iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

歯への電気糸巻きは、首表皮一周を除電対策しても、喉仏辺りから電気を骨に通し歯に巻いてくる。また背骨を歪めそこから上昇させてくることがある、基本的に歪みを居場所にするので、身体を歪ませないことが重要。また肩筋肉も利用されやすい。身体中心オーラは、自分の意思で消せるし、オーラクリーン幾何学図形でもオフにできる。また各主要オーラの周波数は、赤青など色周波数とも同じため、周囲にそういう色を置いたり身に付けると対応オーラポイントが活性化する。ちなみに赤が第一オーラで、青が首のオーラに該当する

 

また怒ったり感情を荒げると、細胞膜内外でのイオン交換から起電し体内を巡らしたり、痛覚刺激に利用するため、脊髄反射せずとりあえず6秒落ち着くこと。性格的に難しいならGABA摂取したり、落ち着くフレグランスを嗅ぐこと。嗅覚が一番瞬間的に落ち着くようにできる。

 

 

 

ここが大事

くだらない対策されても、すぐに荒げないこと

 

 

また電磁波を浴び身体周波数(特に頭蓋骨、あばら、背骨、肩甲骨、腰、指先)を怒りやすいものに変えられても、骨格の基本的動きを利用すれば、すぐにその周波数を変えることができる。身体周波数を変えてもすぐに同じのが続く場合は、いつも同じことをして予測設定されているため。基本的に周波数はすぐ変わる。どこか緩めるだけでいいのだ。それは筋肉でもベルトでもいい。しかしなにも対策していないと、最大限まで歯などに人工電流糸を固定され、筋肉を緩めてもすぐに下がらなくなってしまう。こうなった場合は、とりあえず歯磨きをしたあとに、口にオイルを含み歯の間までオイルを行き渡らせる。そうやって恒常化した状態を緩め、力を加えない方法でゆっくり関連筋肉を緩め、連中にダミー下げをされても、それに騙されないようにいつでも自らあばら下げをできるようにこまめに対策をする。きちんといけば二の腕の正面、裏側筋肉を揉むだけで下がる。また触るだけであばらが上がるポイントがあるので認識を深めること   

 

それらは以前紹介した「書籍」な分かりやすい記載がある

 

 

またBMIで人体動作外の設定をしてきた場合は自ら周波数を変えること。ここで重要のは、あなたがなにもしなくても周波数を変えられることを自ら試行錯誤し学ぶこと

 

 

以上

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。