自分とは何か?-無限の認識 発動中-

-自分の光の中に 自分より大切な 誰か・なにか・イメージ をおいた 無限創造の世界-

規則的な時間がなく カタチを変え 互いの位相を交換する フラクタル構造体

水星、冥王星特異点とも呼ばれる

666は多くの場合「そんなところにいたくない」の意味

渦の始まり(起点(を消せば良い=ハッピーバースデイにならない

▶通称:ハッピーバースデイ=またはじまるの意味

ルシファー5つの罪「私は行おう」

Not do.be(するのではなく、なる)

意識してやらない

覗いたら、意識してしまう。つまりならない

輪廻切りは、清算する前でもできる

連中、人体不動点ピグモン操作人形を置いていた

太陽系地球の近くにあった惑星マルドゥクは、「言葉の力の乱用」「技術の乱用」で滅んだ。

橋浦の発見

アブラムシがいる草むらに瘴気をよく吸うサンセベリアをおくと、サヤエンドウみたいな草の茎にアブラムシがつかない。鞘にはついていた。アブラムシは以前から、「なにを吸っているかわからない生き物」と言われていた。アブラムシが吸っても草は枯れないためだ。周りには荒地によく現れるタンポポが咲いている。タンポポは荒れた土地の気を吸って環境を改善する。その場所は、電磁波で荒らされた庭だった。つまりサヤエンドウみたいな草はサンセベリアに瘴気を吸われ、鞘にだけ瘴気が残っていた。それをアブラムシは吸っていた。ある程度吸い終わると、アブラムシは飛んで去って行く。

面積の公式=誰かのあだ名というより、四角形意識に誘導させるもの

地下や空洞の中で「言葉の力」を乱用している。アトランティスの墜落など流れ2006年の次の2009年は、「不可能を可能にする」を連呼する邪道なやり方でなんとかしたらしい。ちょうどその頃オバマアメリカ大統領選があり、件の六ぼう星的六角形で「Z」を描いていた。つまり電気から土への移行。ルシファーの落下。「不可能を可能にする」言葉の乱用はそんな時期のものだ。箱の中の地球つまり狭い範囲でしか通用しないやり口だ。

言葉にそもそも意味はない。あるのは音だ。そして、あり方がすべてだ。あり方が根元に通じる。