iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

まとめ

・「自らをどこまで信じられるか」だけでも辿り着く

・あなたは「根源の光(大元の光、最初の光、T1)」の中にある

・カルマの解消が「霊体」としての自らの力を存分に発揮する

・霊は素直。「もうご飯だよ」といえば帰る。

・霊体は電磁でもある。カタチはあなたがそう思っている反映。

・光は電磁波でもある。エネルギーでもある。粒子でもある。

アストラル体(感情体)、肉体、(エーテル体)のみを悪用できる存在がいる。他の霊レベルには興味を持っていない。

電気が流れる線で区切ったと"みなした(みなされておしつけられた)"場所を「電磁界」と呼ぶ場合がある。通常は「電磁場」と呼ぶ。社会は「電磁界」を法律の及ぶ範疇とみなしていない。

もし「区切る」のが常識なら「脳は区切られた電磁場(界)」でもある。つまり区切るなら、愚かでも思考は自由なはずである

。何者かに制限される必要がない。それでも邪魔する場合は、相手は「支配」をしようとしていることになる。「支配」とは、光で言うなら、相手を干渉光の影響下においていることともいえる。あなたは自らを物質でとらえる習慣に慣れているだけに過ぎない。

また、あなたは区切られた空間とみなされる場合がある。体の一部が空間や星にみなされる場合もある。おおよそ私たちとはそのようなものなのだ。また可視光範囲に見えなくとも根源の光や銀河の光の影響下に私たちは存在している。

私たちは自らを光エネルギーとして自己規定しており、私たちはおそらくそこで何かを学んでいる。魂がない器の中に入れた特定の周波成分(または特定の形、部分的振動の思い込み反映)への切り替えでは、単なる虚ろなプログラミング体に変わる。

あるレベルにおける存在の仕方では、現状より霊的存在の仕方が一段以上下がる。私たちはそこにいかなくてよい。無自覚にシステムを受け入れて一段下がらず、本来現状より一段上がるべきなのだ。その要にカルマの解消があり、霊的知識を深め、愛(アガペー)と自己犠牲(それは自分以外を守る覚悟)だ。

閑話休題

そもそも磁場(グリッド)を区切る・区切らないも自由なはずである。あなたが愚かでないなら、ヒト意外にもさまざまな存在とつ

ながることができる。また、ハーモナイズとは相手(受け手のあなた)が許可しないとつながらないはずだ。音叉の周波数振動のみによる共鳴とは違うもののはずだ。どこかで認知誤認(自ら許可を与えている)をさせられていることになる。または、あなたの愛着人物および愛着環境物に勝手にキス(周波数的にくっつけている)ことになる。

ひどいと通称”おれたち”状態(電磁的エンゲージメント=変化名:結婚)にさせられ(これの本来はこの銀河を囲むリング通過の80年間(13000年周期)=聖方位に合わせた冬至の光)に起こる、大きな霊的設計変化が可能な光の時間帯で、レムリア的に言うならANとみなされる双子のような相手と組むことが望ましいやり方のはずだ。それは自らを押し付けることではないはずなのだ。現代を生きる私たちがなぜ全うなやり方をさせられていないのかは、どこの「現実認識」からみているかによるのかもしれない。

2006/12からは、生存の「赤いレンズ」でみせられている。それは一番低いところなのだ。しかし、1912、1972年を見るに、私たちは最後の賭けをしているとも捉えることも可能だ。それは二元的往復の中でしか産み出せない、ある時期までに奇跡的なありかたを生じさせなければいけなかった過程でのぎりぎりのあり方だったのかもしれない。この見方はほとんど誰もしていない。いたとしてごくごく本当の少数だ。それぞれがそれぞれのありかたをしていただけである。

閑話休題

あなたは質量のないエネルギーである

さまざまなものとつながる、つながらない

あなたが普段意識していないだけなのだ。意識して行うとあなたと思い込んでいる誰かがあなたの意識の先に飛びつく場合がある。意識するとはあなたが主体的でなくても繋がることができる。もしつながることを邪魔してきたら、その邪魔をする(区切る)ことの許可を相手は自らに許可していることにもなるので、容易にあなたは対処できるはずだ。恐怖・憎悪などの波動が外部に影響するのが問題だとするなら、脳磁場を区切ったとみなし、喉チャクラをオフにすればいいだけなのだ。

まずこれを理解し、ここから本来のあり方の理解へ移行し、本当のワンネス的一体性=それは素直な存在の仕方で、他者(ワンネス的全体自己)奉仕のあり方こそが全てを輝かす道だと理解すること。さらに自己犠牲でしか辿り着けない領域があり、あなたはそこでなにかを理解していく。そのためにできる範囲から普段知識を深める必要がある。それは今なのだ。物事は難しくなく、ただ見えにくい場所にいただけなのだ。

その場所とは、植物の葉が光合成のためになぜか光合成率の高い緑色以外の光を活用しているような話で、別にたとえるなら、外部発信が苦手な日本が、発信の喉チャクラ(富士山)を抱えているような話でしかない。わかりにくいかもしれないが、私たちは、女性螺旋と男性螺旋両方を機能させて「筆記体の小文字の形「i」(虚数を通過する)」に達するエネルギーを発することが可能。それはそのエネルギーの奔流こそが、自らという「強い自発光(最初の光)」になる要だと考える。

その(相反する二重)螺旋の交差する場所(糸の網目=タペストリー)に、三次元に居るときだけ「○」を置くことができる(らしい)。三次元以外では交差がずれるらしい。私たちという存在は、○にいるのだ。ここまでくれば、私たちは、どこで、その特性を生かし、なにをすべきか、もはやわかるはずだ。ここでしかできないことを行えばよい。そしてどこに向かうべきかもわかるはずだ。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。