iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

柿のタンニンが、電磁波対抗力があるらしく

改めて、昔から続く日本文化は「持っている」状態の意識周波数で、量子レベルで自然に身を守れていた

明治以降

肉食はじめてからじゃないか?

悪くなったの

内部周波数が悪くなる肉食止めればいい

内部周波数良くすれば、なにもしなくていい。共生が攻撃されれば勝手に怒りだし、量子的に、攻撃者を呪うように落としていくのだから

人間一人だけで生きているわけではないのだから

あなたが声をかければ、光を与えれば、反応してくれる

また、俺は陸稲を育ててみたいと思っているからなのか(都会でもやれる) 、他の室内食品はそうでもないのに、米と玄米は俺にたいして「愛している意識」をもっているそうだ

特にオーガニックな植物ほど、あなたの意識に反応してくる

付け加えて

植物やEM菌に塩素水道水使っていませんか?植物は抵抗力を減らし、微生物にもよい影響与えないと思います。中性にした水か、還元水を使ってください。

また食品や電池やあらゆるものをあなたの体にひもづけてたとえば喉ばかり狙ったり、腹ばかり狙ったりします

全て浄化クリスタルなどで既存磁性(様々なくっつき攻撃)をまず浄化、その後ゼロ磁場でクリスタルの磁性をとってください

日々浄化を気にかけることで気がつくことがあるはずです

また状況電磁的及び振動的にキレイになったあなたは、金持ちみたいな人が連中に金を払ってあなたとくっつきしてくることがあります

なぜ彼らは自ら自立しないのでしょうか?

ここに全ての問題があるような気がします

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。