iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍紹介:ブラヴァツキー婦人とアリスベイリー

f:id:uta_stream:20201109215641j:plain

f:id:uta_stream:20201109215645j:plain

f:id:uta_stream:20201109215649j:plain

f:id:uta_stream:20201109215653j:plain

f:id:uta_stream:20201109215656j:plain

f:id:uta_stream:20201109215700j:plain

 

 

ブラヴァツキー夫人とアリス・ベイリーによるエネルギーの諸段階の構造

・「二等辺三角形」は正三角形を二等分した形
→「分裂」を意味する
→通常「エネルギー力を半減(減衰)」させる目的で使われる
→ここでは「ダブル(陰明マーク)」=「俺たち」「私たち」とされた状態が、分裂する
→画像を見ると「アートマ界ーブッディ界ーマナス界の二等辺三角形」、「アストラル界(感情界)の二等辺三角形」に「俺たち」状態ではいけないことを意味する(二等辺三角形を当てられると(エネルギー的に)分裂するから)
→つまり「アートマ界ーブッディ界ーマナス界」は「コーザル体」を意味するので、コーザル体の振動数に保存されている「(エーテル体の)初期状態データ」に、「俺たち」の状態ではアクセスできないことを意味する。つまり改変できないのだ。
→「俺たち」ではなく「俺」の状態であれば、もちろんアクセスできると思うが、アクセスするためには「メンタル界」の「自我」と「因果体」の解消が必要となる。
→アストラル界の二等辺三角形の下にも同様のものが形成されるが、アストラル界の方では残存しない。
→メンタル界(精神界)の方でのみ形成されるそうだ
→橋浦は、その昇華を「精算」と呼んでいた。「俺たちとする彼ら」は「掃除」という言い方をする場合があったが、ほとんどの場合そういうことに興味を持っているようには思えなかった。
カバラやインド密教では7階層で分類する。その際に、排除されているのが「エーテル体」と「マナス体」の階層。
→つまり、上記二つのものは不要なものかもしれない。マナス界はなにも考えずに生きていれば、おそらく普通に生成される。エーテル体は理屈を知らないと、肉体に影響を及ぼし悪質利用される
→しかし、あなたの身体を肉体だけエーテル体だけととらえず、少なくともコーザル体(アートマ界ーブッディ界ーマナス界)まで含めた、振動数の違う重なったエネルギー体としてとらえれば、いつでも自らを「初期化」できる。
→その際に、エーテル体の頭部を三十丸にして通すことで、「強いのに力みがない意識が立つ」状態になった。コンピューターからは「俺たちの活動は終わりになる」と排出。もちろん身体のおかしなものは排除される。それまで身体に取り付いていたエーテル構造物は、そのままになるので、自ら意識的にはずす意識を持てばはずせる。
→坊主のまた男性裸体の絵がある画像があると思うが、エーテル体を中心とした蝶のような三十線で囲むことで、コンピューターから「俺らはいない」と排出された

メンタル界(マナス界)の「自我」や「因果体」の構造物は
→橋浦の場合「ほとんど残っていない」
→その他の人「できてないじゃん」という言葉あり
→ここを越えると、直感的世界である「ブッディ界」に入ることができる
→「直感」は「俺ら(俺たち)」の状態では機能しない。

また二等辺三角形を向きを変えて、身体チャクラに当てると、身体の様々な憑りつきがとれる


俺たち=俺ら=私たち=ツイン=複写体

 


また、以前から書物で「眉間の第三の目(サードアイ)」の力が云々されるときがあったが、サードアイの力は「アストラル体」の領域で活性化される。つまりアストラル体で顕現されるものであった(体現した)
第三の目を使うと、昇華体と関係あるのか独自の意識があるようで、まず首後ろのえりまきのようなまとわり(グラスなどと表現される)をはずせ、フィールド全体に向けると「イメージしたあちらフィールドのとりついているなにかを広くはずし、(俺たち)の中に吹き飛んだものがいた」
簡単に使うと、第三の目ラインに二等辺三角形を当てられるので、それで消えるかどうか確認していないが、あまりわかりやすく使わない方が無難ともいえる。


最後に、どんなシチュエーションでも、「自分自身以外の「俺ら」にも、コーザル体含め霊的全体連動した初期化をかければよい。返されても大丈夫。つまり全体的に全部初期化して「自我」と「因果」の解消に向ければよい。そうすれば、どんなに自分は無理と思っている人でも、全員ニュートラル状態の中で精算に意識を向けることができる。そうすれば「(片方が精算しないままの)俺ら」の状態では、メンタル(マナス)界までしかいけない(アクセスできない、未精算の片方がはずされる)のだが、そのツインのやりかたに頼らずに、アセッションが可能になる。多くの人がたどり着くことで、より全体のアセッションが簡単になる。また既に精算が必要でない人がいるが、自らの力に気がついていないだけの人が多いことも注目すべき。どんなに誰かが自らをダメと思っても、地球グリッドの力などを再度確認してみよう。全体でのアセッションは可能である。


橋浦満広

 

の 当ブログ内 検索結果

http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q=

 

Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)

http://grateful-to-you.hatenablog.com/about

https://mixi.jp/home.pl

☆書籍一覧

https://booklog.jp/users/arigatouomedetou

 

<div align="center">

<a href="http://grateful-to-you.hatenablog.com/search?q="><span style="font-size: 150%;"><strong> の 当ブログ内 検索結果</strong></span></a></div>

<p> </p>

<div align="right"><br /> wrote:<a href="http://grateful-to-you.hatenablog.com/about">Hashiura Mitsuhiro(橋浦 満広)</a><br /> <a href="https://mixi.jp/home.pl">mixi</a> / <a href="https://booklog.jp/users/arigatouomedetou">書籍一覧</a><br /><br />

</div>

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?