール下に置かないと不安でしょうがない隠蔽人たちが多数おります。

私は基本的に一方的に押し付ける全てを信じません。名前も顔も知らない人のなにを信じるというのでしょうか?他人の声を使い、常時切り替え、中身はコンピューターだったり、脳波当てはめ現地語使用外国人だったり、社会的辺境員(自コミュニティから呼ばれる国境線対立者、または自己肯定不安定なそのあいの子)、またはカルトに騙されたかのような青年だったり、分断された蛸壺で命令に忠実な人たちだったり、ただ一般人を嘲笑いたい人だったり・・・。

あなたは悪いものがなにであるかこの経験から知りました。この体験をもって、より素晴らしい状態を追求する動機を持てました。仮に常時自らを乱すものが脳に接してくるなら、まずそのマイナス影響を最小限に抑え、プラスになるように常時自ら発する必要があります。簡単な遮断ができないあなたは、本当は幸せ者かもしれません。そこは1か0ではない、いき値を意識する豊穣で多様な組み合わせの世界で、物事の表面にとわられず相手をきちんと理解しようとし、全てを抱擁し昇華することが必要となる学びの世界なのですから。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。