iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

転載:スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請(2016.11.18)

私、橋浦満広は、一切有害な磁場を発生しない、地球規模の光ファイバー敷設、およびマイクロセル方式を推進しています!

 

 

http://スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

 

 

 

スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

スペースXが、約4,000個あまりの衛星を打ち上げる計画を米連邦通信委員会(FCC)に申請した。実現すれば、地球上のほぼすべての地域で高速インターネットが利用できるようになるという。

TEXT BY JAMES TEMPERTON
TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED (UK)

IMAGE: Vova Aivazyan / 123RF

IMAGE: Vova Aivazyan / 123RF

イーロン・マスクが設立した宇宙開発企業スペースXが、世界中を高速インターネットでつなげる大規模な衛星ネットワークを運用するための承認を米連邦通信委員会(FCC)に対して申請した。

FCCに提出された申請書類に よると、スペースXは、4,425個の衛星を製造して打ち上げる計画だ。そのうちの約800個は、米国、プエルトリコ、およびアメリカ領ヴァージン諸島の インターネットアクセスを向上させるために打ち上げられる。ネットワークがフル稼働すれば、地球上のほとんどの地域をカヴァーできるという。

ス ペースXは申請書類のなかで、「スペースXのシステムが完全なかたちで展開されれば、地球上のほぼすべての地域をカヴァーするため、理論的には地球上のど こからでも利用可能なサーヴィスを提供できる」と説明している。同社はこのネットワークを利用して、世界中の家庭、企業、公共施設、政府機関に「さまざま な種類のブロードバンドサーヴィスや通信サーヴィスを提供」する計画だ。

このネットワークを構成するインターネット衛星は、1,149〜 1,324km上空の軌道を周回する。従来の衛星は、最高で3万5,000km上空の軌道を周回することもあるが、スペースXの衛星ネットワークは標高の 低い地域でも干渉を受けにくい設計だという。衛星の重量は386kg、大きさは396cm x 182cm x 121cm(太陽電池パネルを除いた状態)で、耐用年数は最大7年だ。

スペースXがインターネット衛星ネットワークの運用計画を初めて発表したのは、2015年1月にワシントン州シアトルで行われたイヴェントでのことだった。

こ のプロジェクトを運営する組織はシアトルに本拠を置き、60人のスタッフからなるチームで事業を開始したが、3〜4年以内にはスタッフの数が1,000人 にまで膨れ上がる可能性があるとマスクは述べていた。プロジェクトにかかる費用は少なくとも100億ドルと見積もられていた(2015年1月には、グーグ ル及びFidelityなどから10億ドルにのぼる投資(日本語版記事)を受けている)。ただし、最初の衛星を打ち上げる日はまだ決まっていない。

インターネットを利用できる地域を拡大するために、宇宙に目を向けている企業はスペースXだけではない。OneWebやボーイングなども同じようなネットワークの構築に取り組んでいる。

 

 

 

 

 

私、橋浦満広は、一切有害な磁場を発生しない、地球規模の光ファイバー敷設、およびマイクロセル方式を推進していきます!

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。