πνευμα (プネウマ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

日米欧霊長類鬱研究者の 「(脳研究者の)意思決定機関に聞かなくていいの?」 件のはや回し音声で責任回避及び在日実行団体グループに責任擦り付け 「連中」というよく使う代名詞を、橋浦満広に適用し、「よくやった」と遠隔攻撃実施 皆さん既にお調べの通…

日本人研究者BMI 礼儀正しい

炭の中には地磁気が含まれている くるぶしに炭をあてる行為は、動物が自然に自分の体を治していくのと似ているらしい また、木材への振動は人間の体が反応しやすい。 故に、良くも悪くも使える。環境の周波数を変えたいなら、壁や床に音叉などを鳴らすのもあ…

フェイスブックなどのありかたをみてもわかる通り、ソーシャルネットワークには、「いいね」など識者は利用をためらうような様々な精神陥落手法を入れ込み、実験に使用している やり口が一緒だ

1998から俺はそうだったのではなく、なぜ俺はこんなことを考えるんだという時がたまにあった その頃俺は自分に向かい合っていたんだよ 一般大衆をダメにするような政治家のような思考が流れ込んでくることがたまにあった

自分達のものだけにしたいということだろう。これでイルミが自らの利権存在だけと確証

備長炭くるぶし全身自動調整(元に戻る力)に興味がある人は、ツッパル箇所にゼロ磁場カード当てて電磁波からの生体電流縛りを無効にしな あと、恐らく比較的最初の方に、超次元的構図で全身調整とらえが入るから、それが一番の見所。自分の身体周波数をほぐ…

イエスズ会が日本に来たときからだよ

一番単純な手法なのだが、ウォーターミストの音周波数に、コンピューター統計現在第一位になっている女性友人の声で「助けてください」と、オーストラリアが入れ込んだと、今の時間の脳声連中が漏らした また、心臓周辺になにか「お絵かき」という電流網かな…

ヨーロッパとアメリカのイルミナティに教える必要もうないよ。あと、それの参加者に

頭から首筋の中心線に電気縛りを入れて、効果がないようにみせかけたり、備長炭をくるぶしから外したときに、単純なリバース再現(逆再生)をかけたりする 連中は、自分達の医療・戦争利権のために、本当にある別次元をないように皆に思わせるようにしている…

音叉をやるときは、ぷシューとイオンが頭蓋決の接着面から出ないように(開かないように)やった方がよい

05:52未送信

自分たちを訴えさせたくないだけ なにも問題がない人たちを長年にわたり餌食にしてきたのはどちらさまでしょうか?

12:45未送信

直接音声を脳内に送るのではなく、なんらかの構造体なのか幾何学なのか、そういう中に言葉を入れ込んでバラバラに音を脳に響かせ、思考誘導する方法がある イギリスは利用している 刺激ポイントは、前頭葉左端 右端

互いに分かっていたら暗号として利用でき、分からなければ思考誘導されるかな

くるぶしに備長炭着けて寝れば、電磁波的に悪質な環境でも熟睡できることが確認できた。 また、その状態でも脳コントロールする方法を連中は模索しており、肩に重点を置いて頭部の周波数コントロールを試してきた。ゼロ磁場カードを肩に当てることによって解…

高い確率で、古代がらみの存在であると感じた

遠隔BMI者やV2K、NASAなどの技術者、エスパーなどではないことを断言する 遠隔BMIテレポーテーション者やそこにいた人たちにでも聞いてくれ

超次元医術体験談

別次元に存在がいる 宇宙人ではない 家畜のような虐げられた動物の周波数を嫌っている。 この次元に入ると、悪想念のような低い周波数は、恐らく存在できない。周波数ズレがたまって弾けるように消えてしまう 両踝(くるぶし)後ろ斜め上辺りに、備長炭を当…

中の人は全く別で、信頼感ある警官とか自衛官のかっこいいキャラクターボイスに騙される女性が多いと、以前脳声V2K(Voice to skull)連中は爆笑していたことを思い出した

誰もいないのに、どこかの国やなにかと仲直りしたようなストリートシアター(劇場型詐欺)を録音をし、録音データ再頒布して、声や雰囲気だけで人を騙そうとしている

宇宙でも使えそうだが、どうだろうか?

15:58未送信

備長炭は遠赤外線を発するのだが、風呂で体に当てると、周波数が乱れているところを簡単にみつけることができる。 また、仙骨の様々な乱れが、「ウサギさんの国」に連れていくという話があった(途中で話を止められた) 備長炭は2500円くらい 備長炭で周波数…

部屋ごとに周波数を変えて行き来するといいかもね また服は周波数浄化して身に纏うといいかもね

左脇腹は連中に言われてやった場所だが、 通称タケコプターと言って 頭部から身体外に渦を巻いて、自らの情報を周波数的に発信している状態になる可能性がある。身体の調子などをここから得ている可能性がある

役立つかもしれない周辺情報

備長炭の周波数は、950.96khz 人間身体にはリラックスを与える良い周波数とのこと また、普段身体に周波数調律の音叉などを当てたことがない人は、その振動変化に耐えられず泣き出したりする人がいるとのこと。慣れるために低い振動数の長い音叉からはじめる…

隠されていた超次元治療システム

備長炭使用 まず 風呂ででも身体に備長炭を身体各部に当てて身体周波数調律する。身体水分が、普段の電磁性質を覚えていて、身体を乱しているため 眼球や際(足や腕の付け根を周辺の皮を引っ張って調律)することも忘れずに。 その後、左足首外側くるぶし上…

連中がケムマキケムゾウ(ウメムラ)が、そこでの現場経験をもとにか、いつも精神的に綺麗な状態にいると述べた。そして、いつも「明日はハレの日だ」と念じていると述べた。 そこで何故か自分も 「明日はハレだ」 と良いイメージをしながら笑った そうする…

意識落とされてきた方へ

右仙骨と丹田に備長炭当てると、意識がクリアになります

恐らく、首から頭部へのイオンの充満、及び生体電流筋緊張で頭蓋骨のパーツを日中でも緩めている また振動周波数を足元から送って、遠隔周波数送受信同期及び操作データを送り込んでいる

俺は、なにか新しいテクノロジーなどに関わっていない 俺が追ってきたのは、宇宙やセカイの本質である。古代ともいえる。 電磁波や衛星など201612までしらない