πνευμα (プネウマ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

日米欧霊長類鬱研究者の

「(脳研究者の)意思決定機関に聞かなくていいの?」

件のはや回し音声で責任回避及び在日実行団体グループに責任擦り付け

「連中」というよく使う代名詞を、橋浦満広に適用し、「よくやった」と遠隔攻撃実施

皆さん既にお調べの通り、穴堀脳研究BMI団体が深夜の実施実行犯罪者

御用でお願い致します

逮捕という意味

研究費欲しさの悪魔信仰者

炭の中には地磁気が含まれている

くるぶしに炭をあてる行為は、動物が自然に自分の体を治していくのと似ているらしい

また、木材への振動は人間の体が反応しやすい。

故に、良くも悪くも使える。環境の周波数を変えたいなら、壁や床に音叉などを鳴らすのもありだ

更に言えば、炭へ音叉の根本を当てた振動は、地磁気を含んだ振動になるらしい

このへん

また、頭、耳の先、耳穴近くの突起、後頭部や背中上部の突起をアンテナにし、生体電流をコントロールしようとしてくる。耳穴や首横穴から身体内部に侵入してくる。

ゼロ磁場カードと活性化水素が即座の対応に役立つ

しかし、水素は記憶を消去する力もあるらしい

また、その人が忘れやすい音周波数もある。

また風呂場の周波数に調節して周波数侵略攻撃をしたり、腹部左側からの身体内水流を使って体内磁場をゼロにし、自分達の周波数攻撃箇所をバレないように隠匿したりする

いずれにしても相手に任せるような行為はしてはいけない。表面だけ、幼子や友人の声を模し、笑い声、音楽で気を許させ、実際は侵略・寵略し、知らぬ間のマインドコントロールを遠隔から手を変え品を変え行ってくる

あなたは誰にそそのかされたのですか?その人とは直接会いましたか?契約しましたか?脅しはくらいましたか?であれば訴えられます

フェイスブックなどのありかたをみてもわかる通り、ソーシャルネットワークには、「いいね」など識者は利用をためらうような様々な精神陥落手法を入れ込み、実験に使用している

やり口が一緒だ

1998から俺はそうだったのではなく、なぜ俺はこんなことを考えるんだという時がたまにあった

その頃俺は自分に向かい合っていたんだよ

一般大衆をダメにするような政治家のような思考が流れ込んでくることがたまにあった

自分達のものだけにしたいということだろう。これでイルミが自らの利権存在だけと確証

備長炭くるぶし全身自動調整(元に戻る力)に興味がある人は、ツッパル箇所にゼロ磁場カード当てて電磁波からの生体電流縛りを無効にしな

あと、恐らく比較的最初の方に、超次元的構図で全身調整とらえが入るから、それが一番の見所。自分の身体周波数をほぐしす周波数ストレッチして、全身に備長炭あてて全身の周波数を整えたときにでも、自分または信頼ある人と一緒にでやればいいと思う

今は、勘違いさせようとしてくるはず

一番単純な手法なのだが、ウォーターミストの音周波数に、コンピューター統計現在第一位になっている女性友人の声で「助けてください」と、オーストラリアが入れ込んだと、今の時間の脳声連中が漏らした

また、心臓周辺になにか「お絵かき」という電流網かなにかの設計を敷いている。ゼロ磁場で無効にできる 

更に言えば、通称「引っ張る」という言葉は、生体電流をワイヤーのように体にかけ、パナメイエビのように体を引っ張ったりする行為の模様。これらはヨーロッパイギリスアングロサクソン系ハザールユダヤイルミナティロスチャイルド系のやり口

連中から提示してきたやり口は一切実行するな

基本的には、あなたの体で一度体験したことを再利用することになっているようだから

ヨーロッパとアメリカのイルミナティに教える必要もうないよ。あと、それの参加者に

頭から首筋の中心線に電気縛りを入れて、効果がないようにみせかけたり、備長炭をくるぶしから外したときに、単純なリバース再現(逆再生)をかけたりする

連中は、自分達の医療・戦争利権のために、本当にある別次元をないように皆に思わせるようにしているとしか思えない

どのような意識、心づもりであれ、無意味で説明もない人体実験をこのような形でいつまでも継続していることに、ロックフェラーに対して軽蔑を隠しきれない

やめるタイミングで即座にやめるべきだった。

音叉をやるときは、ぷシューとイオンが頭蓋決の接着面から出ないように(開かないように)やった方がよい

05:52未送信

自分たちを訴えさせたくないだけ

なにも問題がない人たちを長年にわたり餌食にしてきたのはどちらさまでしょうか?

12:45未送信

直接音声を脳内に送るのではなく、なんらかの構造体なのか幾何学なのか、そういう中に言葉を入れ込んでバラバラに音を脳に響かせ、思考誘導する方法がある

イギリスは利用している

刺激ポイントは、前頭葉左端 右端

互いに分かっていたら暗号として利用でき、分からなければ思考誘導されるかな

くるぶしに備長炭着けて寝れば、電磁波的に悪質な環境でも熟睡できることが確認できた。

また、その状態でも脳コントロールする方法を連中は模索しており、肩に重点を置いて頭部の周波数コントロールを試してきた。ゼロ磁場カードを肩に当てることによって解決した

基本的に、連中通称アデノシンサンリンサン=食からのエネルギー化したイオンを肩などの筋肉やリンパや背中、首筋などの薄い部分を利用して、その量の調節で加害を企ててくる。

身体の凝り固まった周波数をほぐしたあと、備長炭での超次元治療を受けてきちんとしたあとは、周波数電磁波からの被害回復が早い

周波数が凝り固まっている人は、備長炭を当てても、気持ちが悪くなるだけである

骨格調整が入るからだ

きちんと低い周波数の音叉などでストレッチしてから、備長炭をくるぶしに当てたらよい