iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍紹介:地球人類を誕生させた遺伝子超実験 P238-272

 

 

◆まずはじめに

2020/02 太陽系の惑星の音が鳴り響く空間(ゴング・ジャーニー)で、ずっと宇宙と通信できずまどろんでいたかのような地球に対して、地球自体のとらわれごとの吐き出しを行った。

 

だいたい半分くらい吐き出しができたと思うのだが、その最後に、「・・・マルドゥク!」と地球(たぶんガイア)の奥底から言葉が出てきて、驚いた。

 

ゴング・ジャーニーは、生きている間の無意識のとらわれごとなどの感情に響くのか、泣き出す人が多くいる・・・。

 

f:id:uta_stream:20200912225651j:plain

f:id:uta_stream:20200912225708j:plain

f:id:uta_stream:20200912225720j:plain

f:id:uta_stream:20200912225733j:plain

f:id:uta_stream:20200912225745j:plain

f:id:uta_stream:20200912225758j:plain

f:id:uta_stream:20200912225808j:plain

f:id:uta_stream:20200912225819j:plain

f:id:uta_stream:20200912225830j:plain

f:id:uta_stream:20200912225842j:plain

f:id:uta_stream:20200912225855j:plain

f:id:uta_stream:20200912225907j:plain

f:id:uta_stream:20200912225919j:plain

f:id:uta_stream:20200912225930j:plain

f:id:uta_stream:20200912225942j:plain

f:id:uta_stream:20200912225953j:plain

f:id:uta_stream:20200912230005j:plain

f:id:uta_stream:20200912230017j:plain

f:id:uta_stream:20200912230032j:plain

f:id:uta_stream:20200912230048j:plain

f:id:uta_stream:20200912230101j:plain

f:id:uta_stream:20200912230120j:plain

f:id:uta_stream:20200912230135j:plain

f:id:uta_stream:20200912230154j:plain

f:id:uta_stream:20200912230210j:plain

f:id:uta_stream:20200912230221j:plain

f:id:uta_stream:20200912230235j:plain

f:id:uta_stream:20200912230249j:plain

f:id:uta_stream:20200912230302j:plain

f:id:uta_stream:20200912230316j:plain

f:id:uta_stream:20200912230330j:plain

f:id:uta_stream:20200912230344j:plain

f:id:uta_stream:20200912230357j:plain

f:id:uta_stream:20200912230409j:plain

f:id:uta_stream:20200912230422j:plain

f:id:uta_stream:20200912230436j:plain

f:id:uta_stream:20200912230452j:plain

f:id:uta_stream:20200912230504j:plain

f:id:uta_stream:20200912230516j:plain

f:id:uta_stream:20200912230529j:plain

f:id:uta_stream:20200912230542j:plain

f:id:uta_stream:20200912230556j:plain

 

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?