iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

f:id:uta_stream:20180318115814j:plain

f:id:uta_stream:20180318115817j:plain

f:id:uta_stream:20180318115820j:plain

1.ミニエネルギーバランサー

周りのスマホ電磁波とか、周りの家のwifiとか、スマートメーターにも効く。キャリーバックも買っておけば?通常これで十分

2.エネルギーバランサー

ミニエネルギーバランサーもそうだが自体で微振動している。なにかあったら触ればいい。飛ぶ。こちらは持ち運びには少々大きいが、エネルギー値が強い。連中いわく、通常の13倍のエネルギーを送らなければ衛星は勝てないとのこと。しかし衛星は最大1000倍エネルギー値を上げられるらしい。つまり、衛星用ではなく定常磁場(高圧電線下、電波アンテナ下)で威力を発揮するもの。衛星対策したいなら、磁場返還する必要があるのだ

3.ヘビーフォーク

一点ポイントで当てた身体周囲にまで改善を与える。簡単に言えば、おかしな周波数振動していたポイントが飛ぶ(与えた周波数に同期される)。とくにいつも使用される胸とか喉とかのオーラポイントにあてるとよい。また普段淀んでいて、はじめてのかたは、最初から強いものを使うと悪いナニカが噴出してしまうかもしれない。はじめから高周波振動を使っても、身体が馴染んでいないので振動が入っていかないことが多い。その場合低い周波数振動から慣れる必要がある。いずれにしても、馴染むほど身体が周波数に柔軟になるし、自らの意志で変えていける感覚がある。

また周波数の良い悪いは隣りあっているので、きちんとチューニングするなり、最初から変化しずらいものを選ぶ必要がある

また圧倒的な周波数空間は、全てを弾き飛ばす。

古代、音(周波数)は医療だったという話を聞いた。

個人的に思い浮かんだのは、ビザンチン帝国時代の音楽。

また古来からフリーメーソン(石屋)は、恐らく、周波数、電磁力を使用していただろう。そこから、ナポレオンや、ヒトラーをとらえなおしたい。どちらも古代や神秘に牽かれた人物で、一時の自分と同じく、無意識に悪いものから自動的に逃れられた経験が豊富だからだ。

色々考えることがある

彼らの二の鉄は踏まない

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。