iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

俺の寝室は高電圧電線の下にある設定になっていて、全ての身体電磁(特に頭部)を吸いとられるような動きをする部屋なのだが、立位で身体を縦定常波型受信のポーズをしたら、吸いとられずなにかを再度受信した。そしたらそれまでとりついていた連中が身体干渉できなくなった。頭蓋骨穴、周波数打ち込まれ過ぎの場所てなければ干渉できなくなった

外国人いわく

「そういうルールになるまで時間がかかる」

つまり、一定エリアまたは人に過剰にフォーカスしているので、地球(人類)の電磁型を勝手に作ろうとしているようにみえる 書籍ムーンマトリックスなどを読めばわかるが、女王蜂の巣型とかピラミッド型つまり中央集権型である これにもう付き合わなくてよい

あとのモンサント的なやり方とかセスナ撒き散らしとかもこれに強制的に準拠させるためである 

だから、電磁はままごとである。あなたがあなたをあなただと小さい頃からの共有常識で勝手に思い込んでいるからにすぎない ここから出ろ 俺は1997/12/15に一度死んで体験してから、戻ったあとの全ての肉体的五感情報を全て疑った。ハエなら複眼で世の中見えるし、犬なら全て緑色で見える。あなたのサイズはあなたの肉体ではなく、あなたのイメージで宇宙にもミクロでもあれる。電磁=霊的には写しこまれるとみてよい。すぐに時空間的に戻せる Lシフトの本に操作場所書いてあっただろ またあなたの本体は魂にある そこは電磁の領域ではない また電磁はあなたのあり方で、あなた自体の存在のあり方が変わる。つまり真実に立て なにもとらわれなくなったころ あなたはまたこの文章を読もうと思う 

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。