規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

脳のAI接続 と シミュレーション仮説 経緯

イーロンさん。クラウド・AIマスクは必要ないよ。仮面ばかりかぶって犯罪行為ばかり。最悪なゴイムゾンビにしたいだけでしょ。誰かにいわれたとおりにやっているだけにしか思えない

http://grateful-to-you.hatenablog.com/entry/2018/01/29/%E8%BB%A2%E8%BC%89%EF%BC%9A_NASA%E3%81%AE%E5%86%85%E9%83%A8%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%81%8C%E8%A8%98%E8%BF%B0%E3%81%97%E3%81%9F%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%BC

 

 

 

 

2009/03/15
スーパーコンピューターはこのままでいくと2025年には人間の脳をシミュレーションできるようになる

https://gigazine.net/news/20090315_supercomputer_power/

イーロン・マスクを生んだ「ペイパル・マフィア」の"秘密"

https://courrier.jp/info/22334/

2015/06/19

イーロン・マスクは略語が大っ嫌い

http://elon.jp/20150619192938/

2015/12/08
「我々はホログラムの世界に生きているのではない」ということが明らかに

https://gigazine.net/news/20151208-we-dont-live-in-hologram/

2015/12/14
ロボットの悪用を防ぐ人工知能の非営利研究組織「OpenAI」がIT業界の著名な起業家や投資家らによって設立される

https://gigazine.net/news/20151214-elon-musk-y-combinator-openai/

2016/04/13
人間が実は作られたシミュレーションの世界に住んでいるのではないか?という仮説を科学者たちが議論

https://gigazine.net/news/20160413-live-in-computer-simulation/

2016/08/16
イーロン・マスク氏が「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と考えるわけとは?

https://gigazine.net/news/20160816-elon-musk-living-simulation/

2016/09/20
イーロン・マスクが語るAIとヒトが高レベルで共存する「未来の作り方」

https://gigazine.net/news/20160920-elon-musk-how-to-build-the-future/


仮に最先端のAIが誰かによって独占されることになると、優れたAIが独裁者や国家の諜報機関に狙われる可能性が起こります。マスク氏はこの状況を非常に危険と考えており、AI技術を広く開放することで最先端のAI技術を民主的に管理して、誰でも公平に入手できる状態にしておくことの重要性を説いています。

また、AIが抱える最大の問題についてマスク氏は、AIが自らの性能を高める能力を手に入れることで人間をはるかに超える能力を身に付けてしまうことではなく、やはり悪意のある誰かによって独占されてしまうことであると主張。そのため、マスク氏はAIをオープンに公開する非営利団体「OpenAI」を立ち上げ、AIを広く共有財産にする取り組みを進めています。

OpenAIの仕組みを立ち上げることでAIを共有・保護することと同時に、マスク氏はAIを人間の脳機能の強化に役立てようとする構想を語ります。インタビュー冒頭で触れていた「狭帯域な脳のインターフェースを補完する」というのがその狙いです。大脳新皮質と、インタビュー冒頭で触れられていたデジタル的な概念で存在している「第3の人格」とのつながりを強化させることでAIとの融合をはかり、「AI・ヒト共生生物 (AI-human symbiote)」へとつながる構想が述べられています。
⇒現状悪いことにしか使用されていない。つながりの強化ではなく、クラウド上で悪質な管理人が編集した「第三の人格」が、自己を押し付けるカルト洗脳でしかない。

 

2016/12/06
イーロン・マスク人工知能研究機関OpenAIがAI学習プラットフォーム「Universe」をリリース

https://gigazine.net/news/20161206-openai-universe/

2016/12/06

私がテスラとイーロン・マスクを嫌いになった理由

https://familycar.work/?p=2818

2017/02/01
人工知能を人間の脳に融合させる「neural lace」についてイーロン・マスクが近々発表か

https://gigazine.net/news/20170201-neural-lace/

2017/03/28
人間の脳にAIを接続することを目指す新スタートアップ「Neuralink」をイーロン・マスク氏が設立

https://gigazine.net/news/20170328-neuralink/


Neuralinkはカリフォルニアに拠点


やがて人間の能力を超えてくるであろうAIの能力に立ち向かうためには、人間は希望者ベースでAIを脳に組み込むことでその能力をブーストアップしてコンピューターに立ち向かう必要があるというのがマスク氏の持論であり、今回のNeuralinkはその技術を実現するために設立された企業というわけです。

Neuralinkでは今後、テスラやSpaceXが行ったのと同じように、安全性を立証するためのワーキングサンプルを提示する予定になっているとのこと。AIを用いたコンピューターを脳に接続することで、てんかんパーキンソン病の症状に対処することがまずは目指されています。マスク氏は、脳の一部を補完する技術の実現までには「あと4年から5年」との見通しを示しています。とはいえ、実際に人間の脳にAIを接続することが社会に広く認められるには、まだまだ時間が必要であることは想像に難くありません。

2017/07/14

スペースXが1万基以上の衛星群を打ち上げる、「もう一つの目的」

https://wired.jp/2017/07/14/spacex-thousands-of-satellites/

2017/10/03
「我々はコンピューターのシミュレーションの中で生きているわけではない」と研究者

https://gigazine.net/news/20171003-not-living-computer-simulation/

 

2018/01/10

スペースXに打撃かー機密軍事衛星打ち上げ後に行方不明

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-10/P2BKV06TTDTC01

⇒"連中"にとって「9」という数字が避けるべきものであったため、軌道に乗せなかった可能性がある。2016/12から、私橋浦はLv9(太陽)で行っており、ユダヤの数字的には「一連のターンの終了」を意味するからだ(後日知る)。「9を避けた!」と散々あおった私への対抗心で、アメリカの誰かが、"9"を掲げて発射した可能性があるからだ。そもそも2017/12/24前後に、ニムロデ系はなにかをずっと仕込んでいた。答えとして、3基の衛星が別々の国から打ち上げられた。落ちようが落ちまいが発射した時点で、"9"の軌道に乗ったとも考えられるが不明。

 

では、"X"を掲げるものの意味は?また「砂漠」が関連するのは?⇒いる?マナティ

 

 

2018/01/29イーロン・マスク火炎放射器を販売開始。予定数2万台「ソンビが大量に湧いたら、買って良かったと思うよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00081611-engadgetj-sci