iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





メモ:

光がエーテル構築物の材料になる

地球上の光と地球外の光は別物である。

アインシュタインの有名な方程式の、間違いはここにある。

長い間機密にされていた。

また光が無い状態もあなたはイメージできる。

ルネッサンス期のデカルトの有名な言葉

「我思う故に我あり」

我が思っている状態(思考周波数を発している)だけは存在していることが確実である。これを多様な切り口で思推するに尽きる。

「嘘に実在は無い」

であれば、嘘は嘘の思考周波数にだけ存在していることになる。

ここにいなければよい。それをはね付けて、それ以外に行けばよいのだ。

また押し付けられた言葉に入り込まなければよい。具体的にはわからなければなにも認可しない。二元論になる言葉を使わない。メンタル体が認識できない状態になるまで言葉をねじらせるのも一つの方法のようだ。

嘘を持つものが裁いても、嘘の中にいるだけになる。

意識が無いときに押し付けられたものは、あなたと同調(ハーモナイズ、ピラミッド、オリハルコン)したとする相手側の思い込みで成り立っている。故に、相手があなただと思えない状態を提示したり、比較親和性からの低減を提示すれば、相対的に不可だと相手は認識し解除することが可能となる場合が多い。

喉が発信基地なのだが、ここではあなたの喉が喉にあるとは限らない。誰の喉を使っているかもわからない。またあなたのイメージングが、そのまま利用されているのだ。つまり決め付けないまま、イメージさえ作らず、またあなたという存在さえないと思うくらいの状態こそがよい。

結局、あなたがいなくても はそのまま存在しているのだ。干渉しているのはなんだろうか?iは存在するのか、存在しないのか?iはあなた自身の信頼性(ありかた)に担保されると私は考える。「ありかた」とは、全てを捨てた後に残っている状態(デカルトと同じ)。またあなたの幾何学、方向性エネルギーである。ここでのiは虚数である。

簡単に言えば、本当にあるものにだけ立て。常識違反で勝手に契約成立されたかのようなやり口ばかりなので、一方的な者の通称ボイス(光が当たる皮膚振動音声・手から発する電磁周波数にモノが同調した音声・床など身体部分的振動しやすい場所からの振動音声)は全て拒否が正しい姿勢。股間周りの違和感はたいてい首内の粘膜への干渉転送である。または過去のデータの転送。エーテルは地球上だけの光関連物。光は電磁波。電磁は重力と関係する。ここでは電磁より重力が先にある可能性が高い。そしてあなたが今そこにいる。

⇒ここであなたの世界観が一変する。つまりアルクトゥルスの本の最後の話だ。

Sun, 18 Oct 2020 15:45:15 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

*質問などはお気軽にこちらへ

https://mastodon.social/@grateful_to_you

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?