iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

書籍紹介:エノクの鍵、失われた暗黒星神「スサノオ」の謎
 
 
 
そんなにそれをやりたいなら、自分からやれ(自らにやれ)
◆簡易記載
 
◆霊力にはLVがある
加害者が高位LV人物の霊的エネルギーを利用する場合がある
→意識的に「許可」を与えない(拒否)すれば、加害者は使えなくなる
→そうすると加害者は誤認識を与えてくる("エーテル身体が動作したようにみせかける動作"など)
高位LV人物のエネルギーを使えなければ、加害者自らの霊的エネルギーを使用してくる(いつまでも使用できているようにみせかけてくる)
*ほとんどがこのようなもの。リンパや血・骨電気ゆがみ、などは実際の対処が必要。エーテルは"現実認識"を解除すれば消える。この混合。
*自らの霊的LVの高さに気がつかない人物が利用されている場合も多くある
 
 
◆思い込みマジック対処法
人工偽テレパシー(ボイス)に耳を傾けない
思い込ませマジック(地下振動洞窟マジック)に付き合わない
→両者の思い込み力に依存。あなたの意志が強ければ加害側の影響範囲に置かれない。つまり、ボイスと"現実認識"を共有するなということ。故に話をしない。
→「そんなのない」「そんなのいない」で影響下に置かれない
*故に脳データを取り、いいにくい話題ばかりにさせ、嘘ばっかりだとさせ、彼らの現実共有に向けさせられてきた。つまり嘘をついていると打破しにくくなる。
 
 
 
 
 
エーテル/電気
ここでのエーテルとは、「"あなた"の思念を現実化するのに使われる材料」とする。
→あなたが環境内の電気や静電気・電磁場を嫌っていき、エーテル/電気という概念を「知る」と、電気から遠ざかりエーテル依存になる。
→この「認識状態」を利用されて、エーテル傾斜し、勝手に誰かに設計され、わけがわからない状態になる人がいる。
エーテルと身体電気は、あなたの意識で簡単に相互変換が可能。
→また分けないことも可能
→リンパはエーテル、経絡は電気などと分けないほうがよい。
→あなたのイメージで、その状態を変えられる。
*あんまりやりすぎると、コンピューター上で同じような状態をコピーされ、打消し 止められる
*「"あなた"の思念」とは、あなたを大きく包んだオーラの中に他人がいて、その他者が、「私はあなただ」と脳を騙して思念を現実化する場合がある。あなたの首上に極座標図を描き、そこから脳に入り込む場合もある(身体内の"免疫"や"意志ある微生物"はその差異を見分けられるが、あなたが"偽者消えろ"の許可を与えないので、そのままにしている。あなたが許可を与えれば彼らは対処する)。
 
 
◆"現実"認識
私たちの"現実"とは極座標グラフ◎(幅が変わらない複数重なった丸、北極-南極の間の管、あなたの中心管(プラーナ管))の中の渦・螺旋の振動状態を脳が認識できるように変換したものとも言い換えられる。この中に○や△などの幾何学を配置したりもできる。また◎の中の一つの○は横から見れば〜の螺旋的繰り返しに見ることができる。多数の○が螺旋を巻くように極座標◎を形成したものが、意識を作り出すとも言える。錬金術フトマニ図などはこれを現した図である。
ここで重要なのは、あらゆるものが"現実認識"に影響を与えていることをイメージすること。昨日まで「全てはパターンの繰り返し」だととららえていた「いわゆる加害連中」が、「全ては無限に近く存在する」と捉えられるように認識が変わった。彼らも騙されていたのだ。結果、ボイス加害は「パターンの繰り返しでもないし、意味を失った」。またこのシステムの(少なくとも4000年前からの古代地下監獄上位層)がほぼ全滅。世界は変わった。しかし状況が変わったことを認識している者はまだ多くない。認識した者は、順次別なあり方に切り替わっていっている。変わらない人物は単なる惰性で動いているだけである。
→"脳が認識する現実"とは、変更可能なもの。多数別々に存在もできる。信じられないやり方をする集団と共有してしまうと、よくわからないまま、世界を生きてしまう。全員別々だと集合意識がなくなる。
→"脳が認識する現実"は、自らでもその外に出ることができる(例:極座標の中に「ホログラム」を入れ込む。ホログラムとは「二次元から三次元に立ち上がること」ということができる。幾何学(シンボル)を認識する「古代脳(小脳)」と「コンピューター」は、はじめに見た次元状態以外の幾何学(シンボル)を自ら次元変換して認識することができない(人間は二次元を見て三次元にイメージ変換することができる。つまりコンピューターはエラーを起こしてしまう)
→"現実認識=セカイ"は作ることもできるが、知識が必要。また他者は、「その世界が好きだと思ってくれる人以外は共有してくれない」ことでしょう。
→あなたの中の「ミクロコスモス」こそが、あなたのセカイかもしれません。あなたの体の中の意志ある存在は、自ら周波数をそれぞれ放っています。つまりあなたが自らの内側に四次元的に意識を当てれば、いくらでも濃さを変更できる重奏状態なのです。
→あなたは目で見える環境範囲の中にある、ひとつの粒子かもしれません
→あなたは「マクロコスモス」と様々に重なる「ミクロコスモス」存在かもしれません
→「時間」とは「地球上のエントロピーの状態」かもしれません。エントロピーが低いと過去なのかもしれません。宇宙に時間はありません。宇宙(地球圏影響範囲外)では過去・現在・未来全てが今にあります。
→宇宙(地球圏影響範囲外)では、光もあり方が違うといわれています。
→また、宇宙のダークマターを体(脳?)に当てると、人体などに作成されたエーテル構造物は全て吹き飛び(=脳の認識状態が初期化する)ました。そもそも体の中の「ソマチッド」も「古代ソマチッド」も「ミトコンドリア」も「腸の中の微生物」も、あなたを肉体としてみていません。あなたの肉体はあなたの脳の認識でしかなく、またこの地球上で共有されている認識であるとも言えます。
→さらに私たちは地球内部の◎の振動にも影響されて生きています。
→また◎とは「発信=喉」を指しており、あなたの意識・精神状態が整わないと、そこら中に、未熟な迷惑な状態で一方的に発信してしまうので、□(四角、立方体、輪、柵=二元)で囲まれて外部に影響を与えないようにされて(なって)しまったのです。
→ちなみに沈没したアトランティスは◎にありました。
→(人によっては)あなたが特に苦しんできた身体部位です
→現実認識「YHWH」は「頼るな」=喉◎への憑り付きです。簡易名「YHW」は腹部(丹田)からのシステム起動です。ユダヤの名前「D」はその解除です。日本「N〜N」は電磁バリアです。「シュメール→日本」はL90度=電磁エリアが変わるです。
アトランティス「ATLA(NTIS)」、その支配権地中海イタリアの「(M)ALTA」島、1989年マルタからヤルタ「(Y)ALTA」、「土星「(S)ATAR(N)」、笑っていいとも新宿「ALTA」、新潟「ALTA」⇒音的には日本語で「アタ」=秦(ハタ)氏=秦の意味「音を奏でる、音を響かす」=秦氏の神社の鳥居は「三位三体」
極座標グラフを三位一体(中心が点=はじまりがある)ではなく、三位三体(同心円)で見、その中に「三角形(四面体)△」を配置する。これが男意識からも女意識からも通せる一番シンプルな幾何学です。男独自だと四角形(立方体)、女独自だと五角形(正十二面体/正二十面体)を一方通行に通せます。ちなみに正十二面体/正二十面体はエーテルで、プラーナ管の中にとどまる性質があります。
⇒趣味で設計してもいいですが、はまらないほうが無難でしょう。誰にも知られずに全員適用できれば「支配」になってしまい、木星が太陽化する際に地球は焼かれてしまうことでしょう(そういうことも可能だということです)。
 
◆粒子なのか波動なのか
→宇宙標準は「粒子(波紋)」。それで各種通信(テレパシー)を行う。
→「波動(〜)」はそういう見方もできるというもの。
→UFO腹部に「王」の字を90度傾けたシンボルを持つ存在は「なぜこの星では「〜」を中心にしているのか、これまでわからなかった。やっとわかった」と最近述べた。これはアトランティスがらみが原因だということがわかったということ。アトランティスの中心都市とは◎(三十丸)であらわせられる。つまり「発信=喉」。人工マカバの失敗以降、わたしたちはこれを解決しなくてはならなかったのだ(現時点で既に解決している)。つまりアトランティスは喉◎にいたのだ。
→加害中心は、アトランティスが復活しないように、喉◎に身体中の電気を結びつけて、アトランティス自体の復活阻止をしていたともみなせられる。
→またアトランティス領地中海のマルタ島地下に地下都市の入り口がある。そこからも地下低周波振動の◎がでていた。みなさんが最初にイメージするエリアもその振動範囲に含まれている。そこからモーセ出エジプトの話を再解釈してみることもできる。ナポレオンや他も。野心家が影響されやすかったとのこと。蛇は野心家を狙うとも言われる。
⇒鳥(天)-人-蛇(地)などと表現され、蛇とは女(母)でもある。
現代地球は、女性意識を強くしなければいけなかったのだが、エリアによっては飲み込まれてしまっていたとしかいえない
 
 
最後に
主観と客観について。
あなたがあなたをあなたの外から客観視できれば、遠隔(リモート)からあなたの身体(エーテル体)に影響を与えているように感じる全てを解除することもできる。なぜなら、あなたは(あなたと偽った、あなたがそうだと思い込んだ)誰かの"現実認識"にいつのまにか入れられているだけだからだ。それが、自らの客観視だけでも解除できる。
 
男意識と女意識の螺旋は両立する必要がある。
マカバは二重星ではなく、三重星でもある
 
またどうしようもない人は、全ての思い込みを解除(「そんなのない」)して、シンプルになるとよいでしょう。
あなたの現実認識といわれるだけなのだから
⇒つまり、この投稿も悪利用されていると思ったら、信じるのを辞めて、なにもない状態に立つと解決しやすくなるということ。
⇒"それぞれの現実認識"の奥には「本質」があり、その本質にこそ立つのが一番楽でしょう。
⇒「本質」とはこのブログではどれにあたりますか?ここにありますか?またそれもすべてあなたの意識LVによるのかもしれません。
あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。