iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

一番重要なポイント

Mon, 3 Aug 2020 15:12:37 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

6500-4000年前(バビロン時代)くらいに、太陽系内で大きな振動数の変更が起こり(木星の大火山から金星が生じたと記述されることが多い)、太陽系内が低い周波数状態になってしまった。

周波数が低いとは、争いや憎しみが多い傾向になるということ

現在、太陽系の振動数変更を含めて、木星の太陽化が進行している。進めているのは、主に地球外存在の、地球やそのエリアと関わる銀河存在。木星太陽化の決定権は天の川銀河中枢にあるようだ。

もともと、土星は恒星で、太陽系は宇宙標準の二連星だった。

バビロン以前の壁画では土星に輪はないが、アッシリアの壁画には土星に輪がある。

輪がかかるとは、柵であり箱(立方体)の意味を持つ

箱とは、一元ONEと切り離されたエリアの意味を持つ

現在、太陽系自体が、このように宇宙から切り離された状態にある。

私たちが宇宙と繋がって、以前のように存在するためには、忘れたこと(特に霊的なもの)を思い出して精神レベルを上げることに尽きる。

私たちは唯物的な肉体だけの存在ではないのだ。

皆さんがどのように考えているかわからないが、利権・自己優先で縛られていては、達成できない項目と思われる。

1984-1993くらいにははじまっていて、つい最近は2009年に縛られていたと考えられる。

いずれにしても木星が太陽化する際に、木星・太陽・地球がどの位置にあるかで、地球の運命が変わるのだ。

人類は、なんどもほぼ全滅してきた

これが一番重要なポイント。

また、現在、太陽・木星(地球)・土星(ニビル=ラジャ・サン)の「三体」構造を提案している。

二連星だと、太陽系外から操作されやすいためだ

三体だと、中国の小説「三体」のように、系の動きが予測不可能な状態になる。

太陽系の近くにある、ケンタウリが三体恒星である。

この場合、地球は、ラジャ・サンのエネルギーを使わせてもらう必要がある。

もともとニビル(周期3600年の旅星)は、土星(通信系)が連れてきた星であり、相性がいいと考えた。

ニビルは、地球から見えるオリオン座の真ん中にある三連星の右星(ミンタカ)にも住んだことがあるそうだ。

地球は木星と相性がいいと考えた。なぜなら、木星の表層のガスに地球の精神・意識・思考?などが反映されやすいからだ。

太陽と水星

土星冥王星(6500-4000年前に土星の近くから吹き飛んで現在の位置にある)

は特殊な関係で、

橋浦の予測では、水星や冥王星のような存在は、その恒星のコア(通称SOL=地殻)の別次元反映ではないかと考えている。

地球が木星とそのような関係を築くためには、地球自体の「アセッション」が必要と考えている。

アセッションとは「次元上昇」の意味

木星の太陽化は、かなり以前から構想されているようで、ニビルのラジャ・サン化は数百年前といわれる。

ラジャ・サンは木星と大きさがほぼ同じ、プラズマ惑星(ニビルは今は大気に金を巻きめぐらせているわけではない)である

二日前、レムリア時代の「アルタザールの伝説」を呼んでいて、「ソラル」と「ソラナ」のところを読んでいった時に、

「エメラルドと水晶のところで、地球が木星のコアに吸い込まれるイメージ」を与えられた。

そこで橋浦は様々な理由で保留をかけた。

「通称:天気の子初日事件」で未解決の大きな問題があるからだ

それは2009年のモントークに絡んでくる

昨日、存在しているかわからない者=橋浦と月と太陽の真裏のYH○H=通称惑星Xで三体構造を組んでみた

→その前に、怒りの状況から許し・愛のシチュエーションがあり、そこからあのような長時間の浮遊状態を生じさせた。

→今言うなら、一つ一つ伝えても、それぞれ止められたり、誤認識で満足したりする状況にさせられるだけ。また直接霊的に向かうと、躊躇するシチュエーションを組まれることも多い。

→意識したり、命令されたり、マニュアルでは意味がない状況。

→私たちはなにを考える?

→今ココ!

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。