iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

ニューラルネットワーク(視野からの画像判定技術。脳接続された多くの人は、初期から、自らの視野を通して連中に視野映像を覗かれている可能性が高い。意識は視野内の一部にしかフォーカスしないが、この技術は焦点があたらない周囲までクリアに連中の受信機に写せる) 

この技術は、設定すれば特定の身体パーツや文字を優先的に脳に送り込むことができる。嫌がらせなら、女性の胸部や下腹部。また特定の価値観を元に、視界に映り献立人物の美醜を「ブス」「カワイイ」「デブ」などに分類し、ニューロフォンネットワーク上に流し込む。それで地位ある人物の評判落としに利用してきた。

橋浦満広がどの価値観を元に、美醜判別をしているか独自に探ってみた

ニューラル以外の通常のコンピューターは、金貸し偽ユダヤが優位になるようにプログラミングされている

ニューラルの場合は、どうやらマスメディアでよく利用される典型的顔基準のようだ。本人の脳シグナルに依存しているとは限らない。なぜなら、本人がボーッと見て通りすぎているだけでよく見ていないのに、ニューラルの判別性能がよすぎて勝手に美醜判断する上に、更に過去の判別記録からピックアップしているだけに過ぎない場合もあるからだ。 

そもそも全ての場合においてはじめに「ブス」と入れ込む。本質的に本人は関係ない。本人がなにも考えてなくても悪意のあるオペレーターが最初に「ブス」て入れ込むだけで、延々参照されるからだ。またとらわれればとらわれるほど、ディープラーニング的に情報に「w」=ウエイトづけされていく。蟻地獄に陥るのだ

一般的なマス価値観である

そもそもどっかのアイドルグループの真ん中が「私はブスである」と強烈に自己認識している状況で、私カワイイもクソもないのである。色んな人の話だが、自分の顔をずっと見ていると慣れて可愛く見えてくるのである。そこには可能性がある。またはだかになると誰もが可愛くみえるらしい。そもそもみんな視野がボヤッとしながら生きているのである。子供生まれて全然違うやら、眉毛がどうとか飽きていて!女は可愛くてしっかりしているのに、旦那はなんともなよなよしてアトピーで肌掻いている、なんでその人が彼を選んだかわからない場合もあるのである。五体不満足の場合もあるのである。

俺の場合は、金なし正規仕事なし、理由なき社会的圧力。自分から誰にも近づかない。むしろ最初から近づけません。199712から誰も信じないものを信じています。いまそれが花開きそうですな感じの人です

よろしくどうぞ

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。