iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

30代の某業界関係者が突然3人亡くなった

→「電磁波攻撃を受けてもいつまでもパソコンの前にいたからじゃね!」と連中述べる

→恐らくDTM

→橋浦満広は、危険を感じていたからか10日以上前からデジタルデトックス状態。コンピューター触らない。触りたくない。また二日前は部屋にも帰れず、店で寝泊まりした

→連中いつも通りある時期ターンごとに、攻撃を変えている模様

→また、二日前から一日前、アメリカにある大本機械からしかできない「500%−600%」出力を実施した痕跡あり。この出力は、警察か自衛隊に向けたとの話あり。

→なにかを一方的に正しい正しくないなど判断する性格の人は、コンピューターから出力された命令を元に攻撃されるでしょう

→現在方向性は以前のように一つではなくなっている

→2019年が最後の選択決定機会になるかもと推測されている

→20年後の2039年-2042年が焦点である

→電磁波攻撃者も、完全な防御をまとえているとはいえない。あってレーダー設備やミサイル発車軍艦の退避空間

→橋浦が先日実行した、「自らが光そのものになる」「量子力学の世界にはいり、別秩序に存在する」「自分ではない誰かのことを本気で救いにいくなり思うことで、波動的高波動エネルギーを莫大に発し電磁を無効化」「上記からセカイ(ウチュウ)に愛され、運を引き寄せる。次元を上げる」などが個人で必要になる

→本当の1%の上層は、皆さんがこうなる状態を望んでいるし、自らもそうなりたいと考えている。

→しかし、上に行くほど当たり前だが敵だらけ

→そういうものに囲まれていない市井の皆さんから変わるしかない

→変わる気がない、変えられないなら、世界の雛型日本から変えていくのが効率的だとオランダは考えている

→自ら発しないなら、彼らの思想で踏みにじっていくだけになると思われる。既にコンピューターシステムは、自己生存優先に機能し、悪意だけを呑み込んでいっているように見える。というか、良い波動は吸収し、人工高波動内にいるいわゆるお金持ちを維持発展する要素てして利用されている。しかし、この人工状態でなにをやっても期待した結果は現状でていない!橋浦が光になって莫大なエネルギーを放出して、今までの電磁記録やらなんやら消しさったうえ、アメリカが完全コピーしても、まったく真似できなかったように

キーは、

自ら精算・昇華しない限り、常にクリティカルな潜在意識か無意識の閻魔が鏡のように立ち塞がる

これを越えてなくても、力は発揮で

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。