iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

現在

電磁物質をBMI&コンピューターマッピング的に、後頭部延髄(盛り上がっているところに配置し)、疑似タイタニック(疑似思考洗脳被せ)を行おうとしている

自らを疑えない人は、衛星経由コンピューターから送り込まれたデータを自らと誤認するかもしれない

また、大きな環境音に反応し、周波数を自動変更した。

そうやって、外部コントロール環境になにも問題がない対象を置き、嘲笑っている

昨日は、自衛隊員が糞で(家に入った瞬間Dewで周波数変更のための電磁波を何重にも撃ち込んできた)、そこに偽ユダヤや在日ゴロツキ、イカれ人体実験者が絡んだ。 

延髄に遠隔で強磁性体を配置する税金使用者を社会はどう考えるか?

また、2014年まで、誰一人逆らわず言いなりだったから、このような方向性になったと連中は述べた

さらに言えば

中央は言いなり、地方は抵抗しると述べた

九州のドンファン変死はこれ柄みだと推測する

また、dew撃ち込みの衛星操作者は、自らが斥候のような前線人員になったら、なにもせず裏切り、このように被害を拡大させた

首にあばら骨を上げ、首周辺にためたCaを伸ばし、耳後ろの骨に接合しようとしている。放置していると、骨芽細胞を利用して骨化しようと目論んでいる。そうすると、電磁波受信アンテナとして頭部から、耳後ろ斜めツボ、また延髄に伸ばした筋肉のような骨芽そこから背骨脊椎に連結し、心臓まで届かせ、いつでも殺害できるようにしてくる。

既に殺害予告を連日されており、犯人は欧米日の軍・警察・消防・医療・研究者・世界を志向する大企業、政府である

また、偽ユダヤは自らをみてわかる通り、社会の辺境者を利用してくる。具体的には在日朝鮮人、エタヒニン、海外からの留学者、またテレビなどに出ている外国人、借金者、生ポ受給者のポイント取得、派遣、政府から金が入る大学生、金がほしい研究者、地下研究者、退役研究者、NWO支持研究者、メディアの裏はロスチャイルド系、戦争・医療利権裏はロックフェラー、創価学会統一協会ゴロツキ人員、芸能系媚売りバカ

騙されている者も多くいるが、大抵特別意識を醸成されたゾンビであると言える

特に偽ユダヤのタルムード、旧約聖書が、歴史上エジプト・メソポタミア・インダスを砂漠化した連中にプログラムされたゾンビであり、エジプトは記録を必ず残す文化にも関わらず、ユダヤのエジプト大脱出は記録になく、恐らく当時のユダヤ部族連合の説話の寄せ集めである旧約聖書が自らを大きく見せるため書かせたものに過ぎない。そもそも当時唯一の神などいなく、部族の長を神=部族神にしていたに過ぎず、その前は多神教を奉じており、一神教に変えたら、それまでの多神教最高神をハエ=ベルゼバブ扱いし落としまくったような感じである。また途中から、国際状況的にユダヤ教に鞍替えをした国があり、その国が「神に選ばれた民族(=土地を約束された民族(時期確約なし))」ばかり強調し、それか現代のドイツを中心にして各地に散り、現代がある。その後は現在の衛星脳誤認洗脳と同じく、自らの姿を隠しシナゴークで破廉恥な集会を開き、自らの罪を魔女に着せ魔女狩りをするという暗黒の中世を形成し、フランス革命前は、キリスト教の神父と修道女を裸にし無理矢理性的結合をさせ縄で縛り川に流したり、大広場で人間をフライパンで焼いたり、キリスト

教白人を食するとDNA的に優勢になると信じこみ、幼い子供を拉致し、血を抜き、自分達こそ神から地球を支配管理を任された人間であり、それ以外は人間ではないから土葬せず、粗末に井戸や山に捨てそれがみつかり、ユダヤ追放が繰り返されるという歴史を持っている

自分達のカルトを完遂するため、歴史的には王族・貴族・銀行・情報産業に入り込み寄生し、そういう全てが、現代においてもみずからの姿を隠し、他人を盾にし、平気で嘘をばらまき、相手を乗っ取り、意のままに動かそうとする全てに、連中のテンプレート行動として現れている

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。