iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

追記

ここまでの現代世界とは、調和からズレた世界のことである。

支配からの転落者は、人類からプログラムをもらうしかないのであり、同時に人類以外に手を出せない。霊的にはアストラル体、物質界(肉体)、エーテル体までしか興味がない。

支配からの転落者のせいにして、転落していないのに、逃げ回って好き勝手行っていた者達がいた。責任が問われる。

上記を踏まえ、

13螺旋表の2が回復する と見込まれる。

2と4は必要なことだけして、5に向かう。それが時間を無駄にしない道。

https://www.evernote.com/l/AqsuWNRmgX9HR5TZL6enEe5FBIoDQIele3A/

まとめ

https://www.evernote.com/l/AquwyoFgpxtFkqLHFg2ZiipAhcZKmZws_DA/

代名詞で決まらない。それぞれのあり方で決まる。代名詞は別人物たちに転送されるので(それはあなたの友人かもしれない)、代名詞を叩かない。また誰かである固有名詞も、その本人ではない、またはよく知らないことを利用したダミーでしかないので、叩かない。

つまり、代名詞で決まらない。それぞれのあり方で決まる。言葉の次元で考えなくてよい。自らのあり方を清浄に整えることが必要条件だ。それは古来からの教えでもある。清浄とは、とらわれごとをなくすことであり、とらわれとは本質からの逸脱とここでは解する。また狭義的に、特定の言葉やイメージ・人物にとらわれることともいえる。「本質」とは「これ以上ないシンプルさ」とも言い換えられる。それは「なにかがあった」ではなく、「ある」のシンプルな強さだ。

肉体を持って産まれて来たのだから、肉体維持の必要条件は当然罪ではない。その過剰さこそがとらわれである。日本は戦後3S政策(Screen,Sports,Sex)の名の下堕落させられてきた。今はそのコントロール下から抜け出すチャンスでもある。そして、押し付けてき相手は関係ない。自らのあり方である。他者のせいにした時点で、解決は難しく、遅延する。自らに決定権・責任を取り戻す必要がある。

ここが現実的に立つ場所だ。

人間が人間である所以は、「創造することができる能力を持つ」ことである。

支配(人類)から転落したとは、「創造能力を奪われ、支配しようとした者からのプログラムでしか動けなくされる」を意味する。つまり、無自覚・押し付け・洗脳・自分さえよければいい・自らの身を守るために、誰かを生贄にする(ここではイエス=キリストが生贄とされることが多い)は、仲間とみなされ、そのプログラムを一方的に(Covid)押し付けてくる。生贄を選択するとは、自らが(光性質として)回転していないを意味する。

本当に生きていれば霊レベルで自動回転できる。回転できないとは、エネルギーが減衰していることを指し、エネルギーが枯渇している存在状態を意味する。エネルギーが枯渇するとは、その状態で(以前のような)強い力を望めば他者からエネルギーを奪うしかないを意味し、その通称をレストランなどと呼ぶ。

あなたに直接肉体的干渉できるのは、物理空間に存在する物理的存在が近くに居るときだけである。脳から見てその脳の本人に主導権があるBMIテレポーテーション(物理設備への接続が必要)の場合、その脳がある本人の脳状態を1:1接続者(1:多はすぐにでも破綻でき不可能だろう。自らを殴り続ければ、多が同じような動かない状態を継続できず、すぐにばれる混乱状態になるからだ。その場合、BMI設備者へ重大な罰則が適用されなくてはならない。)つまり、1対多接続はBMIテレポーテーションではない。

2つあるという。

ひとつが、これまでのコンピューティングからの継続(既にドックイヤーは過ぎさり、IT時代は2020年に終了し、一方的にバーチャル時代に入れようとしているが、霊的なより大きなもの本当のものへの回帰へのミスリードでしかない。ミスリードでなければ、状態が変わらないのでわざと転落させている。または2012-1993-1984-1972-1943-1913年を俯瞰する中での金銭・世俗価値を捨てられないこの12000年(天の川銀河的に外郭ディスクの下エリアデュアリティ(2元)へ留まろうとする現状維持派だ。故に現世的に恵まれている者が、ほとんど考えずに同意する。

または脅しをされ、日常の中への改革と称した2元現状維持派を入れ込まれ、魔術的手法で霊的・電磁的思考誘導をする。都市はそれがやりやすい環境であり、都市革命と称した偽りでしかない。大本はスフィンクス(別磁場)逃げ込み派で、国家を解体し、都市セカイとして管理して搾取をしようとする者たちである。支配により簡単だからだ。

閑話休題天の川銀河における太陽系はすでに一元(ワンネス)エリアへ移行し続けている状態であり、その以降猶予は天の川銀河のディスクの幅から80年である。いつから移行しているかは個人的に確認できていない)、既にそのような状態であるのに、2元への留まりは、宇宙的に「なにもない=見えない」状態への更なる堕であり、誰にも相手されない状態で、好き勝手なことを内部で行うを意味しかねない。ちなみにこのような第四密度へ移行すると、そこからの上昇に長い時間を要するといわれる。

つまり、第四密度は経由しなくてよいのだ。

さっさと5次元レベルへあがる必要がる。その絶対条件は、「個人でのカルマの解消」。ちなみにツインでは解決と認められない。自らひとりのみで達成する必要がある。5次元レベル上昇に、通常の物質界種的肉体維持必要条件的行動を罪とみなすものはない(古代エジプトでもないし、2004年段階の橋浦は5次元レベルにいたと思われるがそこでも必要とされていないし、なにもしていない人生でカルマ無しの人物が星屑レベルで五次元にあがっても、その際に性的通常のあり方をカルマとみなし解消していない。

通常結構みんな上がれるのではないか?

それなのに支配からの転落状態への誘導=何らかの形での人間支配への巻き込まれ、押し付け誘導者からのみなしで、砂浜の砂城的思い込み一時性を自ら継続していないか?まともなところから奪ったといわれるユニバーサルエミュレーターの3000人まで接続で、通常効果的に再帰的にミスしたところの改善を図れるそのような機能を悪用され、いつまでも消さない過去磁場(それは普段いつも居る場所ともいえる)に霊的・電磁的干渉をされて嘆いていないか?

ゆがんだ現代の価値軸に自らを置く限り、何が悪いのかさえわからず、少し抜けたように思えるだけのインターナショナルなんて言葉におぼれていないか?また悪意のある運用をしている霊的やり方を当然とみなして、常に大量殺戮が付随してきた革命を、「殺さなければいいんだろ」と、実験場に変えていないか?誘導者は、単なる宇宙引きこもりで、本来のシヴア神に罰される者たちである。

スフィンクスとはなにか?→「犬」と答えると、彼らのイメージする中の神聖空間が、普通の岩となる。彼らは悪意で行わなければそのようにされない。

ヒトとはなにか?→

霊的被害にとらわれない。とらわれればそれを悪利用される。

とめかたを学ぶべきであり、送信される言葉やイメージにとらわれなくてよい。

人類を支配しようとした者は、転落する(アンドロイド化)。それは火星の地下にも居るといわれる。支配から転落するとは、運命にコントロールされるとも言われる。転落する場所は平面(2次元)であり、それは3次元にあたる底とは規定されていない。単なる平面である。支配からの転落者はその隣接する1次元(線)と3次元(空間)までは干渉できる。そもそも2次元は縦×横の平面であり、

二次元の特徴は、

・2元デジタル(交流電気、2つある、好き嫌い二元論、対立競争思考)、および

・分離に直結しがちな論理的思考(専門職としては良い。または単純規定存在「●●になる、●●とみなした。それはエミュレーター上であるので、いつでも解約できるが、所持者がデータを残している可能性が高いので知らずに利用されている場合もあるように思える。また霊的に?なにかあれば消える。}

・「みなし」=平面に書かれたプログラムは、次元が上昇すれば、その次元に合わせた形になる。その形は、その本人がそうだと思えば、そのようになれるともいえる。それはフルーツオブライフをさまざまな角度から見るようなことと同じであり、なりようもないことも勝手にそう思っている「思い込み」を砂浜の城的に維持させ、それを現実化させようとする悪意のあるあり方にも繋がる。わけがわからない状態で、押し付け進行されたことを、相手の責任にしている限り、これは維持されていると考えられる。また物質セカイでの五感感覚で、全ては判別不可能。

ほとんどが霊的セカイにおいて、物質界と隣接した「アストラル体(感情体)」と"認めるなら"エーテル体(複写路利用していたかもしれない。すぐ閉じるならあなたのその時のプラーナを入れ込める。包む膜ともみなされる(これらは既に人工エーテル体もどきが存在する。また星爆発の際に、肉体から離れた霊体を救ったコクーンとは同じようで別と思われる)ヨーロッパの神智学でしか存在しない。名前からエーテル体は地球上でしか存在できないと思われるが不明。インドや他の体系では一切存在していない(そのゾーンはない)。エジプトの正統ピラミッド者(トートおよび界隈)からはワンネス的な意味でだと思うが、エーテル体ではなくユビキノンをどう思うか確認されたことがある。

自己の周りを包むエーテル体ではなく、偏在するユビキノンへの認識を高めたかったのかもしれない。ユニバーサルエミュレーター上では、ユビキノンを選択しても、その偽へアクセスさせている可能性もある。

そういう設定が禁止されているか未確認)に対しての(悪)影響であり、アストラル体は、光より速度が速いとされるが、多数の存在のアストラル体をまとめて隣接させると、自らのサイズが霊的にも自らのサイズでしかないという思い込みがあると動けない、また動かすのに高位霊体(少なくともハイアーセルフ。また名前は要らず、自らの上位「意志」ともいえる)からも動かせるが、興味あるヒトはきちんと本当のあり方をしているヒトから指導を受けたほうが良い。

なぜならユニバーサルエミュレーター上での設定上で暫時的に作られている可能性があるからだ。また、橋浦は偶然などの意図的でない突然の最初の一回目しか信じないので(現在は、「ヒト霊(あそらくアストラル渦の上)」以外に「空間電磁場」にみなしでプログラムストーリーを配置して、自然に同じになった重なったかのように思い込ませるバーチャルをやることが多くなった。本来ヒトには「プログラムストーリーではなく、「意識」が置かれる場所と連中が言った(信じられるか不明)」である。そこでは平面みなしで、悪用されたユニバーサルエミュレーター中心者(女王蜂主人公、アンテナ)の世界観(それは思い込みも影響を与える)思い込み世界は好き勝手に利用されうる。

本来、宇宙共通または設計変更しない限り地球上の多数が利用するものは悪用できないようになっている)、長々長くなったが、エミュレーター上の「女王蜂中心者」が誰か常に不明で、本人に恐らく説明もなく、同時に他者転送もされている中で、悪評高いトルーマンショーが展開されているともいえる。

正統的な運用者が利用していない環境で、正統者のふりをした または騙された正統者 または共謀者に、そのシュミレーション的インターフェイスが利用され、その女王蜂中心者を第四密度的に後ろからコントロール(しようと)しているのは、さまざまな公的機関・企業からみても明らかである。今回支配から転落した者は「19=太陽系でみると小惑星帯=(物質的?)人間の範疇」を超えられなかった。

19を自らの望む管理の同一性質と見て、その力を小惑星体から奪おうとした結果と思われる。ちなみに小惑星体は、シュメール王権表から見ると、太陽のような真水ではなく、ティアマトの領域=塩水=魔術の領域である。橋浦は一ヶ月ほど前"(思い込みではなく)自信を持って"超えた。

目の前には木星があった。13000年ワンネスへの移行の時期の中で、あるべきは「シンプル」「最短ルート」である。先入観は要らない。必要十分な知識・このオーム宇宙=愛・自己優先しない自己犠牲精神である。自らをまず守るから、自らだと称する者に憑り付かれたままになる。霊体は消失しても、霊体は復活する。コーザル体はあなたの霊体を初期状態に戻せる。つまり、霊体に付加するような砂浜の城はいつでも壊せる(壊される)。

また特殊に霊体をある時点まで戻せる認識をもつ者もいる(エミュレーター上で可能なだけかもしれない)。しかし、宇宙中どこでも通じる霊知識は基本で十分であり、それを前提にするなら「初期設定」が最高なのである。それこそが強いのだ。なぜ現代地球のレベルが最高だと思える?

もともとホワイトブラザーフッドが所持していたのがユニバーサルエミュレーターだと伝聞している。スフィンクス連中もエミュレーターとは別だが、特殊な媒体を所持していたりする。正統ピラミッドからするなら、アンドロイド化された人間や、ある方向に人類が向かったときに、人類と交代される存在は、現状の人類ではないとされる。自らのあり方をまず整え、普段自らが接している空間(それは基本的に自己親和性が高い家も、自らに配置またはイコール化される可能性があるので(それらは自分が思わなくても押し付けてくる場合がある。恐らく「多くが思えばそう」 に該当するかも知れない。

しかし一方で、「ひとりでも認めないと、勝手な思い込みは一切現実に成り立たない」というルールがあることを最近確認した。これは2017年初期の別な話でも確認できる(そのときはわからなかった)」

ここまでくると、支配からの転落者はきわめて難しいことにチャレンジしており、故に周囲を騙して、第四密度的支配世界を地球上に形成しようとしていたとみれる。

補足

エーテル体には、霊格と意思がある。本来、人類の(次元)上昇に貢献できると彼らは期待していた。

・その支配から転落した者たちは極めて限定した存在のあり方でしか存在できない。回転できない=エネルギーが回転未満のエネルギーしかない。

・支配から転落した体系にいる者は、「ヒト」にしか影響を与えられない。

そこから逸脱した場合は、支配から転落した者の体系にいないとみなされる。

・ヒト以外の存在(植物や動物など。ほとんど人間より霊レベルが高い)に助けを求めれば、彼らは手が出せない。一時的に彼らが攻撃しても、存在が消えたりその代償を支払わせられている)

・古来からの自らのあるべきあり方を放棄して、支配からの転落者がみた世界観に参加した者の中で、本格的に新たに支配から転落して本格アンドロイドになっている者は現時点ではそう多くなさそうである。明示的に契約したらどうなのかわからないが、きちんとした全体の説明を受けたのだろうか?つまり自分はアンドロイドになったなどと「思い込むな」ということ。橋浦は2020年の12月に、「支配からの転落の体験」を自ら直訴し、体験した。最終的に「自らの普段のあり方が、元に戻させた」。別の力のあるだろう者が同じことを求めた。そこで支配から転落した者をなぞったありかたをした。恐らくなにが原因か、どこに責任があるか不明になり、支配からの転落者のあり方から出られなかった。

橋浦的まとめ

橋浦は1997/12に死んだことがある。死んだときにおこることは、自らの意志・意識関係なく(他者関与も不可)、それまでのありかたから、恐らく魂が、自らの本当に希求することから、次のあり方を決める。橋浦は死んで勝手に元に戻ってきたことを無意識に嫌に思っているので、次死んだときは、自ら自由に決められる状態であれるように、とらわれなく生きれるように心がけている。

ここからは推測含む。

結局、以前からではあると思うが(知っている範囲では1913~?)近隣的には1995年を踏まえ、1993年辺りに宇宙と決別(または騙し誘導)した権力者がおり、支配からの転落者のみた世界観を全地球的に展開しようとした(転落した者は人間ではない。なにかがあってもなにもない存在であり、つまり人間ではない者を支配してもよいと考える思想体系に属する者が、その世界観成就に利用した。

巻き込まれた者もいるが、全ては貴族社会・優性思想のための、(裏から)コントロールしやすい社会主義または独裁体制の形成であり、封建的五人組での封じ込めである。さらに双頭作戦で常に仲間の相手のせいにして、騙し世界にいれる、またはミスリードに陥れてきた。そこに霊的コントロールを組み入れ(以前からイギリスはアストラルコントロールをしていた。それがバレ展開した)

結局なぞるとは、相手のせいにして奪い、踏みにじるありかたでしかない。

人類支配からの危機意識の中で、忘れてしまった本当のあり方に気がついて、

言葉で規定しない、思い込まない、本当の

霊主体従+ハイアーセルフをまず身に着けることである。

2次元転落存在のみでは、4次元に干渉できない。

4には長くいても現状いいことはない

5次元に移行せよ

5次元を自らや他者のイメージ固めない。

そこは意識が立つ。恐らく堕ちていた潜在ではなく顕在化する。超越するのかもしれない。19を超えて20以上でもあるかもしれない。

そこはワンネスでもあり、宇宙の多くと同期する中で、怒りや恐怖は求められていない。怒りと恐怖の克服が、地球人類に求められていたことである。

とらわれるな。イメージにも、言葉にも。

自らの霊体は、3次元空間に居ない。上も下もない四次元以上にいる。物質世界のルールを無意識に持ち込むな。あまり突拍子もないことをするな。

次元で捉えることも、主観・客観でとらえることでも性質が違う。

あなたが客観的・空間に自らも相手も存在すると捉えるなら、あなたは全てのおかしなことが成り立たないと考えられる。なぜなら思い込み憑依者も思い込めないからだ。また多数がそんなのありえないと認識しており、それで排除することもできる。なぜならおかしいからだ。

あなたが光だと自らを考えるなら、光の性質を知る必要がある。

あなたが自分で光らず(意志を示さず)、他者の光の中で存在しているとするなら、その支配的あり方をする光を何とかする必要がある。また、だれかがその状態を観察していることも、その観察者の光の中だとみなすことができる。その場合、その観察者の過去磁場を消す必要がある。

あなたが人間だと自らを思うなら、こう述べよ

「上記含め、ただ流れていた、目に入っただけの言葉などによる、支配からの転落者に属する者による、勝手なみなしの全てのプログラムを今すぐ消去する。私は誰にも規定されない。自ら創造できる人間である」

「"本当でシンプル"なことに立て。日常さまざまなことが起こる。常に"清浄"であるようにしよ。」

考え方

・電磁気

・重力

・光

・回転

・囲むと別な場

・本義的にサイズ関係ない

・イメージング

で発想を膨らませる。

自らを中心に考えなければ、何らかの「元型の多数反映」などにも思い至るでしょう。

また二次元に描かれたものを別次元にすると、どのようにさまざま「みなせるか」 が理解できなかったところかもしれません

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。