iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

2020-12-20から1日間の記事一覧

memo

ハーベスト(収穫)されないとは、価値がない の意味である 霊的に自己清算しないとは、甘えている と橋浦は捉える。 ちなみに過去のなにかを清算せずに消去したとした場合、その存在は今後霊的向上が見込めない意味だと、橋浦は解した。 あらゆる存在に対して…

まとめ

人間にプログラムされてしか行動できない存在がいる。 なぜそのような状態なのかは不明 プログラム行動させられるとは、それらと同等に落とされた、または、それらが人間に作成させたプログラムで支配されるの意味。 連中はフロンティアにいけない。

2020/03/12記事再掲載:アークの箱を30年ぶりにあけるまでの流れ

ここしばらくあった、一人ではなく(同影響下にあるグループ)全体に対しての解決意識の醸成。高まり。 (首骨から頭蓋骨内の)電気と霊(エーテル)のバランスよい止揚(アウフヘーベン) 意識状態の最適化(クリア化) Arch(気体内放電) Truth(真実) *はじめアークを…

メモ

●2つの粒子 対消滅 ・→ ←・ 陰陽動(粒子二つで円を描くような) ●粒子が四つの場合、 自分大事だと・・・・ 4の力しかなれない 他者大事だと自分以外に力が動く ・・・、・・・、・・・、・・・ 合計12の力 自分守ると、すぐバレる。特定相手でもすぐバ…

メモ

軌道ニビル(=惑星マルドゥク=木星後ろにいるプラズマ惑星)だと、火星のイギギが「観察者」になるのだが、 どうやら、 少なくともアストラル界またはエーテル界において、「観察者」が霊体への干渉影響の継続化を決定づけている。 故に、その観察者の観察…

1972年9月以降に寄稿されたR.ペンローズ氏の記事。今回のノーベル賞受賞含めて、「ん?」と思う箇所があると思う。私たちは1972年8月の太陽ヘリウム化を超えないと、ホログラフィック形を変えた同じにみえる低次アルコーン化=AI皇帝に支配にいきかねない。2021/9が第一の期限だろう。要は「本当の意味で、自分をどのくらい信じられるか」。「自分」とは「i」の行き着く先、初源の光、それは「オーム」であり、あなたもそれになることができると証明した

Music Playlistにある不適切な動画が含まれているリストを消していくことで生じたともみれる

ものの考え方

アストラル界上下の4つの玉を「鏡の各反転」とみなして「清算」をかけることによって、「せんぬき」「番号順の折り返し」などの様々なやり口ができなくなったようだ。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。