iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





関連記事転載:アルテイア 集団ストーカーライブラリー(スマホ版)2

意識を誘導させながら読ませてくるので、50:50の意識を保ってください。

利用されると、何度もリフレインさせてくるので

 

 

同期する意識の悪用の対処法

人間は、視線を合わせたり手を繋いだ人と意識が同期します。赤ちゃんと目を合わせると脳波も赤ちゃんと同期します。心が豊かな人と一緒に過ごすと元気になれ、ネガティブな人と話していると疲れるのもこのためです。

美しい自然の中には様々な自然波長の植物がおり、歪んだ脳波や意識を整える役割があります。動物とスキンシップを交わしても、心を落ち着かせるホルモンが出て安らぎます。

特定の周波数の電波や音波を人体に当てると、脳波もそれに合わせて変調します。ネガティブな人間の脳波を利用することもあり、テクノロジー犯罪被害者は、意識的に対処する必用があります。


実は古代から生け簀の様な狭いエリアで、奴隷や工作員を、集団で洗脳し黒魔術で精神を汚染して、敵国の重要地に送り込みその地域の人間の意識を汚染する兵法がありました。

精神汚染された人間集団というのはそれ事態が、黒魔術兵器の側面があります。退廃的で虚無的で意識が暗い人間ばかりに囲まれると、脳波や意識がそれに同期して囲まれた人間もネガティブになります。

生命力に溢れ意識が強ければ、逆にネガティブな連中にポジティブな影響も与えられます。ですが、生まれながら洗脳された特殊空間に過ごしていると、漬物の様にどっぷり洗脳に浸かっており、本人の意思がなければ再生は難しいです。

この意識の同期を利用した洗脳の耐性には、個人差があります。私は耐性がありましたが、それでも被害初期は大変でした。工作員が睨み付けたり、舌打ちをしたり、咳き込むのも意識を工作員側に向けさせるためです。(電波で一般市民を操作しているだけのケースもあります)

つまり、集団ストーカーの工作員の挑発に乗り相手に意識を向けてイライラするたびに、罠にかかり精神を汚染されているです。工作を無視して好きな音楽を聴いて、好きな本に意識を向けたりしている人は賢いです。

道端でも、工作員やほのめかしアイテムに意識の波長を合わせずに美しい植物やかわいい物に意識を向けてください。

人間関係もなるべく気が合う人で固めた方がいいです。加害勢力はこの手法を悪用し、ポジティブな人にほどネガティブな人間を結びつけようとします。

この仕組みを上手く使い、集団ストーカーとは全く関係のないポジティブな人たちとか関わり、自然の中を散歩して元気をもらってください。

集団ストーカー被害者は、末端工作に意識を合わせるのは時間と精神力の無駄と考えてなるべくエネルギーを保存して、本当に大切な問題に値からを使ってください。

定期的に自らの意思と脳波を整えるために、部屋を掃除して、心落ち着く小物を並べ、気の合う人とお喋りをして、趣味を持ち、美しい動植物に触れてください。

前向きになれる読みやすい本も、本棚にいれておき、スマホにも美しい安らぐ画像を保存しておいてください。ポジティブな気持ちになるほど、人生は好転します♪

関連記事転載:アルテイア 集団ストーカーライブラリー(スマホ版)

清算してください
必要な人への抜粋

 

被害者同士のほのめかし騒動の仕組み

集団ストーカー被害者同士で、「〇〇さんや××さんにほのめかしをされた! あの人は、偽被害者の工作員だ~。」という騒動がよくあります。特に、被害初期の方によくあるパターンです。ですが、基本的に被害者同士のほのめかしの9割は、加害勢力の電磁波兵器を利用した遠隔からの工作か、ただの勘違いです。


ほのめかし離反工作の仕組み

1.各被害者の分析データを元に、ほのめかしに利用できる洗脳キーを発見。
2.特定被害者を電磁波で洗脳、ほのめかしキーワードを無意識に書かせる。
3.別の被害者を電磁波で操作し、ほのめかしキーワードが記載された情報を見せ疑心暗鬼を催す電波でさらに洗脳する。

分析した結果、被害者同士のほのめかし騒動のほとんどが、これなわけですよ。双方電磁波干渉で無意識に操られて、猜疑心が強くなる電磁波洗脳も同時に行われています。

f:id:a_lethe_ia:20201118113417p:plain


加害者の離反工作の手口を知っておくことが大切

縁結びの神様というのが日本にはいますが、テクノロジー犯罪の加害勢力は、それぞれの被害者のデータを利用し、意図的に縁を破壊する工作を仕掛けてきます。仲のいい被害者それぞれのプロファイリングデータをもとに、離反工作を行いつつ、自らはばれない様に遠隔から演出を行っています。

ほのめかしについて、テクノロジー犯罪被害がある被害者は、格段にほのめかし被害に会う確率が高いです。何故なら、どのようなトラウマやこだわりがあるか、記憶を探られるからです。テクノロジー被害がなくとも、ネットはつねに検閲されています。加害勢力は、複数の被害者の情報を同時に収集していることを忘れないでください。

私の場合、ほのめかしと感じる情報を他の被害者のブログで発見したケースを振り返ると、大抵意味もなく急にそのサイトの記事が見たくなり、時には視線まで誘導されてそのほのめかしワードを確認させられています。
急に特定のキーワードを書きたくなったり、急に誰かのサイトを見に行きたくなってそこにほのめかしキーワードを見つけた場合は、相手に不信感を抱くのではなく、加害勢力に誘導されている可能性を疑ってください。

全ての被害者が、加害勢力の遠隔電磁波工作を知れば、騙される確率もぐんと下がります。皆さんも、他の被害者からほのめかされたと思った場合、この記事の内容を思い出してください。

実は、私はこれまで何度も「ウォーカーさんにほのめかされた」と怒られて、また、限りない回数、他の被害者のブログやツイッターに、ほのめかしと感じ取れるキーワードを見てきました。
ですから、誰かにほのめかしをされたといわれたり、反対にほんめかしと取れる内容を、他の被害者のブログやツイッターで見つけても気にしないことが大切です。

今はまだ、私のこの記事の内容が理解できない被害初期の方も、頭の片隅で覚えておいてください。


末端工作員のほのめかしの仕組み

日常の工作員のほのめかしには、実際に言動やアイテムを利用するものと、電磁波を利用し第三者を利用する者があります。
長く被害に会い気付いたことは、ターゲットに接近しほのめかしをする加害勢力の協力者は、そのアイテムやほのめかしキーワードがどのような意味があるかまでは知らされていない様です。つまり、多くの被害者は悪魔的な人間が悪意を持って、私生活のプライベートをほのめかしていると感じていますが、実際は、伝言ゲームの様に、犯罪の協力者が意味も分からず脚本を読んだり、渡されたアイテムを身に付けて接近しているだけなのです。経験上、工作員のほのめかしの8~9割はこれです。

芸能人が暗号メッセージの入ったTシャツをわけもわからず渡されたまま着用して、本人の意図せずに茶の間の特定の勢力にメッセージを送っているのと基本的には同じです。問題は、脚本を書いている連中です。

ごくまれに、明らかに悪意を持った本物の工作員がほのめかしてくる時もあります。その時は、証拠を取ることも大切です。それ以外の末端工作員のほのめかしは、完全スルーしてください。

特定動作を利用したほのめかしは、明らかに悪意が感じられる時と、悪意を持って加害行為を行っているか電波で一般人が特定動作を強いられているかわからないグレーゾーンの時があります。グレーゾーンの時は、全て無視しましょう。鼻を触る、咳き込む、特定のキーワードを歩行者に無意識に喋らせるなどは、全て電磁波で遠隔から可能であることを知っておいてください。

離反工作の手法を知り、場数を踏むと分断されることなく関係を維持できます。

テクノロジー犯罪被害者同士は、どうしても加害勢力の遠隔からの電磁波干渉により、何度か離反工作に会うことになります。その際も、喧嘩さえせずに冷静に対応すれば、いずれ仲直り出来ます。

怒りや疑心も電磁波で作られることもあることをあらかじめ知っておき、ぐっと冷静になり、時間を置いて電磁波干渉をされていることを踏まえた上でやり取りすると長く関係を気づくことが出来ます。ぜひ、離反工作の手法を知ったあとは、あまり気にせずに気楽に被害者の輪を広げてください。


補足資料

集団ストーカーの手法 その20 思い込ませ
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12565400614.html

集団ストーカーの手法 その11 COINTERPRO(コインテルプロ)
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12534757603.html

 

 

 

集団ストーカーに理解を示した人に起きる現象

集団ストーカー犯罪は、説明すると意外にみんな理解してくれます。ただし、この犯罪に理解を示した人に対してはある現象が起きます。その現象は、その人の知名度に応じて強まります。全く知名度のない人に対しては、この現象はほとんど起きません。

集団ストーカー&テクノロジー犯罪(極秘秘密警察システムと人体実験)に理解を示した人に起きる現象は、

①本物の被害者
②洗脳された本物の被害者
③完全にマインドコントロールされ、加害者の遠隔ロボットの様に動く被害者
④情報操作の下請け工作員
⑤プロの情報機関

①~⑤の人間がこの犯罪の理解者に対して大量に連絡を取って、好き勝手なことをいう現象です。

①本物の被害者の内、理性的な被害者は相手の立場を考え、冷静に連絡を取り相手が迷惑になる場合は、決してそれ以上深く関わらず潔く距離を取ります。

②洗脳された被害者の内、特に被害が酷くとにかくつらく誰でもいいので自分の被害を訴えたい被害者は、この犯罪を理解してくれる知名度の高い人を見つけると、自分の被害のつらさを訴えます。特にテクノロジー犯罪被害者は、MKウルトラの被害者と同レベルの被害にあっていますから、かなり酷い状況に置かれています。

また、洗脳された被害者の中には加害勢力の情報工作を鵜呑みにして、それをまるで正解かの様に押し付けてくる被害者がいます。例えば、集団ストーカーは創価学会の総体革命だなど。これらを鵜呑みにして、洗脳された被害者に取り込まれ、間違った情報を発信し続けると、発信者の信頼性も失われます。

組織的な付きまといは創価学会もやっていますが、テクノロジー犯罪に関しては完全に軍・情報機関の管轄です。そして、この犯罪は世界的なものであり創価学会が単独で出来るものではありません。

テクノロジー犯罪は、国際連合人権高等弁務官事務所のサイトにも載っています!
https://syuusutomemo.fc2.net/blog-entry-434.html

テクノロジー犯罪の被害症状
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12581263795.html
※このような目に会えば、理性を保つのが困難なのはあたりまえなのです。被害者に悪気はありません。

③完全にマインドコントロールされ、加害者の遠隔ロボットの様に動く被害者の存在はあまり知られていませんが、遠隔からプログラムされたとおりに動いてしまいます。ほとんど遠隔ロボットと同じ状態です。部分的にまるで憑依されたかのように人間が変わり、工作員の様な情報を発信する被害者の方もいるため注意してください。本人に悪気がある場合と、無い場合があります。

④情報操作の下請け工作員
こちらは情報機関の下請け企業などが行っていると考えられます。
大体、パターン化された情報工作を、集団ストーカーに理解を示した人に吹き込みます。それも、自信満々に大嘘を吹き込んでくるため、情報リテラシーが無いと騙されてしまいます。

⑤プロの情報機関
知名度がさらに高くなると、プロの情報機関の本格的な情報工作が始まります。被害者の中で、認知の歪みを引き起こした洗脳された被害者を集団で遠隔操作し、相談させたり、理解者に負担を高め、集団ストーカー被害者にマイナスの印象を持つように、かなり戦略的に洗脳を行います。

統合失調症のふりをした偽被害者工作員が、永遠と相談の電話をかけることもあります。そうして、集団ストーカー被害者=正常ではない人間というイメージを刷り込み、あわよくば集団ストーカー=統合失調症というデマを拡散させる自覚なき協力者に改造しようとして来ます。

影響力が高い理解者に対しては精神工学兵器が使用され、この犯罪に興味をこれ以上持たないように記憶に干渉したりデマを脳に送り、正確な理解をさせないように仕向けることもあります。

私はたびたび、頭のいい理解者が始めは正確な分析をして情報発信をしていたのに、スイッチが入ったかの様に急に集団ストーカー犯罪の存在を否定し始めたり、明後日の方向の間違った分析をする場面を見ました。人によっては、これ以上この案件に関与するなと影の政府からメッセージを受けて、自粛することもあるかもしれません。

集団ストーカー&テクノロジー犯罪に理解を示した人に起きる現象を分析すると、
知名度と影響力が大きい理解者ほど、高度な情報工作が向けられる
②洗脳された被害者や情報工作員が、集団ストーカー犯罪に対して、間違った情報を自信満々に吹き込むため、意外と騙されてデマを信じてしまう理解者が後を絶たない
③加害勢力は、あわよくば理解者を洗脳し自覚なきデマ拡散要員に改造しようとする

これらの対策としては、情報リテラシーを身に付けた上で、自ら調査し、真相を見極めるしかありません。くれぐれも、自称被害者が自信満々に吹き込む内容を鵜呑みにしないでください。

集団ストーカー被害者から連絡が来た時は、
①本物の被害者
②洗脳された本物の被害者
工作員

の3パターンがあるためご注意ください。
見分け方は、アカウント名、プロフィール画像、フォローしているアカウント、最近のツイートを見れば大抵わかります。ちなみに、多くの被害者には集団ストーカー=カルト=創価学会という洗脳アンカーが埋め込まれているためご注意ください。

私は、集団ストーカーに理解を示した人の内、影響力が強い人に対しては、被害者組織の代表がメッセージを送るのがいいのではないかと思います。
膨大な数の被害者が一斉にメッセージを送って好き勝手なことを言ってしまうと、どちらが集団ストーカーかわからなくなり大きな負担を与えてしまいます。

とはいえ、集団ストーカーの被害は酷すぎます。特に、被害初期の方の暴走は仕方がありません。私も被害から数年たつまでは、誰よりも暴走していろんな人にメッセージを送ってご迷惑をかけました。ですが、少なくとも安定期に入った被害者は意識的に、相手の負担になるメッセージを繰り返し送るというのはやめるべきです。私も繰り返し失敗して、ようやくそう思うようになりました。


一般読者の方々へ

集団ストーカー犯罪に理解を示すと、影響力がない人にはほとんど何も起きませんが、影響力に応じて上記の様な現象が起きることをあらかじめ知っておいてください。そして、私がそうであったように被害初期の方に例え暴走したメッセージをもらっても寛容な心で接してあげてください。そして、負担になるアカウントや、明らかに常軌を逸したアカウントは、気にせずにブロックしてください。

大抵、その被害者がどんな人物かは少し調べればわかります。信頼に足ると感じた被害者とのみやりとりをすればいいと思います。私としては絶対に避けたいのが、集団ストーカーに理解を示した人が、情報機関の工作に騙され、集団ストーカー被害者のイメージを破壊する情報発信を行う無自覚な加害の協力者に改造されてしまうことです。

これだけは何としても避けたいのです。ですから、上記の仕組みを知っておいてください。お願いします。
最後に、集団ストーカーシステムは数日調べて分かるものではありません。軍・情報機関の極秘プログラムが関与しており、ネットの情報も操作されています。

本気でこの犯罪を知りたい方は、情報リテラシーを身に付けた上で長期間調査する覚悟が必要です。

集団ストーカー テクノロジー犯罪 関連サイト 
https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12492410188.html

 

 

 

米国の集団ストーカーを知ろう

日本の集団ストーカーを一通り調査したら、次に米国の集団ストーカーを調査してください。特にテクノロジー犯罪は、戦後に米国から輸入された可能性が高く、日米のテクノロジー犯罪ネットワークは繋がっています。

※電磁波兵器は、第二次世界大戦中に、日本を含め各国で試作品が作られました。

その次は、英国、ドイツ、中国などの集団ストーカーを調査してみてください。そうすると、どこの国でもディープステートと繋がる軍と公安部が主犯であり、そこに宗教団体、対テロ組織、マフィアが協力しており、秘密警察ネットワークの要素が強いことがわかります。

アメリカや世界中の集団ストーカーを知ることでこの犯罪の本質が見えてきます。

TARGETED JUSTICE
https://www.targetedjustice.com/

集団ストーカーは、米国横田幕府と日本政府(日米の奥の院共同管理)の共同植民プログラムなのです。CIAやNSAは、日本でも大きな役割を果たしており、自衛隊も米軍に組み込まれています。

海外の被害者サイト
https://aletheia.hatenadiary.jp/entry/2020/11/18/101154

世界支配層は、人工知能世界政府樹立という目的があり、そのシステムを組み立てる部品となるデータを得るために多種多様な人体実験プロジェクトを作り、各国で行っているのです。

集団ストーカーシステムを所有する王公貴族連合の目的を知らなければ、集団ストーカーだけ見てもこの犯罪の本当の答えはわかりません。

各国の集団ストーカーシステムは、世界政府樹立後融合され、世界政府の秘密警察ネットワークになる予定であり、同時に全自動市民監視&管理洗脳システムになる計画です。

 

 

 

 

 

アルテイア

集団ストーカーライブラリー(スマホ版)

集団ストーカー ライブラリー 目次

f:id:a_lethe_ia:20200924214454j:plain


屋上:リンク

ウォーカーのブログ

日記&メモ帳

生存確認日記

集団ストーカー テクノロジー犯罪 関連サイト

海外の被害者サイト

アルテイア パイロット版 目次 

 

f:id:a_lethe_ia:20200924213935j:plain

 

5F:資料集

参考書籍

資料の取り寄せ方

情報収集

集団ストーカー 小冊子 もくじ

職業訓練 各種支援制度

集団ストーカー 動画資料 (一般人向け)

Speech draft on Targeting Program in Japan

 

f:id:a_lethe_ia:20201028222213j:plain

 

4F:皆さんへのメッセージ

この世の希望は、行動する私たち自身

世界中の集団ストーカー被害者は、もはや戦友

0を1にして人と繋がる大切さ

世界はかわらず美しい

 

f:id:a_lethe_ia:20201125234826j:plain

 

3F:健康管理

健康管理

洗脳対策の本

集団ストーカー被害を生き抜くコツ

頭の中を集団ストーカー問題でいっぱいにせずに、バランスを取ることが必要

脳機能のくせを用いた苦痛の緩和方法

同期する意識の悪用の対処法

敵を作らずに、協力して生きよう

インプットする情報は、美しく前向きに

 

f:id:a_lethe_ia:20201125234805p:plain

 

2F:テクノロジー犯罪

テクノロジー犯罪(Cybertorture) とは

テクノロジー犯罪の基本構成要素

テクノロジー犯罪の目的

テクノロジー犯罪の分類 人体編

テクノロジー犯罪の詳細 その他

指向性エネルギー兵器(DEW)

テクノロジー犯罪の被害症状

あなたがテクノロジー犯罪を受けているかどうか

テクノロジー犯罪の被害にあっていると分かったらどうするべきか

テクノロジー犯罪被害者が、最初に理解するべきこと

テクノロジー犯罪に関して、正しい認識を持とう!

テクノロジー犯罪被害者は、統合失調症ではありません

テクノロジー犯罪の複合レイヤープログラム

ボディスキャンによる定期的な自己検診

テクノロジー犯罪の本質

電磁波兵器の様々な使われ方を、知っておこう

電磁波兵器の戦術と対策

遠隔的生体監視

思考盗聴システム

音声送信攻撃

肉体の遠隔操作

遠隔レイプ

職場でのテクノロジー犯罪と対策

精神工学兵器 (サイコトロクス兵器)

人工衛星からの監視と電磁波攻撃

ケムトレイル攻撃

ナノ兵器 入門書

遠隔洗脳の護身術

夢送信の対策

脳へのデータ送信の対策

等身大のテクノロジー犯罪被害者

本物のテクノロジー犯罪被害者に会い、初めてわかること

肉体の遠隔操作被害を乗り切るための心構え

テクノロジー犯罪は、時間がたつ程深刻になると早期に理解しておく

電磁波兵器は、家族やペット、知り合いにも向けられる

テクノロジー犯罪被害者のご家族へ

未成年に対するテクノロジー犯罪

テクノロジー犯罪の人体影響の証拠を取る

本気でテクノロジー犯罪の防御をするために必要なもの

テクノロジー犯罪の防御 基本編

電磁波攻撃の防御方法

電磁波と磁気の防御素材

電磁シールド

放射線攻撃の防御方法

音波攻撃の防御方法

音響兵器の証拠取得

思考実験 小人とミニチュアシティー

電磁波シールドルーム作成企画

テクノロジー犯罪の技術鑑定書

戦術指揮統制システム(重要)

電磁波兵器に関する特許年表

テクノロジー犯罪の歴史年表(簡易版)

テクノロジー犯罪 用語集

 

※※※

元MI5科学者 バリー・トロワー博士の語る電磁波兵器 ※Dr.Barrie Trower

元台湾陸軍中佐アラン・ユー氏 「EMRマインド・マシン」についての報告

テクノロジー犯罪告発の先駆者 元米陸軍 ジュリアン・マキニー Julianne McKinney

マーティン・ボット(Martin Bott)氏の文献

マインドコントロールの拡張 浜田至宇 著

アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化 小出 エリーナ (著)

実験すると、本当に手がウズいた

 

f:id:a_lethe_ia:20200924215134j:plain

 

1F:集団ストーカー

集団ストーカー とは

集団ストーカーの被害の流れと 身に付けるべきスキル

集団ストーカーの本質は、侵略事業

警察ネットワークと集団ストーカー

米国の集団ストーカーを知ろう

 ・集団ストーカーの手法

集団ストーカー加害勢力の洗脳の流れ

誘導工作

サイレン音を利用した恐怖条件付け

転び公妨

技術監視装置の設置と対策

偽装侵入工作と対策

 害虫・害獣攻撃

被害者同士のほのめかし騒動の仕組み

集団ストーカーの情報工作は日米政府の情報機関

集団ストーカーの落とし穴

ネット工作と対策

末端工作員に対する対応

あらかじめ、最悪の事態を考えておく

集団ストーカーとヘリ 機体認識方法

自動車のナンバープレートから所有者の氏名、住所を調べる方法

パトカーや救急車の監視対策は統計学

一般市民向け 集団ストーカー被害者とのかかわり方

会社にいる集団ストーカー被害者との接し方

集団ストーカーに理解を示した人に起きる現象

正しい助けの求め方

見知らぬ他人の情報を、鵜呑みにしてはいけません

被害者イベントに、気楽に参加してみましょう

集団ストーカー犯罪の周知について

集団ストーカー 用語集

 

 

f:id:a_lethe_ia:20200924213944j:plain

  

 

 ※※※

 

f:id:a_lethe_ia:20201125235508p:plain

 

書籍購入画面

 

※アルテイア、ウォーカーのブログ、書籍「集団ストーカー入門」。この3つを読むことで、集団ストーカー犯罪の全容がわかる仕組みです。

 

※無断引用&転載&翻訳OKです。拡散希望

(商業利用の場合は、引用の範囲のみ)

 

 

メモ

聞こえる音声の場所の一つ

左耳下の細長い骨と左首横付け根の振動

▶両方を押さえて振動を止める

▶対策されるので手でないほうがいいかも

▶耳下ツボに右から左(逆)へエネルギーを送るイメージ

つうか、最近の傾向としてコンピュータは予測でテキトーに音を送っているだけだったりする場合が多い

座面

椅子とあたる座面の尻肉がスイッチになっている

座面骨と肉の間を乖離させればよい

明確に書かないのは、単純ななぞりやコンピュータ直登録を避けるため

典型的A型気質のあり方では、こういう場合マイナスになることがある。つまりテキトーにやって忘れていい。感覚だけに任せたり

始まりの地点を消すこと

Re:

あなたの意識の先にいるもの(あなたの友人やイメージしたなにかやお店で待っている命令実行者)にとりついたり、事前引き寄せしているようなので、

自画像でも与えること。見たくないらしい。

H.32/11/30 12:51、grateful-to-you@kvj.biglobe.ne.jp のメッセージ:

> 霊ゾーンでは 昔の人も生きています

>

>

再送信

本当のことに鎮座し、誤認を及ぼしているシステム上のことは、

システム積極参加者では、基本的に個々でデータ分離しており、あなたがその時に接していた担当にだけあなたのその時の行為が影響を与えたとみなすシステムを採用していた。今は不明。いずれにしても、あるレベルごとにデータをまとめ全部使えるものもいる。しかし霊体レベルでは別

H.32/11/30 12:51、grateful-to-you@kvj.biglobe.ne.jp のメッセージ:

> 霊ゾーンでは 昔の人も生きています

>

>

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?