iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

メモ6

[ 0269: 素数極座標プロット ]

http://obiwan3.greater.jp/math_battle/html/0269.html

極座標素数を配置するものの見方=螺旋

素数の法則について解説

https://www.sciencebeanz.com/entry/2020/01/13/164458/

→ブリヒタの素数円(円を24で分割する)=一定数まで?素数が規則的に並ぶ

DNAは原子核にある。

憑依はDNA(二重螺旋、通称アトミック)にとりついている場合がある。

渦に対しては、

霊的セカイでも、あなたの具体的イメージでも、姿のないイメージでも、他の存在に信じて任せても

手法は何でもいいが、

「渦に光を当てれば、渦は消える。始点を抑えてもいい(たとえば一円玉を当てるイメージ)。悪い奴は渦の中心に棒を差しガラガラまわす。渦とは何か?であって、現実(リアリティ)認識も、意識発生も渦と仮定していいと思われる。◎は二次元の円とも三次元の玉とも、四次元の渦とも、五次元の意識ともいえる。

あなたの意識がおかしいときに、首上下や腰など、カーのサイズ(サイズは2~3種類あると思ったほうがよいかもしれない。細いカー、拡大カー)になにか◎が霊的?に配置されていないか確かめる必要がある。◎を少し変えたり位相を変えたり、さまざま変えてみれば無効になる。しかし同じイメージでやらないほうがいいし、数年前からあなたのイメージ力は遠隔で展開されているかもしれない。あなたはイメージされにくい方法でそれに臨む必要が毎度ある」

あなたの股には通称「不死の8細胞」がある。それを渦的に悪用される場合がある。あなたはそこに光などで同様に対処をすることができる。あなたの意識の焦点には憑依他者が向かう。憑依他者はあなたの意識の方向に向かうので、あなたが「支配」しているともいえる。それへの考え方・対処の仕方は人さまざまかもしれない。

あなたへの身体干渉は、あなた自身の別身体箇所の転送の場合が多い。その場合、前段階として、ボイスと称される干渉者とあなたの関係を良好にして親和性をあげてくる。今はただ笑っただけでも、話を聞いただけでも、干渉できると思い込んでくるものがいた。

あなたの本体は、肉体で感じているものではない。あなたの肉体はあなたの脳や意識だけで動くとは限らない。あなたの本体の相対的な位置は、あなたの肉体が感じている位置とは限らない。もし感情体であるアストラル体があなたの位置に居ないとしたら、他のアストラル体に囲まれている場合がある。また特殊な状態にあるかもしれない(他人の夢を見させられている状態?)。

書籍などを読むと、各霊体ゾーンが別々に書かれているが、本来霊体は肉体に重なっているのではないか?さまざまなものの見方ができる。一体にも分離にも考えることが可能だが、橋浦はどれかにとらわれなくていいと思う。そもそも意識して生きていたのか?管理しようとするとドつぼにはまる。理屈は理解したほうがよい。霊は12単衣(ひとえ)とはよく言ったものだ。大天使の羽は12枚である。通称たまねぎという技は、あなたの外側にたまねぎのように重なっている状態をさす。各電磁スペクトルに憑依することもできるのだ。しかし全てに憑依の意味があるか別だ。

匿名に聞いてもしょうがない話なのだ。またあなたの内側や境界線にも同様にできる。さらに首のチャクラを中心に地球の軸の角度であなたの(過去感情を入れられた気体)エーテル風船に誰か憑依しているかもしれない。また地球のキリスト意識グリッド(人間のグリッド)は上下に反転した三角形が並んだ形である。あなたは多次元に考えることもできる。

しかし行いは利用される可能性がある。あなたは自らのしてきた過去磁場を消す方法から覚える必要があるかもしれない。あなたの過去磁場は利用されるのだ。またあなたは意識をチューニングした先とつながる。誰かが近くで電話した。それを意識してわざわざ繋がりにいく必要もない。コツを知ればあなたは上記それらに対処することもできる。霊とは何かだが、電磁エリアにあるものである。魂は電磁ではないといわれる。電磁とは何かだが、光も電磁の一種である。

光の特徴とはなにか?自分で調べる。あなたは自ら光ることもできるし、誰かの光のうちに居ることもできる。もともとは、どこかのなにかの光のうちに投影されただけの存在かもしれない。しかし、あなたは自らによる"i"で、圧倒的な光になることもできる。そこまでいくには、「知識」「愛」「(自己)犠牲の精神」が必要だ。

あなたはあなたを守る限り、あなたを脅かす何者からか自由になれない。またワンネス(一元)とデュアリティ(二元)どちらかだけではなく、あなたはアウフベーヘン(止揚)する必要がある。それでないと"i"の向こう側を超えられない。それは砂時計の真ん中を超えるようなものだ。宇宙の始まりと終わりかもしれない。

本義的には霊体や魂こそあなたの本体だ、しかし肉体と霊体を分離すると・・・

いまはエーテル体レベルで同期された他者の状態転送および、他者のプラーナ(気)を入れられたエーテル体の同期、それの数段階がある。意味があるのは、2-3段階くらい。あとは同じこと

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。