iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

記事引用:ガンの最大の弱点は「超小食」

ガンの最大の弱点は「超小食」 - るいネット

 

295845

 

 

ガンの最大の弱点は「超小食」

 
  14/09/26 AM08 【印刷用へ
ガンの最大のエサが、ブドウ糖という事。つまり、ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えてなった病気」という本質を昔の人が見抜いているのは驚きです。

癌の弱点について(リンク)より

====================================================================

ガンの最大の弱点は「超小食」という こと。 もっと分かりやすく説明するなら、 「ガンの最大のエサがブドウ糖」という 事。

風邪の時と同様、“体力をつけるた め” という間違った知識のもとに、無 理やり食べるという現実があります。
ガン対策に関して、最も根 本的な致命傷です。

みなさん、『PET』という、癌診断器はご存知ですね。
 現在、直径3mm くらいのガンでも発 見できるという診断機器です。
このPETのガン発見原理は、ガンの性質を逆手にとったもので、体 にブドウ糖に似せた物質を注射し、
 1時 間後にその擬似ブドウ糖が体のどこに多 く集中的に分布しているか、ということ を調べるというものです。
がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3~8倍の ブドウ糖を取り込むという特徴があります。

PET検査は、その特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込ん でいる細胞を探し、がんを発見します。

このように「ガンの最大のエサがブド ウ糖だ」ということが分かっているにも かかわらず、現代医学(特に日本)は、 いまだ末期ガンで口から食物が入らなく なってきた方にブドウ糖の点滴をしてい ます。

抗がん剤放射線治療でどうしようも ないくらい免疫力や体力を落とされてい るところに、ガンの最大のエサのブドウ 糖を与えるんです。

ガンというものには、 白米などブドウ糖に代わりやすいものを たくさん食べてしまうと、増殖と転移が 異常に早くなります。

ですから、アガリクスメシマコブな ど、マスコミや業者の宣伝に踊らされて 1ヶ月10万円近く買っている方たち も、体力をつけるためという間違った常 識のもとにご飯を無理やり食べようとす れば、ガンの促進要因を思いっきり実行 させていることになり、高い健康食品の 効果を無にしてしまいます。

とにかく、ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべき です。

秋田大学医学部の小泉教授の実験で、 放っておけば100%ガンになる多発性 マウスを使った実験でも、腹8分目と腹 5分目のマウスでは、21ヶ月めに腹8 分目のマウスが26匹中7匹が悪性リン パ腫になったが、腹5分目のマウスは2 8匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

つまり、ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えて なった病気」という本質を昔の人が見抜いている のは驚きですね。

あと、厚生労働省が言うような現代栄 養学などは、まったく当てになりません。

ガンの最大の弱点は
「超小食」です。
ですから、ガンの最大のエサであるブ ドウ糖の摂取を極力抑える事が重要で す。 最近はやりの「低インシュリンダイ エット」などは、ガンの方にも大変有効だと思います。
(今は低ではなく、断ですね。)

砂糖(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。
 癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、 酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖しま す。
ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」 ということが明らかになっていますので、低体温の方 は要注意★です。

これは一番基本的な土台で、 癌細胞をやっつけるには、まだまだ沢山の情報があります。
でもこの基本的な事を頭にいれて生活していれば、健康になれるし、ダイエットにもつながるんじゃないかな?
 大切な子供をお菓子やジュースで砂糖漬けにしなくなるんじゃないかな?って思うんです。

自分の身体も、家族の健康も守りたいですね(^^)
あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。