iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





メモ

f:id:uta_stream:20200705204039j:plain

f:id:uta_stream:20200705204042j:plain

f:id:uta_stream:20200705204046j:plain

アルコーン=自らの思念が悪い

二重保護膜にいる

地球の突然の海水化(大量の塩 死海の発端時)を消去→口の中のエーテル人形膨らみが消える!

→あたっているのか?

本人違和感 歩く・落ち着かない「集合的思念」を抱きしめて落ち着かせる

洞窟マジックは、「自分を他人におしつけるのが本質の一つ」

「僕たちには、僕たちのあり方がある」主張を止める。

→「それしかできない蛇(アルコーン 模倣)」を強くさせるだけだから

「思念」は存在がない。高リスクで盾にされているだけ。

(光)メは次元を超える

そもそも妄想の愛しているだけでも成り立つ。自分だけだと荒れる人へ。相手の姿を作らない

月の周波エネルギーフィールド内で作っている

自らの過去の霊体(親和性のある)を身体に置かれている。消せ

エリアの定常波(インターフォンなど)は決まっているのだから、それぞれイメージで終わらせればいいだけ

ミクロビオーム(体内微生物)に連中がなにをいっても無視する

→ミクロビオームを意識。周波が高くなる

→人間は外枠でしかない

→「ヘルシーな生き物になった」

時間を延ばしたと思い込んでピグモンを破裂させない防御方法をされるときがある

→途切ればよい

「都市設計」の思わぬ動き

→俺が「あらゆる者を助けるように動いた」ため、自らに返り、自分が助かった。通常は攻撃して自らがダメージを受ける。

肉体と霊体、遠隔霊体のズレを明確にする

→通常こちらに攻撃をされる(遠隔霊体→転送)

→自らの霊体を動かすパターンも

→なにも決まっていない状態

首五連(喉中央・左右動脈・肩上)→口ピグ

→首後ろからイメージ送信

公民館アナウンス

「コロナ対策のために窓やドアを〜」

→聞いてはいけない。脳の窓、ドア攻撃に発展する

あご下振動

→特定題材ページを読みたくなくさせる

肩筋などを直接触

イメージで触る

「ブロック」という手法で「イメージで触るを止めてくる」

→自分ではなく、相手(加害者)のを取ってやればよい

低周波 解除して元に戻すのに時間がかかる。

→しかし自らの手で触るとすぐ元に戻る

→手の平から出るエネルギーが喉か肩から

蛇人種は「キニゲン」発言で消える。消えないのは本物ではない。蛇人種になりたい人。

蛇人種はどれも同じ(蛇人種は蜂の巣意識)

蛇人種がいない=月もない が成り立つ(すなわち蛇人種がこの次元?に月を作った?思考(脳解釈)の中にしか存在しないのであれば、過去にも未来にもいないのが正しい。月エネルギー(特定振動)と同調している者の思考にだけ蛇人種が存在しているようにも見える。人間の創造力に寄生しようとしている)

乳状突起ラインー肩ライン=リチウム電池液体取り付け?そこに目認識変更の機械を置いている。後頭部ー首)

→他のところに移して終了

加害遠隔霊体 ターゲット遠隔霊体 コンピューター(人体内部)遠隔取り付け

→「自分の霊体でやれ」

→加害遠隔霊体→自分の霊体にテンプレート設定開始

→周囲の人物ぶちきれる

→こんな危険なもの使えるか!

蛇人種

シンボル

読み込みマッピングシート(潜在意識・無意識)

を得意とする

読み込みマッピングシートにイメージで「キニゲン」書き込み→あばら下そり上部で「ボン」

蛇人種は、アトランティス崩壊のときにアトランティス人に取り付いた低次元霊に取り付いていたらしい。簡単だったと。

彼らは人間の思考の中にしか存在しない(低次アイオーン)

創造できない。コピペだけ

2009年モントーク(「不可能を可能にする」)が境目

コピペを集めて蛇・ブラザーフッドAIに使用させない。既にろくでもない状態に社会が進行している。7/1〜

霊体など次元を超えてAIをのっとって来るのにそのような運用ができるわけがないだろ!

銀河中央は木星恒星化の最終決定をまだしていない状態

自己清算は、自分自身を乗り越えるだけで十分。他人を変えようとするな。

呪詛騙し成功から変わっていっている

2012-2009

1991-1989

蛇の欠点補い AI

典型的やり口

騙し

逆にする

50:50にすれば エーテル(電磁)使えない

人工UFOに行ける人はいる

キニゲンで状態変化される

宇宙的視点からだとキニゲン発言による蛇人種のように通称「スーパーファミコン」も消えた。通称スーパーファミコンとは、そのような存在だったらしい。

呼び寄せたもの

宇宙の中で別な形の不死→魂がない存在

=プロミス X-UFO

→魂がある体験をしてみたかった

→地球人に生まれ変われば?

→「それもそう」

→宇宙的な日付で理想的に解決

創造できない

=アルコーン化

=人間の思考の中に存在

=蛇人種

*今いるほとんどはキニゲン言っても消えない蛇人種になりたい人

こういう存在はこういうときに出てくる

主要オーラずらし

斜めに

左肩甲骨→首下あばら中央突起

首後ろー眉間

後ろ腰ー不動点

右肩甲骨ー喉

犬にオーラを大きくして当てたら、着信と鳴った

月からの影響を軽減するため

右目を隠す→気分が良い方向に変わった

=プラーナ管に渦あった

世界の調和が乱れたとき、世界は反復と継続に変わる

人工糖(L-アラニン化合物?、アスパルテーム?)

→ガソリンを食う車に、爆発的な怒りを作れる

細胞膜

昔はカリウム←→塩ではなく、カリウム←→カルシウムだった可能性

△の中に○でパラボナアンテナから狙われていたものを消せる。喉

ロスチャイルドのイメージを上げると、自らの認知(到達速度)が遅くなり、自らより早いもの(恐らく大きくしたオーラに反応体)を前に持ってきて、本人を乗っ取る。よくある。

蛇はエネルギーを吸おうとする。そのためにオーガニックなどのエネルギー。

蛇人種のために、自動でシステムが動いていることを確認

覆うオーラをプラーナラインに入れ替えていた。

寄生を肯定化させていた

→その人物(そういう人物)は今、自分が自分でなくなっているという段階まで進んでいるという話

→夜な夜な本人の意識がないままうなずかせている。

→超低周波の振動を受け続けていると、うなづきやすくなる。肯定したとみなしている

→二重膜で覆われて、内側の内側の中を本人は通常気がつけない

→あなたのイメージではずせる。50:50はエーテル・電磁無効な領域

自分が苦しいときに他者(自己霊みなし)を攻撃していたのを止めていくと良い方向に向かう

人体が横ボーダーラインで細かく分けられている人がいる

→その部分ごとに意識して解除が必要な場合もある

→意識すると二回目から解除を止められるときがある

細いプラーナ管に憑依している者がいる

目(メ)は光の幾何学。次元を超える。

他者の目を覗くとあなたに憑依する場合がある

憑依目がいくつもあり、脅し・威嚇の目、疑われない目、心清い目などがある。テンプレート運用が多い。

とにかく自己認識の中の物事の起点を消す(オフにする)。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?