iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

メモ

連中弁護士

電磁場(電磁空間)は、会社の資産ではない

東京電力

現在、電磁界(電磁場ではない言い方)に法は適用されていない。

霊的世界に法を適用するのは正しいか?

もうすぐ、木星が恒星化し、太陽と2恒星化する。その際に、水星・金星・地球・火星は、その間に直列化する可能性がある。その場合、月は現在のような反射光を失い、その魔術的影響が消える。ex. moon→money

銀河からの光があたるこの80年、その折り返しを過ぎたのか、このときを彩るさまざまな存在が消え始めている。その中には、銀河の26000年周期の一地点であらわれる試練のときの存在もいた。

肉体は物質界に存在し、私たちの本体は、霊魂である。霊は電磁に属する。彼らは、エーテルー物質ーアストラルにしか興味がなかった。それは思い込み(決め付け)で存在することができるとした気体存在だった。人間を支配しようとし、その結果支配から転落して人間が決めたプログラムでしか動けないアンドロイドにされた存在がいた。それに思い込みで存在している存在が、こういう存在のあり方もあると述べた。

その結果、元々支配したがる存在がその力を利用し、普通の人々に、人間を支配させるあり方をさせ、アンドロイドに落とし込もうとした。メディアは、その方向性で情報埋め込み、展開させられた。本来、コロナ(太陽からやってくるもの)は、この80年を彩るものだが、支配からの転落者はその現実認識から恐れて、同じようにさせた(なった)人々向けにコロナ(ウイルス)注意報を出した。

支配からの転落者は、受信チャクラには存在できないので、発信チャクラであるのどにだけ存在できると思い込めた。そこは、12000年くらい前ノアの箱舟のノアの次男ハムが、ノアの裸(神の栄光・秘密)を覗き見ようとして、ノアの逆鱗に触れ、ノアに渡された場所であり、人間の原罪の場所であるとみる。

私たちは、精神的成熟をしないと、禊(みそぎ)・浄化・素直さ、外の世界(三次元的には宇宙)に発信できないのだ。発信できない=箱(スクエア)の中=生きていない=土の中の種子の状態。

箱=二元の世界の中で、支配を作り上げたもの、または代理で任されていたものはそれを阻止したがったのだ。そういうひとたちはいつからか自分を失っていたのかもしれない。

しかし、うそや騙しは通じない。死んだときと同じである。それ以降は本人の在り方で決まる。誰かに社会レベルで何か言っても無駄に思える。自らで自ら超えるしかない。自らのやる気ではなく、あなたはあなたを信じるのだ。あなたは意識するまでもなく、自らを信じることが求められる。それだけでいいのだ。また、あらゆる思い込みの可能性のあるものは、いますぐ自らの中で破棄したほうがいい。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。