規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

BMIテレポーテーションをやられていたら、パートナーに乗り移って、BMI疑似○ッ○スされる場合がある

また、一度取得されたデータは再現的に再送信され、身動きとれなくさせられる場合がある

また他人に転送ができる

既に、ベトナムの惨劇を越えた。

第七脛椎を電磁波アンテナにしようと、引っ込めたり出したりする時があるので、自ら第七脛椎を下げるなら右回りに少し指で力を加えれば下がる

また、指向性電磁波被害者は塩とか電磁波防御や吸収するなにかを最低限ここにつけて自らの身を守りましょう

アメリカに転送するとわざと小さな声で聞かせた

15:41笑っている連中

アメリカの会社がした」と言った

会社名は述べなかった

「俺たちに理由はねえ」 といいのさばった(これは毎回BMIを壊し、その金で研究費をむさぼり、飲み屋でノートパソコンを広げ、ニューロやり口から誰か被害者の行為動画を嘲笑って仲間内で見せていた、自称財団、クレジットカードで飲み屋支払いの有名クソバカ。既に除名。キャラボイスではいまだに使用されている)を真似たいい口で

おそらくアメリカのせいにしたい、カバルヨーロッパユダヤみせかけ

海外のせいにして、責任逃れしたい売国系キャリア

橋浦満広のあばら骨左横脾臓ラインに延々と弱電流を流していた

気がついたので、盛り塩やゴムで止めた

「すぐお風呂に入ってきてください」と連中の叫び声が聞こえてきた

電流を止めたので、高齢者の血圧が急激に下がったようだ

連中は通称ピラミッドで、橋浦満広を高齢者に繋げていた

橋浦満広が「脾臓に電流を通したのを高齢者に転送してなにか良くなることがあるのか」ときいた

「良くなるものなんてあるわけない」と連中は答えた

彼らや、この協力団体、内閣調査室、自衛隊、公安、著名研究者全て、このままこの馬鹿げたことを継続し続けるのか答えよ

国会で質疑

国際裁判所にでむきましょう

毎度のこと、トランプ大統領のせいにしたい勢力でした〜

暗殺集団と自ら認めた時点で、連中の負けなんだよ。そういうゲームだし。もう全てが破綻したんだ。そもそもオランダが暗殺集団であると自白。2016/12からいる

CIA偽国際主義者と書いたらニヤケル人物たちでした〜

火消しいわもとのような在日はや回し声をわざわざ使う連中でした―

今は外人が十分なターゲット音声を集め、母国人のふりをする確率が高い

ここまでくると全てのまともそうな公や欧州諸国がグルで、共通点は、医者にしろ研究者にしろ警察、軍隊全て人の死が隣接しているつまり慣れているやつらばかりだといえる

腹が立つという理由で、頭部にBMIテレポ機器着けてきました。ピッという音をわざわざ鳴らしてきました。

これが彼らです

ニューロバカが俺と喋ったという理由だけで攻撃された

手法:心臓の鼓動が異常に速くなる

対処:あばら骨の間に指を入れ込み、その位置にBMI偽心臓がないことを遠隔コンピューターに認識させて偽心臓からの脳へのフェイク信号を解除する

ニューロフォン連中のところで働く=脳侵食が進む

仲間も食い物にし、うらぎりものにはしをあたえるを実行するタバル偽ユダヤ長老議定書カニバリズム殺害サタニストである

その命令下にある

これが公安である

ちなみにこれの幾つか前の投稿時に、同じ攻撃された。知らないものだけが脅える手法である。周波数同期でもある。

他人を苦しめる職場は、このように自らもされる

加害者を介抱したものは、「世界中からの攻撃」とかなんとか言っていたが、イギリスアメリカオランダオーストラリアが主であり、今回は日本の公安がしたと断言してよいと思う

友達やニューロフォンバカの中に、アトピーなやつがいるんだよ

友達は自分に自信があるが、ニューロバカの方は自分に自信がない?先日、肌上や肌細胞内の電子がドミノ状に奪われるから肌が炎症を起こす話をした。故に、電子を供給すれば、炎症が治まる可能性がある話をした。その際は、ゲルマニウムの話をした。ゲルマニウムは、電子が足りない部分に十分になるまで電子を一個ずつ供給し続けるからだ。治るとは断言していない。炎症は、酸化のプロセスの最終段階とも言えるからだ。それなら電子を供給すればいいのである。副作用のある薬を使う方がよっぽど怖い

ニューラルネットワーク(視野からの画像判定技術。脳接続された多くの人は、初期から、自らの視野を通して連中に視野映像を覗かれている可能性が高い。意識は視野内の一部にしかフォーカスしないが、この技術は焦点があたらない周囲までクリアに連中の受信機に写せる) 

この技術は、設定すれば特定の身体パーツや文字を優先的に脳に送り込むことができる。嫌がらせなら、女性の胸部や下腹部。また特定の価値観を元に、視界に映り献立人物の美醜を「ブス」「カワイイ」「デブ」などに分類し、ニューロフォンネットワーク上に流し込む。それで地位ある人物の評判落としに利用してきた。

橋浦満広がどの価値観を元に、美醜判別をしているか独自に探ってみた

ニューラル以外の通常のコンピューターは、金貸し偽ユダヤが優位になるようにプログラミングされている

ニューラルの場合は、どうやらマスメディアでよく利用される典型的顔基準のようだ。本人の脳シグナルに依存しているとは限らない。なぜなら、本人がボーッと見て通りすぎているだけでよく見ていないのに、ニューラルの判別性能がよすぎて勝手に美醜判断する上に、更に過去の判別記録からピックアップしているだけに過ぎない場合もあるからだ。 

そもそも全ての場合においてはじめに「ブス」と入れ込む。本質的に本人は関係ない。本人がなにも考えてなくても悪意のあるオペレーターが最初に「ブス」て入れ込むだけで、延々参照されるからだ。またとらわれればとらわれるほど、ディープラーニング的に情報に「w」=ウエイトづけされていく。蟻地獄に陥るのだ

一般的なマス価値観である

そもそもどっかのアイドルグループの真ん中が「私はブスである」と強烈に自己認識している状況で、私カワイイもクソもないのである。色んな人の話だが、自分の顔をずっと見ていると慣れて可愛く見えてくるのである。そこには可能性がある。またはだかになると誰もが可愛くみえるらしい。そもそもみんな視野がボヤッとしながら生きているのである。子供生まれて全然違うやら、眉毛がどうとか飽きていて!女は可愛くてしっかりしているのに、旦那はなんともなよなよしてアトピーで肌掻いている、なんでその人が彼を選んだかわからない場合もあるのである。五体不満足の場合もあるのである。

俺の場合は、金なし正規仕事なし、理由なき社会的圧力。自分から誰にも近づかない。むしろ最初から近づけません。199712から誰も信じないものを信じています。いまそれが花開きそうですな感じの人です

よろしくどうぞ

殺人犯公安を偽装した新規技術を利用した脳誤認識犯人がアメリカのせいにした

「国際主義者は、全員かっこつけてるに決まっているだろ」 と正直なことをいった

これはコンピューターである

日本の国際主義者の公安と沖縄BMIの仕業であると言える

なぜなら一旦ターゲットが決めつけたことをおかしくても利用しているからだ

また、事前に面白おかしい話題でムードを作り、その後このような乗っ取りを仕掛けるのがコイツらの常套的やり口である

面白い話は疑え

前提シチュエーションを