iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

ANAの塩水は、物質顕現でなされた。通常その莫大なエネルギーはなにかに取り上げられるが、今回取り上げられず、そのまま顕現されたという話がある

半年ほど前、地球規模で想念エネルギーでの解除が流行った。その時、日本から発信のがドイツでエネルギーの変化として関知されている。

その頃のアメリカとのやりとりを思い出すなら、その類いのエネルギーのアメリカの保存タンクは大きくなく、その頃の橋浦のエネルギーだけでも満タンにできるくらいだった。

その後、呪詛連中が現れ、何らかのやり方で封印。それは現在に通じる気がつかなければ解除できないもの。富士の高さやソーラーウォーデンが酷似。また、地球はこの宇宙の干渉を受けないという念とも酷似。

話は飛ぶが、太陽のフレアは人間の脳airみたいなもので、地球の想念に呼応する場合がある。木星もそう。

話を戻す

人身御供を捧げる蛇とは、このような取り上げるものであった可能性はないか?

しかし、橋浦の時のエネルギーの方が大規模だったと思われる。そのときは取り上げられていない

またANA塩水は、多数の人間のエネルギーが収集されたという話がある

これはいつだか橋浦につけようとした、アトランティス由来の(恐らく魔のバミューダトライアングルからオランダが拾ってきた、すべての電磁を集めるナニカ=橋浦名:世界総統システム=アトランティス人工マカバ残骸)酷似で、橋浦が夜に取り付けられ即破壊したもの

この前(天皇で世界から集まった日前後)の含め、二度目の循環だ 

大したものを最初から壊したのは 

橋浦は受け取らなかった

二度めのは、限られた人への霊体的アーキテクト(原型)とみられる

量子コンピューターがフライング発表された日前後 なんらかの検証をGoogleが拒否したとかしないとか  恐らくセカンドライフ的な

Not Today

The End バーチャル

Im in Reality

My name is 本質

バカはバーチャルを今日の日としようとしたが、そのまえにアストラルから破壊された。何度アストラルに入って戻ってこれなくなって死亡したんだ

バーチャルなどやるか、このボケ

既に 最近の第二のカゴメの日から決別している

本物を垣間見たはずだ

連中は宇宙人グレイをばかにした。故に今がある

また中南米で117発見された宇宙を模したピラミッド群に、なぜかオリオンだけない

聖書を思い出せ

オリオンの鎖を解き

プレアデスと繋がりを結べ

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。