iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

あなたは光である

光は光の幾何学であって、目(光の幾何学)が光を解釈する。

頭上からあなたの頭を見た時に、眼球から網膜までの頭蓋骨内の目の形はどのような形だろうか?

Xだろうか?Yだろうか?それともそれ以外だろうか?

そもそも見えないのだから、好きに考えていい。

なぜなら、脳は脳みそ(物質)とも考えられるし、脳磁場(脳ポテンシャル)とも考えられるし、またその混合とも捉えられるからだ。更にそれ以外かもしれない。通常見えないのだからわからないし、観察したからといってそれが本物だといえるだろうか?

大げさに言えば、あなたがそう思えば、(あるレベルで)それで機能したりする。あるレベルとは地球人の脳認識範囲外ともいえるかもしれない。それがこの現実(リアリティ)なのだ。月がないと思えば、体が浮遊した感じになった経験が数ヶ月前にあったでしょう?そういうことなのだ。

現代を生きる多数は自らを唯物的に肉体だけととらえている。

しかしそもそもあなたは物質ではないのだ。人間の形状しているなんて自らの思い込みなのだ。さまざま決め付けただけなのだ。その現実(リアリティ)を地球上にいる者で共有しているため当たり前にしているだけなのだ。あなたに肉体がなくてもあなたは成り立つのだ。

まずこれを理解しないと、何がなんだかわからない。

また極端に肉体を捨てると、「空っぽ=中になにもない人間」に捉えさせてきたりする。

ちなみに頭上からの目の形

Xは「通す=開放」

Yは「閉じる」である。

"目の場合"、Yの形状は立体視を保ったまま、網膜に一つだけ写すである。

それは幻想にかからないを意味する。右目は左脳につながる。通常右目をつぶる。

それが基本で、そこに変更をかけてきたりする場合がある。

いずれにしても基本を知り、現状と基本の差を知ることからはじめなくてはならない。

また、X・Y以外に中心線だけの五角形は、恐らく外に向けた場合は、発信・埋め尽くすような感じ。

Sat, 10 Oct 2020 20:18:42 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

*質問などはお気軽にこちらへ

https://mastodon.social/@grateful_to_you

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。