πνευμα (プネウマ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

植物など生きているものに触ると、私たち(遠隔コンピューターのなにか)の構成が変わる模様。恐らく自らの脳にも変化が起こるのでしょう。脳の可塑性と生命も含めて様々と関わりあって生きている話。

だから、こうやって孤立化させられるんだね

引きこもりとかにイルカセラピーとか、農業セミナーとかが推奨される理由が分かってくる

ネットで調べてみたが1999年には、同じような状態にされた人が日本や海外で散見される。数が多くなっている。